鍋の焦げの落とし方はどうすれば良い?キレイに簡単に落とせる方法を紹介!

鍋焦げ

「あ、やってしまった…」お鍋やフライパンを火にかけているのをすっかり忘れてしまって焦げつかせてしまった経験はありませんか。

しかも焦げついたフライパンやお鍋をキレイにするのって結構大変なんですよね。そこでこびりついた焦げの落とし方について見ていきましょう。

鍋の焦げを落としてみよう!

鍋やフライパンにつく焦げはついてすぐであればスポンジで、比較的簡単に落とすことができます。しかし、時間が経ってしまうとなかなか焦げつきは落ちません。そこで、焦げが付いてしまった場合は以下の方法を試してみて下さい。

①重曹を使って落とそう

鍋の焦げを取る定番アイテムと言えば重曹です。重曹は掃除にも使えるし、お料理にも使えるし、とっても便利ですよね。お料理にも使えるということは口の中に入れても安全なので調理器具の掃除にはピッタリです。

用意するものは重曹とスポンジだけでOK。まずは焦げが付いている位置まで水を張って、重曹を大さじ1~2杯入れて溶かしましょう。いっぱい入れたからといって効果が高まるわけではないので入れすぎ注意です!

それから、火にかけて10分ほど煮て下さい。沸騰して10分経ったら火を止め、重曹と泡で焦げが緩んでくるのを待ちましょう。そして、十分に冷ました後スポンジを使って焦げを落としていきます。この時、金属製のタワシは鍋を傷つけてしまうかもしれないので使わないようにして下さい。また、アルミ製のものだけは使えないので注意しましょう。

②クレンザーを使おう

クレンザーとは研磨剤入りの洗剤で焦げはもちろん、水垢やサビも落とすことができます。鍋の内側の焦げはもちろん、外側の焦げまでしっかり落としてくれますよ。用意するものはクレンザーと布巾、その他に歯ブラシとラップがあると便利です。

やり方ですが、まずは布巾にクレンザーを付けます。布巾がない場合は丸めたラップを使っても大丈夫です。次に、布を焦げに擦り付けて落としていきます。届きにくい溝なんかには歯ブラシを使うと便利ですよ。その後、水でしっかり流しましょう。

③酸素系漂白剤を使おう

重曹水を使っても焦げが落とせなかった場合、おすすめなのが酸素系漂白剤です。用意するものはオキシクリーンなどの酸素系漂白剤とスポンジでOKです。酸素系漂白剤は、熱を入れると汚れを強力に落とす酸素の泡が出てくるのが特徴で、焦げにその泡が入り込んで焦げをそぎ落としてくれます。

やり方は重曹の時と同じで、焦げつきが隠れる程度に水を張り、酸素系漂白剤をスプーン3杯ほど入れてよくかき混ぜ、火にかけて下さい。沸騰したら弱火にして10分煮ましょう。冷めたら一度すすぎ洗いをして、スポンジでこすり洗いをしてください。

④専用のたわしを使おう

焦げ落としに便利な専用のタワシが売っているのを見たことがありませんか。極細のステンレスタワシに研磨粒子が入っていて、傷をつけないようにしながら焦げを落としていってくれるアイテムです。

使い方もとっても簡単で鍋とタワシを水で濡らし、必要であれば食器用洗剤も使いましょう。それから焦げついている部分をゴシゴシこすりながら焦げを取っていきます。力加減に注意しながら汚れを落とし、最後は水で流しましょう。

⑤鉄なべの焦げの場合、空焚きしよう

鉄なべを焦がしてしまった場合、空焚きするのがおすすめです。用意するものはヘラだけです。水を入れずに鉄鍋を火にかけ、カラカラになった汚れをヘラで落としてください。たったこれだけですが、驚くほどキレイに取れます。

⑥天日干ししよう

時間がかかっても良いのであれば、天日干しで焦げつきを落とすことができます。ただし、1週間くらいかかるのであまり実用的ではないかもしれません。やり方は、日当たりの良いところに鍋を置き、1週間くらい待ちます。天日干しが終わったら、鍋の焦げを割りばしや木ベラで擦りましょう。

⑦お酢と台所用中性洗剤を使おう

早く焦げつきを落としたいという人におすすめなのがお酢です。臭いは独特ですが、重曹や酸素系漂白剤よりも早く焦げつきを掃除することができます。やり方は焦げつきが浸かるくらいの量の水を入れ、お酢を入れます。お酢の量は水1リットルに対して大さじ4~5杯です。その後、火にかけて沸騰したら弱火にし、10分待ちましょう。

10分経ったら、火を止めてお湯を捨てます。お湯を捨てた後はまだ熱が残っているので火傷に注意をし、焦げをスポンジで擦っていきましょう。ゴム手袋をしておくと良いですよ。どうしてもお酢だけで落ちなかった場合は、お酢を入れる段階で台所用中性洗剤も一緒に入れて下さい。割合はどちらも大さじ3杯です。

鍋の焦げを落とすための便利グッズを紹介!

鍋こげ

鍋の焦げを落とすために便利なアイテムを紹介したいと思います。

・ハイホーム(日本珪華化学工業)

クレンザーを使う場合はハイホームがおすすめです。自然由来の鉱石と石鹸成分でできているので研磨作用が高く、安全でピカピカに仕上がります。

・ボンスター(ボンスター販売)

金タワシを使う場合、ボンスターはとっても便利です。極細ステンレスが使われているので傷も付きにくいし、水だけでもキレイに落とすことができます。

・オキシクリーン(グラフィコ)

オキシ漬けで有名なオキシクリーン。こちら、洗濯にも掃除にも使える便利グッズとして流行っていますよね。オキシクリーンは酸素系漂白剤です。環境にも優しいので1つ持っておくと便利です。

鍋の焦げを落とす時の注意点

鍋には様々な種類がありますよね。ステンレス、ホーロー、土鍋、アルミ製などなど。ですので、鍋の焦げを落とす時は素材によってできる方法とできない方法があることを理解しておかなければいけません。

ステンレス、ホーロー、土鍋の場合

だいたいどの方法でも焦げを落とすことができます。

アルミ製の鍋

アルミ製の鍋の焦げ付きを落とす場合、重曹と酸素系漂白剤はNGです。アルミと反応して黒ずんでくる可能性があります。

テフロン加工された鍋

テフロン加工された鍋に関しては、研磨剤入りのものを使うと良くありません。コーティング剤を剥がしてしまい、余計焦げつきやすくなってしまいます。

【まとめ】焦げつきは簡単に落とせるので安心を!

以上、鍋やフライパンの焦げを落とす方法について解説してきました。いかがだったでしょうか。

なるべく焦げが付かないようにするのも大事ですが、あまりに気にしていると大変ですよね。今、紹介したように簡単に焦げつきを落とすことができる方法さえ知っていれば怖いものなしですしね。

是非、焦げが付いた鍋やフライパンが気になる人は試してみて下さいね。