壁のカビの落とし方!壁紙などの材質によって違う取り方のコツ

悩んでいる女性

壁にカビが生えてしまうと、室内がいっきに汚れて見えてしまいます。また、壁のカビは、落とそうと思っても、なかなか落とすことができません。さらに、あまり無理に落とそうとすると、材質を傷つけてしまう可能性もあり、対処に困るのが壁のカビではないでしょうか。

壁のカビ

壁にカビが生えてしまい、それを掃除するのならば、まずは壁にカビが生えてしまう原因について考えてみてはいかがでしょうか。壁にカビが生えてしまう原因がわからなければ、せっかく、綺麗にしても、またカビが生えてしまう可能性があるのです。

まず、壁にカビが生えてしまう原因のうち、大きいのが湿気によるものです。他の場所でも湿気が原因でカビが生えることが多いので、その他の場所と原因は変わらないことがわかります。また、湿気が原因なので、水回りは、カビが生えやすいといえます。キッチンはもちろん、窓の周辺もカビが生えやすい場所だといえるでしょう。

さらに、空気がよどみやすいような場所にもカビが生えやすくなっていて、家具によって、通気性が悪くなってしまっているような場合には、注意する必要があるのではないでしょうか。

壁のカビは材質ごとに落とし方が違い

壁のカビを対処するのならば、材質ごとに対策方法が違ってくることを把握しておきたいところでしょう。壁にカビが生えてしまったといっても、その壁の材質は様々です。

材質によっては、清掃によって、ダメージを与えてしまうこともありますので、しっかりと壁の材質を見極めることが重要になってきます。最悪の場合は、より状況を悪化させてしまうこともありますので、これには注意しましょう。

壁の材質を見極める上で重要になってくるのが、水に対してどのような反応をするかというものです。水に強いタイプの材質であれば、それほど掃除は大変ではありません。逆に、水に対して弱い素材ならば、掃除をするのが大変になってしまいます。水に弱いタイプの材質なら、水を最小限に抑えて、掃除をしなければならないので、その分だけ掃除が難しくなってしまうのです。

水に強いタイプの壁の掃除

カビが生えてしまった壁が水に強いタイプの素材ならば、強力な塩素系漂白剤を利用することができます。塩素系漂白剤を利用することができれば、かなり簡単にカビを落とすことができ、場合によっては、塩素系洗剤をかけておき、少し時間が経った後に、ふき取るだけでも、綺麗になることがあります。

具体的な手順としては、まずはホコリなどを取り除くことから始めます。しっかりと汚れを落としておかなければ、効果が半減してしまう可能性がありますので、落とせる汚れは、あらかじめ落としておきましょう。雑巾などを利用して、水拭きをします。

拭くときには、しっかりと絞って、掃除するのがおすすめです。そして、塩素系漂白剤を利用して、カビが気になる場所を掃除していきます。

基本的には、気になる場所に、塩素系漂白剤をつけて、少し時間をおいて、ふき取るという作業をすることになります。また、歯ブラシなどを上手く利用すれば、狭い隙間であっても、しっかりと漂白剤を浸透させることができますので、試してみるとよいでしょう。漂白剤を利用した後には、漂白剤の成分をしっかりとふき取って、乾燥させて終わりになります。

漂白剤はとても威力が高いので、白色の壁に対しては気にする必要はありませんが、何らかの色が付いている場合には、色落ちする可能性もあります。そのため、色がついている壁に試したいのならば、1度、どこかの場所で色落ちチェックをしてみるとよいでしょう。

水に弱いタイプの壁

水に弱いタイプの壁は、水を吸いこんでしまいますので、あまり水を利用することができません。クロスなどにカビが生えてしまった場合には、雑巾を濡らして、かなりしっかりと水気を絞った後に、軽くふき取るという方法しかありません。このような方法しか使えないので、洗浄には限界があり、クロスなどにカビが生えてしまった場合はかなり厄介だといえるでしょう。

続いて、土壁などにもカビが生えてしまうことがあります。土壁などは、クロスなどに比べて、カビが生えにくい材質になっていますが、カビが生えてしまった場合は、クロスと同様の対処しかありません。土壁は、非常に脆いので、少し力を入れただけで、ボロボロと素材がはがれてしまいます。

また、木材にもカビが生えてしまうことがあります。湿気を吸い込んでしまう材質なので、状況によってはカビが生えやすくなっているかもしれません。木材に対しては、専用のカビ取り洗剤を利用するのがおすすめで、木材専用の商品が売っていますので、それらの商品を購入して、説明書に従って利用するとよいでしょう。

アルコールスプレー

カビの対処におすすめなのがアルコールスプレーです。アルコールスプレーならば、それほど刺激を与えることなくカビを掃除することができます。しかし、洗浄力が強いというわけではありませんので、落とせるカビには限界があるといえるでしょう。

アルコールの場合は、人体への影響を最小限に抑えることができますので、強力な洗剤を使えないなどの理由がある場合には、アルコールスプレーを利用すてみるのがよいかもしれません。

壁のカビを予防する

壁にカビが生えてしまった場合の対処法を考えてきましたが、壁にカビが生えてしまうと、対処が非常に難しいということがわかったのではないでしょうか。材質によっては、手が出せない場合も多いので、できることならば、壁にカビを生えさせてしまうのは避けたいところです。

そこで重要になってくるのが、壁にカビを生えさせないための工夫です。基本的な予防方法が、壁についてしまったホコリをしっかりと落とすというものです。ホコリの段階ならば、モップなどを利用することによって、簡単に壁の汚れを落とすことができます。これを数週間に1回、または1か月くらいに1回やることによって、壁を綺麗な状態に保つことができます。

また、モップなどを利用して、壁を綺麗にすることによって、壁の状態を確認することができますので、メンテナンスをするためには重要なポイントです。また、壁のカビの原因も湿気が大きな要因になっていますので、湿気をためてしまわないような工夫をすることも重要になってきます。

空気の入れ換えをするというのはもちろんなのですが、空気の入れ換えをしても、しっかりと換気されないところもあります。家具などが邪魔している可能性がありますので、家具の配置などを考えた上で、換気するというのも重要になってきます。

また、家具と壁の隙間についてもしっかりと点検した方がよいのではないでしょうか。壁にぴったりとくっついていると、どうしても空気の流れが滞ってしまいますので、このような場合にはその分だけカビが生えやすくなってしまいます。

このようなものが、カビが壁に生えてしまった場合の対処法になっていますので、万が一、このような状況に陥ってしまったなら、カビ取りを実戦してみるとよいでしょう。一番重要なのは、素材をしっかりと見極めることになりますので、水気に強いのか、弱いのかという部分を中心に、しっかりと確認しましょう。

また、カビが生えてしまうと、対処が難しくなってしまいますので、カビ掃除と同じくらい、予防も重要になってくるということを、忘れないようにしましょう。