加湿器をクエン酸で掃除する方法!運転中でもフィルター洗浄できる?

クエン酸は加湿器の掃除にも利用することができます。クエン酸は元々、様々なものの掃除に利用することができました。さらに、加湿器にも使えることがわかれば、より有用性は高まるのではないでしょうか。今回は、加湿器の掃除にどのようにクエン酸を利用していくのかを紹介していきます。

加湿器の汚れとクエン酸は相性が良い

クエン酸が加湿器の掃除におすすめな理由が、加湿器についてしまう汚れと、クエン酸の相性が良いからです。加湿器の汚れを確認してみると、加湿器にできてしまう汚れは、水垢汚れであることがわかります。

水垢汚れは、水に含まれているミネラル分が凝固してしまったもので、時間が経過すれば、経過するほど、落としにくくなってしまうという性質を持っています。加湿器内部では、たくさんの水分を利用することになりますので、水に含まれているミネラルが結晶化しやすいのです。

水垢汚れが酷くなってしまうと、なかなか落とすのが大変になってきて、少し拭いたくらいでは、綺麗にすることができません。

また、硬いもので削ってしまうと、加湿器自体を傷つけてしまう可能性がありますので、こちらにも注意が必要です。加湿器は、材質が弱いものも多いので、掃除方法を間違って故障させてしまうことだけは注意したいところではないでしょうか。

そして、クエン酸の出番なのですが、クエン酸は、加湿器の汚れである水垢汚れに反応する性質を持っています。水垢はアルカリ性の汚れになっています。このアルカリ性の汚れには、酸性の成分が効果的なのですが、クエン酸は酸性の性質を持っているのです。

クエン酸で水垢を掃除すると、アルカリ性の水垢が中和され、汚れが落としやすくなってくれます。普通の状態で水垢掃除をするのに比べて、各段に落としやすくなりますので、これなら簡単に水垢を綺麗にすることができるのではないでしょうか。

また、加湿器の汚れは、フィルターに付きやすいです。フィルターに水垢がついた状態になってしまうと、加湿器自体の能力が弱まってしまいますので、せっかくの加湿器の力が発揮されません。このような状態では、加湿器をつけておくこと自体に意味がなくなってしまいますので、その意味でも、加湿器の定期的な掃除は必要になってくるのです。

クエン酸を使って加湿器を綺麗にする方法

クエン酸は、加湿器のメインの汚れである水垢に対して効果を発揮してくれることがわかりました。具体的にどのようにクエン酸を使って加湿器の水垢を落としていくかというと、クエン酸の他に、水や歯ブラシがあると便利です。

クエン酸を使った加湿器の清掃は、つけ置き洗いのような方法を利用します。水にクエン酸を溶かしておき、その水の中に加湿器のパーツを放置しておきます。

また、クエン酸を溶かした水を使って、運転中に加湿器を清掃するのはやめておきましょう。運転中に、クエン酸水を入れてしまうと、故障の原因になってしまいますので、十分に注意が必要です。

まずは、電源を落として、安全を確認してから、クエン酸で加湿器を綺麗にしていきます。クエン酸を混ぜた水に加湿器のパーツをつけこんでおき、数時間程度、つけこんだら、水ですすぎます。その際に、歯ブラシを利用して、汚れを落としていきます。

クエン酸による効果によって、歯ブラシで軽くこすった程度でも加湿器の汚れを落とすことができますので、加湿器に傷がついてしまうということはありません。歯ブラシを利用することによって、細かい部分の汚れも落とすことができますので、これで綺麗にすることができます。

水垢汚れを綺麗にすることができたら、今度は乾燥させて、元通りにパーツを組み立てます。たったこれだけで、頑固な水垢汚れを綺麗にすることができますので、これなら誰でもできてしまうのではないでしょうか。

加湿器の掃除の頻度

加湿器の掃除の頻度についても考えておきたいところです。水垢汚れというのは、時間が経過すればするほど、頑固になってしまう性質を持っています。そのため、定期的に掃除をすることができれば、より綺麗にしやすい状態を保つことができるのです。

そして、加湿器掃除の目安なのですが、月1回程度で十分だといえるのではないでしょうか。それ以上長くなってしまうと、水垢汚れが頑固になってしまう可能性があります。

このようなものがクエン酸での加湿器掃除になっています。加湿器のメインの汚れである水垢汚れに対して、効果的なアプローチをすることができるので、掃除の手間を省くためにもぜひクエン酸を利用してみてはいかがでしょうか。

また、水垢はなかなか頑固な汚れになっていますので、無理やり掃除をして、加湿器を破損させてしまわないためにもクエン酸で優しく簡単に掃除をするとよいでしょう。また、加湿器の掃除に人体に対しての影響が少ないクエン酸を使うというのは、とても安心して利用することができるのではないでしょうか。