タオルの漂白方法は?臭いや汚れをキレイに落とすコツ

きれいなタオル

タオルを何度も洗濯していると、汚れが取れていなかったり、嫌な臭いが取れなかったりすることもあります。これを捨て時だと考えて、捨ててしまいうという人もいるでしょう。

しかし、このような状況になってしまったタオルは、漂白をすることによって、綺麗になってくれる可能性があります。今回は、タオルの漂白方法について紹介していきますので、臭いや汚れを綺麗にするコツを把握して、良い状態のタオルを目指しましょう。

洗濯だけではカバーしきれない

タオルを定期的に洗濯していても、完全に汚れが落ちているわけではありません。そして、タオルに溜まった洗濯で落とせなかった汚れが、どんどん蓄積されてしまい黒ずみなったりすることもあります。さらに、これらに雑菌やカビが繁殖することもありますので、十分に注意する必要があります。そして、このようなタオルを綺麗にするのにおすすめなのが漂白です。

汚れてしまったタオルを漂白

汚れが蓄積されてしまったタオルを漂白するためには、酸素系の漂白剤がおすすめです。さらに、洗面器を用意して、つけ置き洗いをするとよいでしょう。蓄積されてしまった汚れは、すぐに落とすことができないので、漂白剤を使って、つけ置き洗いをすることにより、綺麗にすることができます。

まずは、40度くらいのぬるま湯を用意して、洗面器に水を貯めましょう。洗面器の水に酸素系漂白剤を入れ、タオルをつけ置き洗いします。汚れによってつけ置きする時間を調整して、基本的には1時間から2時間程度が目安になってくるでしょう。

酸素系漂白剤によって、汚れを漂白することができたら、今度はそのまま洗濯機に入れます。その後は、普通に洗濯することで、綺麗にすることができます。

酸素系漂白剤でも綺麗にならない

汚れてしまったタオルの中には、酸素系漂白剤を利用しても、綺麗にならないものがあります。このような状況になってしまった場合は、つけ置き洗いは、洗濯だけでは足りません。この場合、熱湯を利用して、漂白するのがおすすめです。

まずは、タオルを熱湯で煮ます。熱湯にタオルを入れることによって、タオルを消毒することができ、普通に漂白するよりも効果を発揮することができます。熱湯で消毒する際には、酸素系漂白剤などは混ぜずに、水だけで沸騰させます。

また、この方法は、繊維に負担をかけてしまう方法になりますので、デリケートな繊維を利用してるタオルなどには利用することができません。主に綿100%などの衣類に使う方法なので、漂白しても、どうしても汚れが落ちない時にはためしてみるのもよいでしょう。また、酸素系漂白剤といっても、液体タイプと粉末タイプがあります。

上で紹介した方法は、液体タイプの酸素系漂白剤でつけ置きする方法になっていますので、洗浄力のより強い、粉末タイプを利用してみるのもよいでしょう。粉末タイプなら、漂白効果が高まりますので、液体タイプで落とせない汚れに対しても、効果を発揮してくれるかもしれません。また、酸素系漂白剤では効果が発揮しないなら、塩素系漂白剤を利用するという方法もあります。

塩素系漂白剤は、さらに強力な漂白作用を持っていますので、タオルの汚れに対して効果を発揮する可能性は高いです。しかし、酸素系漂白剤に比べると、各段にダメージが大きいので、生地を傷めてしまう可能性もあると考えておきましょう。また、素手で利用することができないので、ゴム手袋などの防護用の道具も必要になってきます。

タオルの汚れが蓄積されないようにする

このようにタオルを漂白する方法は、タオルにダメージを与えてしまうこともあります。酸素系漂白剤を利用して、すぐに綺麗になればよいのですが、場合によっては綺麗にならないこともあります。そのような時には、熱湯消毒を利用したり、塩素系漂白剤を利用したりする方法がありますが、いずれも生地にダメージを与えてしまいます。

そのため、できることならタオルに汚れが蓄積されないような工夫が必要でしょう。タオルに汚れを蓄積させないためには、まず濡れたままで放置しないことが大切です。濡れたままで放置することによって、内部にカビが生えてしまう可能性があり、こうなると、いきなり洗濯が大変になってしまいます。

また、定期的な洗濯も基本ですが重要です。汚れを定期的に落としていると、汚れの蓄積を遅れさせることができるでしょう。また、洗剤が多すぎるというのも注意です。洗剤が多すぎることによって、洗剤が残ってしまい、それが汚れになってしまうことがあるのです。これでは本末転倒だといえますので、適量の洗剤を利用するようにしましょう。

このようなものがタオルの漂白方法になっていますので、タオルの汚れが通常の洗濯では落ちないという状況の場合は、利用してみるとよいでしょう。また、できることなら、漂白をしなければならない状況を作らない工夫も同時にしていきたいところです。