フローリングの床を水拭きでキレイにする方法!掃除のコツや頻度は?

フローリング

フローリングは掃除がしやすいので、ついつい掃除が疎かになってしまうことがあります。フローリングの掃除を疎かにしてしまうと、いずれフローリングがべたついてきます。そんなフローリングには水拭きがおすすめになっていますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

フローリングの汚れ

フローリングの掃除をする前に、まずはフローリングの汚れの性質について把握しておきたいところではないでしょうか。フローリングの汚れは、足裏の皮脂などが主なものになっています。また、食べかすなどが隙間に入って、汚れていることもあります。

他にも、これらが混合されていることもありますので、目には見えないながら、予想以上に汚れていることもあるのです。しかし、フローリングは汚れていても、掃除をするのはそれほど難しくはありません。

フローリングを水拭き

しっかりとコーティングされたフローリングであれば、多少、皮脂汚れがついても、水拭きで綺麗にすることができます。水拭きは、とても経済的な掃除方法になっていますので、水拭きで済むうちにしっかりと掃除したいところではないでしょうか。

フローリングを水拭きする時には、濡らした雑巾をしっかりと絞ります。しっかりと水を絞っておくことによって、フローリングがスピーディーに乾燥してくれますので、湿気によって雑菌が繁殖したりすることを防げます。

また、乾拭きでも水拭きでもそうなのですが、フローリングを掃除する時には、木目に沿うようにして掃除をするのが基本になってきます。木目に沿うように掃除をすることによって、隙間の汚れもしっかりと落とせますので、よりフローリングを綺麗にすることができるでしょう。また、全体的な掃除の順番は、カタカナのコの字を書くようにして掃除をするのがおすすめです。

せっかく掃除をしたところを踏みたくないので、コの字を書くようにして掃除をすれば、掃除をした場所を踏まずに済みます。また、汚れの状況を見極めて掃除するというのが普通になっていて、必ずしも部屋全体を掃除する必要はありません。

全体的に汚れているのならば、全体を掃除する必要がありますが、一部だけの汚れが酷いようなら、あえて一部にとどめておくというのもよいでしょう。掃除に使える時間も限られていますので、汚れている部分をピンポイントに落とすというのはとても重要になってきます。

汚い雑巾は逆効果

フローリングの掃除をする際に注意しなければならないのは、汚い雑巾を使ってしまうと逆効果になるということです。そのため、捨ててもいい綺麗な布を使うようにするのがおすすめです。

こうすることによって、しっかりとフローリングの汚れを綺麗にすることができるでしょう。また、皮脂汚れがフローリングの汚れではメインになりますが、この皮脂汚れは少し温かいお湯を使ってやるのがおすすめです。

少し温かい布を利用することによって、汚れの落ちがよくなりますので、上手く利用していきましょう。さらに、汚れが酷い時には、中性洗剤を利用するのがおすすめです。中性洗剤にも色々あるかと思いますが、キッチン用の中性洗剤を利用すれば、綺麗にすることができます。

一般的な汚れなら、中性洗剤まで使えば、ほとんどの汚れを落とせるのではないでしょうか。中性洗剤で落とせないような汚れの場合は、普通の掃除では落とせない汚れである可能性があります。

水拭きができないフローリングもある

フローリングの中には、水拭きが向いていないものもあります。フローリングは、基本的にワックスでコーティングしてあります。そのため、コーティングがしっかりと効いていれば、水拭きしても問題ありません。

しかし、中にはコーティングをあえて使わないようなものもありますので、そのようなタイプのフローリングには水拭きは向いていないといえるでしょう。

また、コーティングがきれてしまったフローリングの場合も水拭きしてしまうと、ダメージを与えてしまうことがあります。フローリングを水拭きで掃除する場合には、このようなことに注意するとよいでしょう。

フローリングを掃除する頻度

フローリングを掃除する頻度については、週に1回くらいから月1回くらいが目安になってきます。汚れに応じて掃除をするというのがポイントで、週1回は汚れている部分を掃除したり、月1回は全体的に掃除したりと切り替えるとよいのではないでしょうか。あまり頻度が多くなりすぎると大変になってきますので、住まいの汚れ具合を見つつ掃除をするとよいです。

このようなものがフローリングの水拭き方法になっています。基本的には、フローリングに水拭きは効果的な掃除方法です。しかし、場合によっては水拭きが向いていないフローリングもありますので、その点は注意したいところです。これらの点を注意して、フローリングを清潔に保つことができれば、安心できる住まいを目指せるのではないでしょうか。