リュックサックも出せる?鞄やバッグのクリーニングの料金や手入れ

リュックサック

クリーニングといえばお洋服だけ、と思い込んでいませんか?いつも身につけているリュックサックやカバン、毎日履いている靴など、今は色んな身の回りのものがクリーニングすることができるんです。お気に入りのものだから長く使いたい、いつでも清潔な状態にしていたいと思っている方はぜひカバンのクリーニングをお願いしてみてはいかがでしょうか。

いつも愛用しているものだから長く使い続けたい

お気に入りのものだからこそ長く使っていきたいと思うのは、誰だって同じでしょう。しかし正しいお手入れをしなければ、それはとても難しいことだというのも同時に分かることです。例えば普段着ている服のなかでも、お家では気軽に洗濯できないものはクリーニング店へ依頼することもあるでしょう。

なぜクリーニングを利用するかというとその理由はさまざま。まずは自分で洗濯することが難しいから、というのがひとつ。その他にはプロのテクニックでよりキレイに仕上げてほしいから、手間隙かけて洗濯するのが面倒だという方もいるでしょう。どんな理由があっても最終的に皆さん共通していることは「自分でやるよりもキレイに仕上げてほしいからお願いする」ということです。

クリーニングを利用するメリットはやはり、自分だけではケアしきれない部分までしっかりと行ってくれるという点です。落としきれない汚れも機械やテクニックを使ってキレイにしてもらえるなど、やはり一般的な洗濯だけでは手が届かないところまでケアしてもらえること、普通では得ることが出来ないメリットを得られるというのが大きなポイントになります。

ただ、それを得るためにはどうしてもかかってしまうのが「費用」です。特別なケアをしてもらえるということはそれだけ薬剤や人の手間がかかっていることでもありますので、どうしてもお金がかかってしまうことは仕方がないことです。

しかしお金にかえられないものを得られるということ、できるだけその品質を長く保つことができるようになるということは、お金を出してでもどうにかしたいと思っている方も少なくないのです。

ここまでクリーニングのお話をしてきましたが、皆さんはおそらくイメージされてるものとして「クリーニング=衣類」という印象が強いのではないでしょうか。街のクリーニング屋さんを見てみてもお分かりのように、一般的なクリーニング店はYシャツであったり、コートやスーツなど普段着る洋服に関しての取り扱いというイメージがあります。

しかし決してそれだけではありません。よく見てみると布団や毛布なども扱っていますし、実は皆さんが使っている「カバン」もクリーニングを依頼することができるのです。

お出かけの際に使っているそのカバン、気に入っているものは出来るだけ長く使っていきたいと思いませんか?でもカバンはとくに手に触れるものだからこそ汚れが目立ちやすいもの。その汚れをきれいに落とせば、いつでも新品のような気分で使い続けることも夢ではありません。

カバンのクリーニングはどれくらいお金がかかる?

すべてのお店がカバンのクリーニングを扱っているわけではありませんが、最近はカバンだけに限らず靴やネクタイ、帽子など身につけるものの多くを扱っているところも増えてきているようです。

衣類に関してはものによってはご自身で洗うことも可能ですが、カバンなどはどうしても洗うのが難しい場合がほとんどです。素材を傷めてしまうこともありますので、無理に素人判断で洗わない方が安心でしょう。では、実際に利用した場合費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

一般的な相場としては5,000円〜1万円程度と見ておくのがいいようです。かばんの大きさやブランド、材質によって多少の違いはありますがこれぐらいを見ておくと安心です。多少の汚れの場合は1,000円〜5,000円程度でクリーニングしてもらうことも可能ですが、まずは一度お店の方と相談するなどして汚れの程度やどういった洗浄方法が必要なのかを確認してみると安心です。

専門的な知識をもったお店にお任せすることで、新品の時のような美しい状態で再び手にすることも可能です。決して安いお値段とはいいませんが、できるだけ良い状態で長く使い続けていくことを目指しているのであれば必要なお手入れとして割り切ることも大切です。お店によって得意としているところ、そうでないところもありますので、まずはしっかり情報収集してみることをおすすめします。

その後のお手入れも大切です

一度クリーニングしてもらったことで満足して終わり、ではもったいない。大切なのはクリーニングしてもらったその後です。今まではそのまま使って放置、ということが多かった方は是非使ったあとに一度乾いた布などでサッと汚れを取り除くことをおすすめします。

外はホコリや空気の汚れなど目には見えないものが浮遊しており、それらがカバンへと漂着します。人の汗など皮脂もカバンを汚してしまう原因となるため、こういったことが積み重なることでどんどん汚れが蓄積されていくのです。それを防ぐためにはできるだけ使ったあとに拭いてあげること。それだけでも維持しやすくなりますのでぜひ試してみてください。

ただ拭く際に注意したいのが、決して濡れた布を使わないことです。つい汚れを落とすためにと濡れた布で拭きたくなりますが、カビやシミの原因を作ってしまうこともあるためできるだけ避けてください。どうしてもという場合は固くしぼった布を使うこと、拭いた後に乾拭きすることをおすすめします。

何気ないことなのですが、こういったことを積み重ねていくだけでもずいぶんいい状態を保ちやすくなりますので、返ってきたらまずはサッとでもカバンを拭くことをおすすめします。

便利なクリーニングを活用しましょう

基本的にクリーニングに向いているカバン、そうでないカバンとがあります。なかにはお気に入りのものでもクリーニングに向いていないものもあるため、よく分からない場合はお店の方に相談してみるといいでしょう。

受け付けてもらえないところ、受け付けてもらえるところとそれぞれありますが、いくつかそういったクリーニングが得意なところを探してみるなどして比較するといいでしょう。はじめからこのカバンはだめだと諦めてしまわないことです。

クリーニングはあくまでも今の状態をキレイにしてくれる力を持っているものですので、やはりよりいい状態を維持使用を思うのであれば普段から使い方には気をつけるのがおすすめです。先ほどもご紹介したように、自宅で拭くようにするなどケアを習慣にするといいでしょう。

最近は自宅でケアできるような便利なグッズもありますので、そういったものを購入しながらセルフケアを意識していくのもおすすめ。ぜひキレイな状態を維持していきましょう。

普段からあまりクリーニングを利用されない方にとっては、少し敷居が高いように感じられるかもしれませんが、最近は家庭にある身近なものなど色んなものがクリーニングを利用できるようになっています。

なんといっても魅力は自宅でできないケアでキレイにしてもらえること、より品質を保ちやすくなるということです。何でも使い捨ててしまうというのではなく、自分の気に入った物を長く保ち続けるのはまた特別なものです。ものを大切にする、という意識を持たせてくれるのはクリーニングのおかげかもしれません。