風呂釜洗浄剤の特徴や選び方!一つ穴用と二つ穴用に違いはある?

お風呂

風呂釜洗浄剤には、それぞれ特徴があるので、特徴を踏まえた上で、利用したいところではないでしょうか。風呂釜洗浄剤の特徴を踏まえた上で、選び方の紹介をしていきますので、ぜひご覧になってみてください。

風呂釜のタイプ

風呂釜のタイプは、大きく分けて、2つあります。ひとつめが、自然循環タイプと呼ばれるものです。または2つ穴タイプと呼ばれることもありますので、自然循環タイプと2つ穴タイプは同じものだと覚えておきましょう。

2つ穴の開いた浴槽は、古いタイプの浴槽に多いので、築年数が長い住まいの場合は、こちらのタイプの該当する可能性が高いといえるでしょう。また、2つ穴タイプの浴槽は、汚れが溜まりやすいといえます。

配管内の水流の圧力が弱いので、その分だけゆっくりと、水が流れるようになっています。速い場合に比べると、汚れが滞ってしまいやすいので、このことから汚れが溜まりやすいといえるでしょう。

そして、もうひとつのタイプが1つ穴タイプと呼ばれるものになっていて、または強制循環タイプと呼ばれることもあります。最近の浴槽は、こちらの強制循環タイプを採用しているものが多いので、風呂釜洗浄剤を選ぶなら、これらをしっかりと確認しておきたいところです。

こちらのタイプも、配管内に水流を引き込む方法を採用しているので、使っていると、汚れが溜まってしまいます。

風呂釜洗浄剤の選び

風呂釜洗浄剤は上で紹介した風呂釜のタイプによって商品が異なってきます。中には、両方の風呂釜に対応している商品もありますので、これならばどちらの方式がわからない時でも問題なく利用することができます。しかし、1つ穴タイプにしか使えないタイプのものもありますので、事前に浴室を確認して、自宅の浴槽はどのタイプなのかを把握しておきたいところです。

また、逆に2つ穴用の商品もありますので、間違えて使わないようにしましょう。いずれも、数百円から1000円程度で購入することができますので、定期的に風呂釜の掃除をするのがおすすめです。風呂釜の汚れは目で見ることはできないので、予想以上に汚れていることがあります。

さらに、その汚れが病気の原因になったりすることもありますので、清潔を心がけるようにしましょう。

このようなものが風呂釜洗浄剤の選び方になっていますので、これまであまり風呂釜の掃除をしたことがないという人は、定期的に掃除する習慣をつけるとよいのではないでしょうか。