プラスチックについた水垢を落とす方法!傷を残さず掃除するには?

プラスチック コップ

プラスチックの水垢は、擦ってしまうと、プラスチックに傷がついてしまう可能性があります。せっかく水垢を綺麗にすることができても、傷が残ってしまっては、より汚れが付着しやすくなってしまいます。そのため、プラスチックを傷つけずに汚れを綺麗にすることが重要になってきます。

クエン酸がおすすめ

プラスチックの水垢は、基本的に擦って落とそうとするのはおすすめしません。そこで水垢を溶かして落とすということが重要になってきます。

水垢を溶かして落とすためには、クエン酸を利用するのがおすすめです。クエン酸は水垢を溶かす効果がありますので、上手く利用することができれば、プラスチックを傷つけずに掃除することができます。クエン酸を使ってプラスチックの水垢を落とすためには、クエン酸スプレーを利用するのがおすすめです。

スプレーボトルにクエン酸と水を混ぜることによって、簡単にクエン酸スプレーを作ることができます。クエン酸スプレーを作ったら、キッチンペーパーなどを汚れの部分にあてて、スプレーを吹きかけます。クエン酸が浸透するまで放置することによって、水垢が分解されますので、簡単に汚れを落とせるようになります。

クエン酸をしっかりと反応させれば、簡単にこすり落とせるようになりますので、覚えておくとよいでしょう。

小物の場合つけ置き

プラスチックについてしまう水垢は、小物についてしまうこともあります。小さな小物の場合は、つけ置き洗いが有効で、バケツなどにクエン酸水を作り、小物を入れて、つけ置き洗いをします。小物についた水垢は、予想以上に落としにくいので、つけ置きで、一気に落とすことができれば大変スムーズです。

酢やレモン汁でも代用可能

酢やレモン汁でも、水垢を落とすことができます。酢やレモン汁も水垢を分解する作用があります。そのため、クエン酸と同じような使い方ができ、クエン酸がないならば、酢やレモン汁を使ってみるとよいでしょう。クエン酸と同様に、安全に利用できるものになっていますので、人体への影響を考えずに利用できるメリットがあります。

水垢を作らないようにしよう

プラスチックの水垢は、クエン酸を利用すれば落とせることがわかりました。しかし、プラスチックの水垢を落とすのは、クエン酸を利用しても面倒なので、できることなら、なるべく水垢がつかないように工夫する必要があるでしょう。

水垢を作らないようにするためには、なるべく水分をしっかりとふき取るということが重要になってきます。水分をしっかりとふき取れば、水垢になりようがないので、水垢になってしまう可能性を大幅に減らすことができます。また、不用意に水分を飛ばさないように注意することも大切です。

洗い物などの時に、あまり気を使っていないと、ついつい、色々な場所に水が飛んでしまうものです。そんな水が水垢になってしまうので、水分を飛ばさないようにすることで、知らず知らずのうちに水垢ができてしまう状況を防ぐことができます。

このようなものがプラスチックについた水垢を落とす方法になっています。プラスチックについた水垢は、擦ることによって綺麗にすることができますが、擦ってしまうと傷がついてしまいます。プラスチックに傷がついてしまうと、さらに汚れやすくなってしまいますので、なるべくなら傷をつけないような掃除をする必要があります。

そして、そのためにはクエン酸などを使う方法があることがわかりました。クエン酸を利用すれば、最小限の力で水垢を落とすことができますので、プラスチックが傷ついてしまうということはありません。また、水垢になってしまわないような工夫も必要になってくるといえるでしょう。