服のカビ取りはクリーニングでできる?カビ取りの料金や業者の選び方

考える女性

食べ物にカビが生えてしまうように、実は衣類もきちんと保管しなければカビが生えてしまう場合があります。その場合は保管方法を見直す必要がありますが、まずは早急に衣服のカビを取り除くことが大切です。ご自宅での洗濯では落としきれないカビ、一体どれぐらいの料金がかかるのか、どういった基準でお店を選べばいいのかについて考えてみましょう。

衣服についてしまったカビ取りはクリーニング可能?

多くの方はあまり意識しませんが、衣替えした際にしまい込んでいた衣服にカビが生えてしまうこと、実はそれほど珍しいことではありません。お家の環境によっては湿度が高すぎるなど、さまざまな事情が重なってしまい大切な洋服にポツポツとカビが生えてしまうこともあるのです。

まずは除湿を意識するなど衣類の保管方法について考えなければならないところですが、ついてしまった衣服のカビもすぐに落とす必要があります。お家で気軽に洗濯できるものならばいいのですが、特にお気に入りのものやちょっと特別な素材でできているものなど、お洋服のなかには自分でカビを取り除くことが難しい種類のものがあります。

この場合はカビという特殊な状況もありますので、できるだけクリーニング店など専門的なお店にお願いするのが安心です。普通の白っぽいカビであればそれほど目立たないのですが厄介なのは色のついているもの、特になかでも黒カビはとても落とすのが難しいものです。一般的なクリーニング店では落とすことも難しいという場合もあるなど、実は思った以上に厄介な存在でもあるのです。

カビ取りの料金やお店の選び方は?

実際にカビ取りにかかる料金は、一般的には1,000円程度と言われていますが広範囲である場合やかなりカビが頑固な時にはもうすこし、場合によっては一万円ほどかかってしまうこともあるようです。

事前に確認しておく必要がありますが、それほど広範囲ではない場合は普通のクリーニング料金にプラス1,000円程度を目安に考えておくといいでしょう。クリーニング店選びはできるだけそういったカビへの対応も広くしてくれるところにお願いするのが安心です。

カビの種類によっては手間がかかるものも多いので、専門の知識をより多く持っているところにお願いするのが安心でしょう。一度お店に相談してみるなどして、カビへの対応がどの程度のものか確認してみてください。せっかくのお気に入りの服を長く着られるよう、保管もぜひ意識してみてください。