白衣のクリーニング料金はどれくらい?かかる日数や頻度について

考える医師

普段のお洋服とは違ったちょっと特殊なもの「白衣」こちらは医療関係に従事している方や、実験や研究機関に所属している方など、そういったお仕事に務めている場合に着用されるものです。

いずれの場合も普段から清潔にしておくことが基本とされていますが、実際にはどれぐらいの頻度で洗っている方が多いのか、どれぐらいの日数がかかるのか気になる方も多いでしょう。なかなか聞けない気になる白衣のクリーニングについて少し詳しくお話していきます。

白衣のクリーニングはどれぐらいの頻度が多い?

会社勤めされている方や普段スーツや私服が基本の方にとって、あまり触れる機会がない衣服のひとつといえば「白衣」です。白衣は医療関係のお仕事に就いている方や、研究や実験に携わっている方など、ちょっと特殊な場合にしか着られる機会がないものです。

人生で一度も袖を通したことがないという方の方が多いかもしれません。そんな白衣ですが、真っ白でちょっとした汚れも目立ってしまうなど、こまめに洗濯しなければならないの?と疑問をお持ちの方も多いはず。実際には白衣のクリーニングはどれぐらいの頻度で行われているのでしょうか。

多くの方があげる頻度としては一週間に一度や二週間〜一ヶ月に一度など、大体月に数回利用していることが多いようです。人や環境によっては毎日クリーニングに出しているという方もいるなど、実際に携わっているお仕事によってはこまめな洗濯を余儀なくされる場合もあるようです。

また、清潔であることが条件になっているなど職場によってはクリーニングを毎日受け付けているところもあるなど環境によってその頻度は大きく変わってきます。結論から言うと、一般的には月に数回程度が多く、職場の環境などによっては毎日という方もいるなど大体そのふたつに大きく分けることが出来る様子です。

白衣のクリーニングにかかる料金や日数は?

白衣のクリーニングは一般的な服とは違い特殊な区分に分けられることも多いようです。お店によってそれぞれですが、だいたい一着あたり500円程度の料金でお願いできることがほとんどのようですが、汚れがひどい場合は別途料金が必要になったり時間を要することもあるようです。

クリーニングにかかる日数としては最低でも3日ほど。即日仕上げてもらうということはなかなか難しいため、出来るだけ余裕を持ってお願いするようにしましょう。こちらも汚れがひどいなど特別な場合は少し時間がかかってしまうこともあるため、あらかじめそういった理解を持っておくことも大切です。

また、場合によっては大手のお店にお願いするよりも地域のクリーニング屋さんにお願いする方が早くてキレイに仕上がるということもあるようです。もちろんすべてがそうだとは限りませんが、もし相談してみて早めの日数に仕上げてもらえるなどが可能であれば一度相談してみるのもいいでしょう。日頃からそのお店の評判なども調べておくとなお安心です。

いつでも清潔な状態を維持していたいから

白衣は普通の衣服などに比べるとどうしても汚れが目立ちやすくなってしまうため、常に清潔な状態を保つなど意識を持っておく必要があります。

見た目に汚れなどがあると、それだけで全体的なイメージも悪くなってしまう場合があります。ある程度日数がかかることも考慮すると「ちょっと汚れが目立ってきたな」と感じるぐらいでクリーニングを依頼するのがおすすめです。

こまめにクリーニングを利用する場合は値段のことも気になるので、できればあまり金額設定が高すぎないところを選ぶようにすること、それでかかるコストも抑えられるでしょう。いいお店選びは地道にコツコツとです。