消毒用エタノールやアルコールスプレーで掃除する方法!除菌効果は?

消毒用エタノールやアルコールスプレーを上手く利用することができれば、掃除の役に立ってくれます。しかし、それぞれの特徴を把握していなければ、上手く利用することは難しいので、しっかりと確認しておくとよいでしょう。今回は、エタノールやアルコールスプレーを利用した場合の、掃除方法について確認してみたいと思います。

消毒用エタノールとアルコールスプレーの違い

これらを利用して掃除をする前に、まずはそれぞれの違いを把握しておくことは重要になってくるのではないでしょうか。エタノールとアルコールスプレーの違いを考えてみると、名前は違いますが、実際にはそれほど違いがないことがわかります。呼び方が違っているだけで、どちらも似たような性質を持っていると考えても問題ありません。

また、人体への影響という観点から考えた場合でも、両方ともそれほど人体への影響を与えることはありません。そして、エタノールとアルコールスプレーの特徴を把握してみると、まずは除菌効果が高いというメリットがあります。除菌して、菌などの繁殖を抑えるのに向いている成分になっていて、厄介な黒カビなどを予防することもできるようになっています。

さらに、これらは油汚れに対して効果を発揮するという特徴を持っています。そのため、油汚れの多いキッチンなどでも一定の効果を発揮してくれるのが、エタノールとアルコールスプレーになっています。

さらに、アルコールの特徴として、すぐに揮発するという特徴を持っていますので、エタノールやアルコールスプレーで掃除した場所については、水洗いをする必要がありません。水洗いすることができない場所は家の中にもたくさんありますので、そのような場所の除菌に上手く利用すればよいのではないでしょうか。

エタノールやアルコールスプレーで掃除できる場所

エタノールやアルコールスプレーの特徴を把握したら、今度はエタノールやアルコールスプレーを利用して掃除できる場所を把握おくとよいでしょう。まず、アルコールは水回りに強いので、水回りの掃除は全般的におすすめすることができます。

また、雑菌の繁殖が気になってしまう子供のおもちゃといったところにも利用することができます。子供は、大人に比べて免疫が弱いですし、おもちゃなどを汚してしまいやすいので、人体への影響を最小限に抑えることができるエタノールやアルコールスプレーは使いやすいといえるのではないでしょうか。

他に、冷蔵庫内の除菌にも利用することができます。冷蔵庫内は汚れていることがわかっていても、食材を扱う場所なので、簡単には掃除できないことが多いのではないでしょうか。しかし、エタノールやアルコールスプレーならば、人体への影響が少ないので、冷蔵庫内の除菌に利用することができます。

また、吹きかけた後の処理が簡単というのもおすすめのポイントで、サッと掃除をすることができます。

さらに、カビの掃除にも利用することができるのがエタノールやアルコールスプレーです。除菌効果がありますので、カビを退治することができます。カビの掃除は、色々と厄介なので、エタノールやアルコールスプレーが効果的ということを知っているだけでも、かなり労力を軽減することができるのではないでしょうか。

エタノールやアルコールスプレーでカビを対処する場合には、早ければ早いほどおすすめで、あまり酷くなってしまったカビには効果が薄いものの、できたばかりのカビならばしっかりと効果を発揮してくれます。

エタノールやアルコールスプレーを掃除で使う場合の注意点

エタノールやアルコールスプレーは、人体への影響が少ないことがわかりました。しかし、掃除の際に注意しなくても大丈夫というわけではなく、事前に確認しておきたいことはいくつかあります。

まず、エタノールやアルコールスプレーを利用する場合には、素材をしっかりと確認する必要があります。エタノールやアルコールスプレーを使ってしまうと、ダメージを負ってしまうような素材もありますので、十分に注意しましょう。

注意が必要な素材としては、木材は注意する必要があります。木材は、表面がコーティングされていることが多いのですが、そのコーティングがアルコールなどによって落ちてしまう可能性があります。コーティングが木材を守るためのものなので、せっかく掃除しても、コーティングが落ちてしまっては、意味がなくなってしまいます。

また、液晶の中には、アルコールなどに弱い製品もありますので、液晶などの掃除にはアルコールを使わないのが無難だといえるでしょう。他にも、革製品やゴム製品などもアルコールによって変化する可能性がありますので、注意しましょう。

このように、万能に感じるエタノールやアルコールスプレーですが、中には使えない材質もありますので、しっかりと見極めていきたいところではないでしょうか。

また、直接吹きかけると、影響が出るものもあり、電気製品などは注意する必要があります。電気製品にアルコールスプレーを吹きかけると、引火する可能性もありますので、使用中の利用には注意しましょう。アルコールスプレーなどは、とても気軽に利用することができますので、ついつい電源を入れた状態で利用してしまうことがあります。

エタノールやアルコールスプレーの種類

エタノールやアルコールスプレーといっても、色々な種類があることがわかります。大きく分けると、いくつかの種類に分けることができ、まず無水エタノールというものがあります。

無水エタノールというのは、エタノール濃度が非常に高いものになっていて、素早く揮発するという性質を持っています。通常のエタノールと比べても、揮発までの時間が短いので、消毒や殺菌効果はあまり高くありません。その代わりに、精密機械などの掃除をするのには向いていて、すぐに揮発してくれるので、機械への影響を最小限に抑えることができるのです。

続いて、消毒用エタノールという種類があり、こちらのエタノールは、無水エタノールよりも濃度が低くなっています。消毒用という名前からもわかりますが、濃度的に消毒や殺菌に優れた効果を発揮するようになっています。

掃除の中でも、殺菌などに重きを置きたい場合には、こちらを利用するとよいでしょう。食材に利用しても問題なく、冷蔵庫の中の除菌などにも向いているといえるでしょう。

最後にアルコールスプレーなのですが、消毒用エタノールに比べると、殺菌効果や消毒効果はかなり少なくなっています。より安全に使えるという部分を優先しているので、アルコール濃度はかなり抑えられています。値段も、エタノールなどに比べると安くなっていますので、気休め程度の除菌をしたいならば、アルコールスプレーを利用するのもよいのではないでしょうか。

このように、エタノールやアルコールスプレーには、色々な種類がありますので、それぞれの特徴をしっかりと把握することも重要になっています。

このようなものが消毒用エタノールやアルコールスプレーの使い方になっていますので、特徴をしっかりと踏まえた上で、掃除に有効活用するとよいでしょう。カビに使えたり、洗濯にも使えるので、用途はかなり広いです。

また、人体への影響が少ないという点もポイントが高く、どの場所に使えるのかということを把握しておけば、住まいをいつも清潔な状態に保つことができるでしょう。