トイレの洗浄剤の選び方は?置くだけなど種類や特徴は?

トイレ掃除

トイレの洗浄剤を直感で選んでいるという人は多いのではないでしょうか。しかし、トイレの洗浄剤は、それぞれタイプがあって、向いているトイレと向いていないトイレがあります。トイレの洗浄剤のタイプをしっかりと把握した上で、利用することで、トイレの清潔を保つことができるでしょう。

中性洗剤

トイレの洗浄剤の中にも中性のものはあります。中性のものは、安心して使えるというメリットがあるでしょう。洗浄力は、その分だけ落ちてしまうのですが、普段の掃除ならば中性洗剤で十分ではないでしょうか。普段から強力なものを使っていると、人体に何らかの影響を及ぼす可能性もありますので、強力な洗浄剤は、大きな掃除の時に使うなど、しっかりと使い分けたいところです。

酸性洗剤

酸性洗剤は、強力な洗浄力を持っている洗剤です。こびりついた尿石などにもしっかりと反応してくれますので、中性洗剤ではどうしても落とせない汚れがある場合に利用するとよいでしょう。しかし、酸性洗剤は、取り扱いを間違ってしまうと危険です。

さらに、トイレの材質によっては、酸性洗剤の強力な作用によって、破損してしまう可能性があります。金属やプラスチックに対しては、特に注意する必要がありますので、これらのパーツがないかをしっかりと確認しておきたいところです。

置くだけ洗剤

トイレのコマーシャルなどで有名なのが置くだけで洗浄力を発揮してくれる洗剤です。このタイプの洗浄剤は、トイレの水流を利用して、トイレ全体に汚れがつくのを防止してくれます。消臭効果や汚れの付着を防止してくれるのですが、定期的に取り換える必要があります。中に含まれている洗浄剤がなくなってしまうと、なくなってしまいます。

このタイプの用途としては、上で紹介した中性洗剤や酸性洗剤とは違い、掃除ではなく、予防として利用するということです。また、これらの洗剤を利用していると、いざ掃除をする時に、汚れを軽減してくれる可能性がありますので、補助として使うのも役立つのではないでしょうか。

このようにトイレの洗浄剤といっても、色々なタイプの商品がありますので、それぞれの特徴を踏まえた上で、利用してみてください。典型的なのが置くだけ洗剤をすでに汚れているトイレに設置するというものです。これは、汚れの予防効果を期待して利用するものなので、本来は汚れが付着してしまう前に利用するものです。このような使い分けをしっかりとしていきましょう。