バスマットの洗濯頻度は週1回?洗い方のコツや洗濯方法

足 バスマット

バスマットの洗濯頻度を考えてみると、意外に迷うという人は多いのではないでしょうか。今回は、バスマットの洗濯に最適な期間を考えていきたいと思います。バスマットというのは、足裏の水分を除去するものになりますので、予想以上に汚れていることが多いものです。

バスマットには雑菌が繁殖しやすい

足の裏に残っている皮脂が付着してしまう可能性もあるのですが、さらにバスマットは濡れていることが多いので、雑菌が繁殖しやすい環境になっているといえます。床に置いたままの場合は、なかなか乾燥してくれませんので、どうしても雑菌が繁殖してしまうのです。

バスマットの洗濯方法

バスマットの洗濯についてですが、それほどデリケートなものではないため、基本的には洗濯機を利用して洗濯することができると考えてもよいでしょう。洗濯ネットを用意して、洗濯すればバッチリで、汚れの具合に応じて、洗剤だけにするのか、漂白剤を利用するのかを考えるとよいでしょう。

雑菌が繁殖している場合には、漂白剤を利用することによって、しっかりと殺菌しておきたいものです。バスマットの洗濯に漂白剤を利用する場合には、酸素系の漂白剤がおすすめで、これならバスマットのダメージを軽減しながら、洗濯をすることができるでしょう。乾燥も普通にすることができ、風通しの良い場所を利用して、スピーディーに水分を飛ばしていきましょう。

バスマットを洗濯する際のポイント

バスマットを洗濯する場合にはいくつかのポイントがあります。まず、バスマットは、マット類と一緒に洗濯するのがおすすめです。バスマットは予想以上に汚れていることがありますので、あまり一般的な衣類と一緒に洗濯はしたくないところです。

もし、他にもマットを使っている場所があるなら、それらのマットも一緒に洗うことによって、洗濯の量を調整することができるはずです。さらに、一般的な洗濯物を洗濯する際には欠かせない柔軟剤も使わないのがおすすめです。バスマットは、吸水性が非常に重要になっています。

しかし、柔軟剤を使ってしまうと、生地の表面にコーティングがされてしまい、吸水性が落ちてしまう可能性があるのです。このように柔軟剤は、バスマットの場合には逆効果になってしまいますので、覚えておくとよいでしょう。

バスマットの使い方を工夫する

バスマットは、普通の洗濯物と分けて洗濯するのが一般的なので、あまりにも回数が多いと、面倒に感じてしまいます。そのため、定期的にバスマットを洗濯することは必要なのですが、できる限り、洗濯の回数を減らすことも重要になってきます。

そして、そのために一番重要なのが、しっかりとバスマットを乾燥させる癖をつけるというものです。家族がお風呂に入り終わったら、その日はバスマットを乾燥させるなどの癖をつけることによって、バスマットの汚れは激減するといえるでしょう。

バスマットの近くに、バスマットを干せるようなものがあれば、習慣化しやすいので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。また、バスマットの中には、吸水性が非常に高い素材でできたものもあります。その中には、洗濯いらずのものもありますので、そのような商品を選んでみるのもよいでしょう。

バスマットの洗濯回数

バスマットの洗濯回数については、1週間に1回程度が目安になってくるのではないでしょうか。汚れの具合を見ながら洗濯の期間を調整するのがおすすめで、素材によっても異なってくるといえます。

週1回、家の中のマット類をまとめて洗濯する癖をつければ、家の中を清潔に保てるのではないでしょうか。このようなものがバスマットの洗濯の詳細になっていますので、ぜひ覚えておいてください。