ドライクリーニングの料金相場は?服や店によって値段が違う理由

お金を見る少女

クリーニングを利用する際、近所のお店を何となく利用するなど特にこだわりを持っていないという方も多いようです。しかしお店によっては大きく値段も違ったり、サービスやオプションなどさまざまなポイントに違いがあるようです。実際にはどれぐらいが相場になるのか、なぜ服の種類やお店によって値段が変わってくるのかについて少しお話していきましょう。

クリーニング店の相場の違いとは一体?

近所にいくつかクリーニング店がある、という地域もあるように、最近はクリーニング店も以前に比べるとグンと増えている印象があります。個人経営をされているこぢんまりとしたお店から、チェーン系の全国展開しているお店までさまざまな会社がありますが、それぞれの違いとしてまずチェックするのはずばり「値段」ではないでしょうか。

お店によって設定している金額は一律ではなく、なかにはクリーニングに出す服の種類によってとても安く設定されているものもあります。まず基本的にクリーニング店に一律として明確な金額設定がされているということはないため、一般的にここが大体の目安のラインであるという曖昧な基準しかないようです。

しかしそれはまた更に詳しい話になっていくのですが、クリーニング方法など使用している機械の違いやそういったものによってコストが抑えられるかどうかというのが決まっているようです。

ですからチェーン店や価格が抑えられたお店に関しては、そういった一括でのクリーニングによるコストダウンを行えることから、比較的手頃な価格設定ができるというのも理由としてあげられるでしょう。

服の種類でも値段は変わってくる

また、クリーニングを依頼する服の種類によってもその値段は変わってきます。使用されている素材によっては一般的な方法では洗えないものもあるなど、特殊な機械を使ったり手間がかかるものもあります。

そういった場合はやはり同じような価格で仕上げることは難しいため、使っている素材が高価なものであるなどの理由がある場合は致し方ないとあらかじめ理解を示しておくことも必要になります。

もし可能であればいくつかの店舗の価格表を比較してみる、クリーニングの方法について調べてみるなどして、安心して任せることが出来るかどうかを見極めてみるのもいいでしょう。お店によっては得意なクリーニング方法というものを持っている場合もありますので、そういったところへ任せてみるのもひとつの手です。