鏡の掃除方法!キレイにする拭き方や汚れの予防方法は?

鏡 女性

鏡の掃除方法は、場所によって異なってきます。寝室にあるような鏡と洗面台、お風呂場にあるような鏡では、掃除方法が多少異なってきますので、それぞれの特徴を把握しておきたいところです。

浴室の鏡

浴室にある鏡は、一番汚れやすいといえるのではないでしょうか。浴室の鏡は、その他の場所にある鏡に比べて、汚れの内容が違ってきます。浴室の鏡を汚してしまう汚れは、石鹸カスなどもありますし、水垢がついてしまうこともあります。水垢などは、予想以上に頑固になってしまうこともありますので、意外に落とすのが大変なのが、浴室の鏡だといえるでしょう。

浴室の鏡の掃除は、酢を利用することによって、綺麗にすることができます。水垢や石鹸カスという汚れは、アルカリ性になっていますので、酸性の酢を利用することによって、綺麗にすることができます。

酢を利用する場合には、酢をスプレーボトルなどに入れて、水を混ぜて、スプレーを使って綺麗にするとよいでしょう。酢を吹きかけて、汚れに応じて時間をつけ置きさせれば綺麗にすることができます。

また、酢を使ってつけ置きをする場合には、ティッシュペーパーやラップを利用するのがおすすめで、こうすることによって、しっかりと汚れに酢を反応させることができます。

ティッシュペーパーなら、そのまま汚れをふき取るのに利用することができるので、手軽だといえるでしょう。一度で落ちない場合でも、繰り返しすることによって、汚れを落とすことができますので、何度か根気よく続けてみてください。

クエン酸

浴室の鏡については、クエン酸を利用することでも綺麗にすることができます。クエン酸についても、酢と同じ要領でクエン酸スプレーを作ってみてください。クエン酸モ酢も簡単に手に入るものになりますので、使い方を知っていれば便利です。

歯磨き粉

水垢が鏡の表面にこびりついてしまった場合、研磨成分が有効です。しかし、あまりに強い研磨成分が入ってしまうと傷ついてしまいます。そして、歯磨き粉は、適度な研磨成分が入っていますので、水垢を削り落とすことができます。少し頑固な水垢の場合は、歯磨き粉を利用して掃除するのもおすすめです。

浴室の鏡を汚さない

浴室の鏡は、汚さない工夫も必要です。浴室の鏡を汚さないようにするためには、水滴をこまめにふき取るのが大切です。浴室を使用した後にはしっかりと水滴をふき取り、さらに浴室の換気をしましょう。換気をすれば、再び、鏡に水滴がついてしまうのを防ぐことができますので、汚れになりにくいです。また、市販されている商品を利用して、鏡をコーティングする方法もあります。

定期的に鏡をコーティングすることによって、汚れがつきにくくなり、さらに鏡が曇りにくくなるので、使用する際にも便利です。

寝室などの鏡について

寝室などの鏡を掃除する場合には、新聞紙がおすすめです。寝室などの鏡が汚れてしまう原因は、油汚れが多いので、油汚れを吸着することができる新聞紙ならピッタリです。新聞紙を利用して鏡を掃除する方法は、とても簡単で、新聞紙を丸めた後に、少し水を含ませるだけで汚れをふき取れます。さらに、残った水分については、乾いた新聞紙を利用して、ふき取ればよいです。

とても簡単な工程で掃除をすることができますので、あまった新聞紙を使って掃除をしてみるとよいでしょう。

重曹を利用

寝室などの鏡掃除には重曹などを利用する方法もあります。重曹と水を混ぜて、それをキッチンペーパーなどに含ませて、鏡にはりつけます。こうすることによって、鏡の表面について汚れを取ることができますので、試してみるとよいでしょう。

普段の掃除

寝室の鏡は、普段の掃除も重要になってきます。鏡の基本の掃除は、拭き掃除になってきて、ホコリや水滴などを乾いた布を利用して、ふき取ってあげてください。布にも色々とありますが、マイクロファイバーを利用することによって、より綺麗に仕上げることができます。マイクロファイバーは、非常に繊維が細かくなっていますので、鏡について汚れを綺麗に取ることができます。

鏡を掃除している時に、布などが残ってしまうことがあります。これは繊維があらいからこそ、こうなってしまうので、細かい繊維のマイクロファイバーを利用することによって、綺麗にすることができます。

このようなものが鏡の掃除方法になっています。鏡の汚れは、浴室の鏡が汚れやすくなっていますので、浴室、洗面台など、水回りに近いものから、重点的に掃除をしてみてはいかがでしょうか。酢や重曹、クエン酸など普段から使っているものを利用して、手軽に綺麗にすることができますので、積極的にチャレンジしてみるとよいでしょう。

また、鏡を汚さないための習慣もつけていきたいところで、掃除するとなれば大変なので、日頃から手入れをしっかりとして、掃除に労力を使わないように生活の中で、工夫していきたいものです。