サーキュレーターの掃除の仕方!カバーが外せないときの方法は?

サーキュレーター

サーキュレーターを掃除しようか迷っている人もいるのではないでしょうか。サーキュレーターは、自宅で掃除することが難しいと考えている人もいるかもしれません。今回は、そんな人達のために、サーキュレーターの掃除方法を紹介していこうかと思っています。

サーキュレーターの分解

サーキュレーターを掃除するためには、まず分解をする必要があります。サーキュレーターは、内部を空気が通過するため、ほこりなどのごみが内部に溜まってしまいやすい性質を持っています。外側だけ掃除をする方法もありますが、それでは、ほとんどの汚れを落とせないといえるでしょう。

サーキュレーターを掃除するための分解は、まずカバーを外すことから始めます。ドライバーなどを利用すれば、簡単にカバーを外すことができますので、カバーを外して、ファンを完全に露出させます。

カバーを外すことができたら、カバーとファンを丸洗いすればよいでしょう。また、場合によってはカバーやファンにほこりがたくさんついている可能性があります。

あまりにもほこりが多い場合は、水洗いする前に、掃除機を利用して、大体のほこりを吸ってしまった方がよいです。あまりにたくさんのほこりを水に流してしまうと、詰まらせてしまう原因になりますので、注意しましょう。

さらに、カバーやファンを外した後の、本体の掃除は掃除機を利用するとよいでしょう。掃除機で吸うだけでも、かなり綺麗にすることができますので、ぜひやってみましょう。また、本体の水拭きできるところは、しっかりと水を絞ったタオルを利用して、汚れを取っていきます。

もし、サーキュレーターを長期間使わないなら、このような掃除をした後に、しまっておくとよいでしょう。汚れたまましまっておくと、さらに汚れが取れにくくなってしまう可能性があります。

サーキュレーターを掃除する際の注意点

サーキュレーターを掃除するなら、注意点があります。まず、サーキュレーターの電源を入れた状態で、掃除をするのはやめましょう。不意に電源が入ってしまったり、ショートしたりする可能性がありますので、故障の原因でもありますし、危険でもあります。掃除の際には、必ずコンセントを抜き、電源を落としてから取りかかるようにしましょう。

また、掃除機を使って掃除をすると楽ですが、掃除機では取り切れない部分もあります。掃除機で取り切れないような場所は、歯ブラシを利用するとおすすめです。頭の小さい歯ブラシならば、サーキュレーターの狭い隙間にも入れることができますので、これで間に挟まってしまっているほこりなどにもアプローチすることができるようになります。

サーキュレーターのカバーが外せない場合

サーキュレーターの掃除をする場合には、カバーを外すことになります。しかし、掃除の際に、なかなかカバーが外れないという人もいるかもしれません。カバーが外れない場合には、色々な理由が考えられます。

まず、そもそもカバーを外すことができない一体型のタイプであるということです。この場合は、分解して掃除をするのが難しくなってしまいますので、自分で掃除をするのはあきらめた方がよいかもしれません。

また、何年も掃除をしていないような場合には、境目のところが固着している可能性がありますので、丁寧に外していく必要があります。あまり力を入れたりすると、割れてしまったりすることがありますので、ゆっくりと力をかけるようにしましょう。また、サーキュレーターのカバーの固定方法には色々なものがあります。

ネジでついているものもありますし、いくつかの箇所についているスイッチを全て押して外したりするものもあります。そのため、説明書などを見て、カバーを外す方法を事前に確認しておくとよいでしょう。

サーキュレーターが汚れていると不衛生

サーキューレーターが汚れた状態になってしまっていると、とても不衛生です。内部にほこりが溜まった状態になってしまいがちなのですが、ほこりが溜まった状態で運転してしまうと、ほこりが部屋中に舞ってしまいます。このようなほこりを吸ってしまいますので、あまり良い状態とはいえないでしょう。

特に、小さな子供いる家庭では、サーキュレーターの中にほこりが詰まった状態にしておくのは危険だといえますので、定期的に掃除をするようにしてみてはいかがでしょうか。定期的に掃除をするようにすれば、カバーなどの外し方もわかるようになり、スムーズなので、掃除にかかる時間も短くなっていくでしょう。

このようなものがサーキュレーターの掃除方法になっていますので、サーキューレーターの掃除について迷っていた方は、ぜひチャレンジしてみるとよいでしょう。サーキュレーターについてしまう汚れ自体は、ほこりがメインになっていますので、分解さえすることができれば、意外に簡単に落とすことができてしまいます。そうすれば、清潔な空気を保つことができるはずです。