テレビの液晶画面の掃除方法は?正しい拭き方と注意点

テレビ 観葉植物

テレビの液晶画面は、掃除方法を間違ってしまうと、テレビの寿命を縮めてしまったり、トラブルの原因になったりするので、しっかりと正しい液晶画面の掃除方法を把握しておきたいところです。

テレビの液晶画面は汚れを集めやすい

液晶テレビは、汚れを集めやすいといえるでしょう。テレビの液晶部分には、ほこりを集めてしまう、静電気が発生してしまいますので、知らず知らずのうちにほこりが溜まってしまうということがよくあります。

また、液晶画面は、常に映像が映っていることが多いので、汚れがついていることがわからないということもあるでしょう。同時に、手垢などの汚れが目立たない部分でもありますので、予想以上に汚れている場合があります。

液晶画面の掃除方法

次に液晶画面を綺麗にするための掃除方法を紹介します。液晶画面を掃除するためには、布やモップがあると便利です。布は、マイクロファイバークロスがあるなら、利用すると便利です。また、液晶画面を掃除する際の注意点として、洗剤は使わないようにしましょう。

洗剤を利用することによって、液晶画面の劣化を速めてしまうことがありますので、その分だけ早く寿命をむかえてしまいます。コーティングがはがれて、逆に掃除の回数が増えたりすることもありますので、基本的に洗剤を使わないのが無難です。液晶画面を掃除する時は、電源を落とします。

電源を落とさなければ、汚れを見ることができないので、綺麗になったかの確認が難しくなってしまいます。電源を切って、しっかりと汚れを確認し、汚れの部分だけを綺麗にしていくようにします。

また、ホコリは全体的についているかと思いますので、モップを利用して、ほこりを払っていきます。液晶画面を掃除する場合には、配線などについても確認しておきたいところで、配線にホコリが溜まってしまうと、火災の原因になることもありますので、防災の意味を込めて、一緒に掃除しておくべきです。

水拭きはやらない方がいい

テレビの液晶画面が手垢などで汚れてしまっている場合には、水拭きをしたくなるかもしれません。しかし、水拭きをすると、余計に汚れが目立ってしまう可能性があります。テレビの液晶画面を水拭きしてしまうと、水分が表面に残り、跡になってしまうことがあります。

これが汚れているように見えてしまうため、液晶画面の掃除には水は使わない方がよいです。また、どうしても乾拭きでは落とせない汚れがある場合には、部分的に水拭きをするのが無難です。そして、水拭きした後にはしっかりと乾拭きして、乾燥させるようにしてください。

さらに、アルコールスプレーを掃除に利用したいと思う人もいるかもしれません。しかし、アルコールスプレーを利用することで、テレビの液晶画面にトラブルが発生することがありますので、極力使わないのが無難だといえるでしょう。

このように、テレビの液晶を掃除する場合には、水拭きやアルコールなどが使えないので、洗剤などにこだわるというよりかは、布にこだわるのがおすすめです。

テレビ掃除用の布にこだわるなら、やはりマイクロファイバー製の商品を利用するのがよいでしょう。マイクロファイバーなら、キメの細かさによって、繊維が掃除後に残ってしまうことがありませんし、しっかりと汚れを落とすこともできます。

このようなものがテレビの液晶画面の掃除方法になっています。綺麗になるからと思ってやっていた水拭きや洗剤、アルコールスプレーなどがトラブルや汚れの原因になってしまいますので、マイクロファイバーなど布にこだわって、綺麗にするようにしてみるとよいでしょう。

せっかく、高解像度のテレビを利用していても、ほこりが溜まってしまうと画質が台無しになってしまうかもしれません。