ポリエステルの服にアイロンをかけて大丈夫?温度の目安やかける方法

アイロン

ポリエステルの服にアイロンをかけてよいか迷うことがあるのではないでしょうか。ポリエステルにアイロンをかける際には、いくつかポイントがありますので、しっかりと覚えて、アイロンを有効活用しましょう。逆に、注意点を把握しないで、アイロンをかけてしまうと、ポリエステルを傷めてしまう可能性があります。

ポリエステル

ポリエステルについて確認してみると、ポリエステルはとても丈夫な素材として知られています。洗濯をする際にも、それほど気をつけなくても、問題なく洗濯することができます。

手間のかからない素材ともいえますが、アイロンをかける際には少し注意が必要になってきます。ちなみに、ポリエステルは、熱にも強くなっていますので、普通にアイロンをかけるくらいならば、問題ありません。

ポリエステルにアイロンをかける

ポリエステルにアイロンをかける場合、温度設定は低温から中温程度になっています。このくらいの温度設定にあわせて、かけるようにしましょう。低温の状態でもしっかりとシワが伸びるようならば、そのままで問題ありません。しかし、シワの伸びがイマイチというのならば、少し温度を高めて中温にしましょう。

少しずつ温度を高めて、確かめるのがポイントで、高温でアイロンをかけてしまうと、生地を傷めてしまいますので十分に注意が必要です。

ポリエステルに高温でアイロンをかけてしまうと、テカリの原因になってしまい、ポリエステルの衣類が台無しになってしまう可能性がありますので、注意しましょう。また、あて布については、ハンカチなどで代用することができ、専用アイテムが必ずしも必要というわけではありません。

ポリエステルにアイロンをかけるコツ

ポリエステルにアイロンをかける場合には、コツのようなものがあります。基本的に、高温でのアイロンに注意すれば、それほど手間のかからない素材だといえるでしょう。しかし、ちょっとしたコツを把握することによって、ポリエステルに綺麗にアイロンをかけられるので、覚えておくとよいです。

ポリエステルに綺麗にアイロンをかけるためには、なるべく短時間でアイロンを終えることが重要です。長時間かけてアイロンをしてしまうと、テカリに繋がることもありますので注意が必要です。サッと短時間でアイロンをかければ、綺麗な仕上がりになりますので、いつも時間をかけてしまうという人は、サッとアイロンをかけるようにしてみるとよいです。

また、装飾の部分については、裏からアイロンをかけるのがおすすめです。ポリエステルがいくら丈夫であっても、装飾の部分はポリエステルとは限りませんので、その部分が傷んでしまうと、全てが台無しになってしまうことがあります。

このため、装飾の部分は、裏からアイロンをかけて、対応してあげるとよいでしょう。さらに、アイロンをかけてすぐに収納してしまうような人は注意が必要です。

ポリエステルは、アイロンをかけた後に、冷めるまで待つのが大切です。アイロンをかけた後に、冷めるまで置いておくと、シワになりにくくなっていますので、冷めるまで動かさないというのがポイントになってきます。

アイロン以外でシワを取る

ポリエステルはアイロンをかけやすい素材でもあります。しかし、場合によってはアイロンをかける時間がないということもあるのではないでしょうか。アイロンをかける時間がないのならば、柔軟剤を利用するのもおすすめになっています。

柔軟剤を上手く利用することができれば、シワになりにくい状態をつくることができますので、洗濯を終えた段階で高い仕上がりを得ることができるのです。

さらに、しっかりと洗濯ネットに入れて洗濯をすることも大切です。洗濯ネットを有効活用することができれば、シワになりにくくなっています。洗濯の際に、その他の洗濯物と絡まってしまうと、どうしてもシワになりやすくなってしまいますので、洗濯ネットでしっかりと保護してあげることが大切です。また、脱水が長すぎると、シワになりやすいという特徴もあります。

そのため、なるべくシワをつくりたいくない時には、脱水時間をあえて短くして、あえて、その他の方法で乾かすという選択肢もあります。ポリエステルは、元々、乾燥しやすい素材になっていますので、少しくらい水分が残っていても、それほど問題になることはありません。

また、アイロンをかける時間がないのならば、干す際に、しっかりとシワを伸ばすようにしましょう。シワをしっかりと伸ばすことによって、乾燥した時にシワになりにくくなります。

このようなものがポリエステルの服にアイロンをかける方法になっていますので、覚えておくとよいでしょう。ポリエステルは、とても丈夫な衣類になっていますので、色々な衣類に使われています。そのため、ポリエステルのアイロン方法をしっかりと覚えておくということは、洗濯をする上ではとても大切なことだといえるでしょう。