クエン酸も消臭に使える?使い方のコツと消せる臭いをチェック

スプレー

クエン酸は、色々なものに使えますが、消臭にも利用することができます。消臭にクエン酸を使えることを知れば、より用途が広がるかと思われますので、ぜひ覚えておくとよいでしょう。

クエン酸が消臭に使える理由

クエン酸が消臭に使えるのには、しっかりとした理由があります。クエン酸は、酸性の性質を持っていますが、酸性の性質のため、アルカリ性の汚れに対しては、効果を発揮してくれます。さらに、臭いというものにも、性質があり、アルカリ性の性質を持っている臭いに対しては、クエン酸が効果を発揮してくれるのです。

また、アルカリ性の性質を持っている汚れというのは、色々な場所にありますので、場所を選らんで利用することができれば、クエン酸で上手く消臭をすることができるというわけです。

クエン酸の消臭はトイレで役立つ

クエン酸の持っている消臭効果は、トイレの消臭にとても役立ってくれます。トイレのアンモニアの臭いは、アルカリ性の性質を持っていますので、クエン酸を利用することによって、臭い成分そのものを中和することができます。

トイレのアンモニアの臭いは、かなり気になる臭いなので、これをクエン酸で消すことができると知れば大きいのではないでしょうか。クエン酸の消臭効果をトイレで使う場合には、クエン酸スプレーにするのがおすすめとなっています。

クエン酸スプレーにしておけば、気になる時に、シュッシュと吹きかけるだけで、気になるアンモニア臭を消すことができます。クエン酸スプレーの作り方は簡単で、水200mlに対して、クエン酸をスプーン1杯程度混ぜれば、簡単に作れてしまいます。作り置きはできませんが、簡単に作ることができるので、その都度使いきってしまっても問題ありません。

シンクの消臭にも役立つ

クエン酸の消臭効果は、キッチンのシンクにも役立ってくれます。キッチンのシンクは、生ものを扱うので、どうしても雑菌が繁殖してしまいがちです。その雑菌がそのまま臭いになってしまいますので、クエン酸を有効活用して、臭いを消したいところです。クエン酸がこうしたシンクの雑菌に効果を発揮してくれるのは、静菌作用という働きのおかげです。

静菌作用は、菌の働きを抑えてくれますので、その分だけ臭いが緩和されます。また、キッチンのシンクに利用する場合には、クエン酸スプレーにする必要もなく、クエン酸の粉末を雑菌が繁殖しやすい場所にかけるだけでよいです。三角コーナーなどは、雑菌が繁殖しやすい場所なので、少量のクエン酸をふりかけておくと、静菌作用によって、臭いを抑えることができます。

しかし、ここで注意が必要なのが、クエン酸には、菌を殺す力は備わっていないというものです。あくまでも菌の働きが抑えられるというだけなので、菌が繁殖してしまった場所は掃除しなければなりません。悪臭を抑えて、気分よくシンクなどを使うために利用するのが有効活用法だといえるでしょう。

このようなものがクエン酸の消臭効果になっています。クエン酸はアルカリ性の汚れを中和してしまう性質がありますので、汚れ落としにも利用することができます。さらに、今回紹介したように消臭効果も持っていますので、掃除にクエン酸を利用できることを知っていれば、掃除のバリエーションがかなり増えるのではないでしょうか。

特にトイレの臭いやシンクの生ごみ臭は、かなり強烈な臭いなので、これを抑えられるのはかなり大きなポイントだといえるでしょう。消臭スプレーを利用する方法もありますが、消臭スプレーは、成分によっては口に入るようなものを置く場所では使えません。しかし、クエン酸は、人体への影響が少ないので、そのような場所でも安心して利用することができます。