ビーズクッションの洗濯方法は?汚れを落とす洗い方や手入れの仕方

考える女性

ビーズクッションが汚れてしまうと、洗濯できるか迷うものではないでしょうか。ビーズクッションは、洗濯できないという感覚の人も多くいますが、素材によっては洗濯することができる可能性がありますので、どのようなビーズクッションが洗濯できるのかを確認しておきたいところです。

ビーズクッションは洗濯ができるか

ビーズクッションは、素材によって洗濯できるかできないか決まってきます。ビーズクッションには洗濯タグがついていますので、洗濯タグを確認して、洗濯することができるかを確認していきましょう。また、水洗いなのか、洗濯機を利用することができるのかも洗濯タグに表示されていますので、あわせて確認していきましょう。

ビーズクッションの洗濯方法

ビーズクッションの洗濯方法は、洗濯ネットを用意するのがおすすめです。ビーズクッションは、形が崩れてしまうと、品質がいっきに落ちてしまいますので、洗濯ネットを利用して、形が崩れないようにする工夫は重要です。

また、洗濯の際に中の素材が飛び出てしまう可能性がありますので、その意味でも洗濯ネットを利用して保護していきたいところです。さらに、ビーズクッションの素材によっては、洗濯機に水をはった際に、沈まないことがあります。

そのような場合には、せっかく洗濯しても汚れが落ちないので、洗濯ネットの中に重りを入れることによって、無理やり沈ませるということができます。このようなこともあり、ビーズクッションの洗濯には洗濯ネットが必要になってくるといえるでしょう。これらのことに注意すれば、ビーズクッションは普通に洗濯機で洗うことができます。

ビーズクッションの手洗い方法

ビーズクッションの中には、洗濯機で洗えないものもありますので、そのような場合には手洗いをすることになります。手洗いをする場合には、30度より少し高いくらいのお湯を利用します。ぬるま湯を利用することによって、汚れが落ちやすくなります。

汚れが酷くない場合には、洗剤を利用せずに手洗いをし、汚れが酷い場合には、おしゃれ着用の洗剤などを利用して洗っていきます。ぬるま湯に洗剤を溶かして、汚れに応じて、数十分程度つけおきします。

ビーズクッションの洗い方は、汚れをもみだすというイメージで洗っていき、汚れを落とすことができたら、今度は同じ要領ですすぎをしていきます。すすぎを終えるタイミングは、水が汚れなくなったタイミングで、もみ洗いしても水が濁らなくなれば、すすぎを終えても問題ないでしょう。脱水は、洗濯機を利用するのがおすすめですが、脱水の時間には注意する必要があります。

脱水の時間が長くなりすぎると、ビーズクッションの生地に負荷がかかってしまい、ちぎれてしまうことがあります。そのため、負荷がかかりすぎないように、短時間で終えるのがポイントです。乾燥については、陰干しがおすすめになっていて、日光に直接あててしまうと、素材が変形してしまう可能性がありますので、日光に直接あたるのは避けるのが無難です。

ビーズクッションのメンテナンス

ビーズクッションを洗濯する場合は大変です。そんなビーズクッションなので、できるだけ洗濯させないようにすることが重要です。ビーズクッションを汚れないようにするためには、まずクッションカバーを利用しましょう。クッションカバーを利用することによって、かなり汚れを防ぐことができます。

クッションカバーが汚れるぶんには、クッションカバーを洗濯すればよいだけなので、清潔な状態を保てます。さらに、臭いが気になってしまう場合には、消臭剤がおすすめです。

酷い臭いには対応することはできませんが、軽度の臭いならば消臭剤でも十分に効果を発揮してくれるはずです。また、ビーズクッションは、中身を新品に入れ替えることによって、品質を保てます。汚れや臭いなどが、酷い場合には、どうしても対応しきれないことがありますので、そのような場合には中身の交換を検討してみるのもよいでしょう。

汚れの応急措置

ビーズクッションの汚れは、洗濯機や手洗い以外でも、応急措置にて対応することができます。ジュースをこぼしてしまった場合には、拭き掃除用の洗剤を利用して部分的に対処することができますし、油汚れなどの場合は、メイク落としを利用することによって、部分的に対処できます。

このようなものがビーズクッションの洗濯方法になっていますので、それぞれの状況に応じて使い分けてみてはください。ビーズクッションは、なかなか洗濯するという発想が出てこないこともありますが、意外に汚れやすいのがビーズクッションなので、定期的に洗濯をしてみてはいかがでしょうか。

体に密着するアイテムなので、しっかりと洗濯をして清潔に保つことによって、肌トラブルなどを防ぐことができるはずです。自宅で洗えないものについては、プロのクリーニングを利用するのが無難だといえるでしょう。