ゴアテックスも洗濯できる?家でできる簡単な手入れの方法や洗い方

ゴアテックスの洗濯をする際に、みなさんはどのような方法を使っているでしょうか。クリーニング屋に任せているという人もいるかもしれません。今回は、そんなゴアテックスを自宅で洗濯する方法について考えてみます。自宅でゴアテックスを洗濯することができれば、より利用できる頻度も高くなってくるのではないでしょうか。

ゴアテックスとは

ゴアテックスの洗濯をしようと思っているのならば、まずは、ゴアテックスの特徴を把握する必要があるでしょう。ゴアテックスの大きな特徴としては、防水性や防風性に非常に優れているという点になっています。そのため、レインウェアやアウトドア用の衣類に使われることが多いです。

このように特徴的な衣類にあたるため、洗濯する際には、それなりの注意点があります。洗濯の仕方を間違ってしまうと、せっかくのゴアテックスの特徴が台無しになってしまうこともありますので、十分に注意するようにしましょう。

ゴアテックスは家庭で洗濯することができる

このように、ゴアテックスは、特徴的な衣類なので、家庭での洗濯はできるだけ避けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、ゴアテックスの洗濯は、注意点さえ守れば、普通に洗濯することができるのです。そこまで神経質になる素材でもありませんので、しっかりとメンテナンスをして、その性能を引き出せるようにしておきましょう。

まず、ゴアテックスを家庭で洗濯する場合に覚えておきたいのが、ゴアテックスは、汚れた状態になってしまうと、性能が落ちてしまいうのです。そのため、ゴアテックスのメンテナンスというのは、そもそも洗濯をしっかりとすることなのです。汚れをしっかりと落とすことができれば、性能の低下を抑えることができますので、これはとても重要になってくるでしょう。

ゴアテックスは、汚れが酷くなってくると、撥水性が衰えてきます。そのため、汚れてしまったというよりかは、撥水性が落ちてしまったという状況で洗濯をするのがポイントになってきます。

アウトドアなどで利用していると、必ずそのような瞬間に直面するはずなので、それが洗濯のしどきです。また、頻繁に洗濯するのも素材を傷めてしまう原因になっていますので、やはり、撥水性が衰えてきたと感じた時に洗濯をするのがよいでしょう。

そのため、ゴアテックスの洗濯の頻度は、人によってそれぞれ違ってくるといえるでしょう。使用頻度や体質によっても、洗濯すべき期間は異なってきますので、それぞれの状況に応じて考えるようにしてみてください。

ゴアテックスの洗濯の注意点

ゴアテックスを洗濯する場合には、注意すべき点があります。それがゴアテックスの洗濯に脱水機を利用しないというものです。ゴアテックスには強い撥水性がありますので、脱水をしてしまうと、洗濯機に何らかのトラブルが発生する可能性があります。

そのため、洗濯機の工程をすすぎまでにするのがポイントです。今の洗濯機なら、あらかじめ、すすぎまでに設定することができますので、事前にしっかりと設定をしておきましょう。また、ゴアテックスを乾燥機にかけてしまうと、生地を傷めてしまう原因になってしまいますので、こちらも避けるようにしてください。

また、ゴアテックスを洗濯する場合には、専用の洗剤を利用するのがポイントになってきます。市販されているゴアテックス用の洗剤を購入し、さらに撥水剤も一緒に手に入れてください。撥水剤を使いメンテナンスをすることによって、ゴアテックスの性能をしっかりと維持することができます。

ゴアテックス用の洗剤を利用することによって、しっかりと細かい隙間に含まれた汚れまで落とすことができるようになりますので、非常に重要です。ゴアテックスの洗濯は、綺麗にするというよりも、撥水性を取り戻すということが目的なので、目に見える汚れを落とすというよりかは、目に見えない汚れをいかに落とすことができるかがポイントになってくるのです。

ゴアテックスを手洗いで洗濯

ゴアテックスの洗濯には、洗濯機を利用する方法もありますが、手洗いをすることでも洗濯ができます。手洗いをする場合には、洗濯機の代わりにバケツを利用するとよいでしょう。ゴアテックスを洗う場合には、洗濯機を使う場合も、手洗いをする場合も、まずは洗濯タグで洗い方を確認しましょう。

さらに、ファスナーやポケットなどの閉じられる部分はしっかりと閉じることが大切になってきます。また、通常の洗濯とは違い、柔軟剤は使わないということを忘れないようにしましょう。そして、乾燥は陰干しをするのが一般的になっていて、お湯の温度はぬるま湯程度がおすすめです。

ゴアテックスの手入れ

ゴアテックスは靴に使われていることもありますが、靴に使われているゴアテックスをメンテナンスするのならば、スポンジや布、そして水を使って汚れ落とします。ソフトブラシなどがあれば、汚れを落としやすくなりますので、購入を検討するのもよいでしょう。

ゴアテックスの場合は、これだけのメンテナンスでも状態を維持することができますので、オイルなどの余計な製品を使わないということも大切になってきます。

また、ゴアテックスのウェアを利用していると、いずれ、撥水性が落ちてしまうという状況があります。そのような状況の対処として、防水スプレーの利用を考えた人もいるのではないでしょうか。しかし、ゴアテックスと防水スプレーは相性が悪い場合があります。

防水スプレーの種類によっては、通気性を維持するための細かい穴を埋めてしまう可能性がありますので、こうすることによって通気性が台無しになってしまいます。このように防水スプレーが逆効果になることもありますので、十分に注意するようにしましょう。

このようなものがゴアテックスの自宅での洗濯方法になっています。注意点さえしっかりと守れば、自宅で洗濯することが可能になっていますので、ぜひチャレンジしてみてください。また、ゴアテックスはメンテナンスも重要になってきますので、しっかりとメンテナンスをして、できるだけ、その性能を維持できるように工夫してみるとよいでしょう。