換気扇のレンジフードを掃除する方法!洗剤や重曹で油汚れが落ちる?

キッチン

レンジフードは、かなり汚れてしまうことが多いです。普段の掃除方法では汚れが取れないことも多いので、レンジフードだからこその掃除を知る必要があるのではないでしょうか。さらに、レンジフードの汚れも蓄積されることで、頑固になっていきますので、あまり掃除をしていない場合は、かなり苦労するかもしれません。

レンジフードの汚れ

レンジフードの汚れを掃除するなら、まず、汚れの性質を見極めるとよいでしょう。レンジフードの汚れは、油とホコリが主なものになっていて、通常の油ではなく、油が変質して頑固になったものです。料理をしていると、煙と共に油の成分がレンジフードに付着してしまいますので、少しずつ蓄積され、それが劣化することによって、汚れとなっていきます。

レンジフードの掃除

レンジフードの掃除は、汚れの状況に応じて異なってきますので、少しずつ利用する洗剤を強力にしていくとよいでしょう。まずは、一般的な掃除に利用するような汎用性の高い洗剤を使ってみるとよいでしょう。それでも落ちない場合は、さらに強力な洗剤を利用していきます。

また、洗剤を使って掃除をする場合のポイントとしては、洗剤をつけた後に、少し時間を置くことが重要になってきます。時間を置かずに掃除をしてしまうと、あまり汚れが分解されない状態でふき取ってしまうことになりますので、上手く落とせない可能性があります。

一般的な洗剤で落とせない場合には、アルカリ性の強力な洗剤を利用するのがおすすめです。アルカリ性の洗剤で強力なものならば、かなり頑固な汚れであっても対応することができるはずです。

重曹を利用

レンジフードの掃除をするなら、重曹が効果的な場合があります。重曹を水に溶かした重曹スプレーならば、自宅にあるもので手軽に掃除をすることができます。重曹スプレーは、水と重曹を混ぜて、スプレーボトルに入れるだけなので、すぐに作ることができます。

重曹スプレーを利用する場合には、直接汚れに吹きかけるのではなく、まずは固く絞った雑巾などにスプレーを吹きかけて、掃除をしていきます。また、ある程度頑固な汚れについては、重曹スプレーを直接吹きかけた後に、ラップなどを利用して、ある程度、つけ置きをします。

さらに、油汚れは常温では固まってしまっていることが多いので、ドライヤーを利用して、温風を当てます。数分程度温風を当てることによって、油汚れがやわらかくなりますので、これによって、汚れが落としやすくなります。重曹スプレーでのつけ置きに加えて、ドライヤーの温風を利用すれば、それなりの頑固な油汚れであっても、綺麗に落とすことができるはずです。

プロのクリーニング屋に任せる

一定以上酷くなってしまった汚れは、素直にクリーニング屋に頼むという方法もあります。クリーニング屋なら、手間をかけずに、綺麗にしてくれますので、余計な労力を使う必要がありません。レンジフードは、ある意味、プロに依頼する価値のある場所といえるでしょう。

レンジフードの清掃には分解が伴う可能性がありますので、プロに依頼することによって、より深部まで綺麗にすることができるはずです。分解が難しいタイプのレンジフードの場合、無理に分解することによって、壊してしまうこともありますので、その意味でもプロに依頼するのはおすすめです。

分解が必要な場合

レンジフードは、分解が必要な場合でも自分で掃除できる可能性があります。分解して掃除をするなら、どのような構造になっているか知っておく必要があるでしょう。まず、レンジフード本体の他に、整流版やフィルターといったものがあります。

これらは取り外した後に、丸洗いすることによって、綺麗になるでしょう。普通の中性洗剤を利用して、綺麗にすることができるはずなので、取り外して、洗いやすい状況を作ってあげましょう。次にファンもレンジフードにはつきものです。ファンの場合は、羽の内部に汚れがこびりついてしまっていることも多く、ほとんどが油汚れとほこりが混ざったものになっています。

これらの汚れを落とすためにはブラシなどが必要になってきますので、事前に用意しておきましょう。ファンについてもレンジフードの外側と同じで、アルカリ洗剤や重曹を利用することができます。また、ものによってはファンの取り外しが難しいものがありますので、無理に取り外さないようにすることも大切です。

レンジフードのお手入れ期間

レンジフードのお手入れをする期間ですが、1か月1回くらいが望ましいといわれています。1か月に1回と聞くと、多いと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、このくらいの期間ですることによって、レンジフードに汚れがこびりついてしまう前に綺麗にすることができますので、より簡単に掃除をすることができます。油汚れは、頑固になってしまうと、強烈な洗剤を利用しなければなりませんが、汚れが軽度のうちは、キッチンペーパーで軽くふき取ったくらいでも簡単に落ちてしまうのです。

そのため、油汚れを軽くふき取るくらいの気持ちで、定期的に掃除をしてみてはいかがでしょうか。少し頑固になった場合には、重曹スプレーなどを併用することができれば、簡単に綺麗にすることができるはずです。

このようなものがレンジフードの掃除方法になっていますので、汚れの状況に応じて、掃除をするようにしてみるとよいでしょう。レンジフードというのは、ついつい掃除を後回しにしてしまう場所です。さらに、掃除を後回しにすることによって、汚れが溜まってしまうことも多いので、意識的に定期的な掃除を心がけたいところではないでしょうか。

強烈なアルカリ性洗剤を利用しなくとも、重曹スプレーや一般的な洗剤でも汚れは落とせますので、普段の掃除で頑固に汚れてしまう前に綺麗にしておきたいところではないでしょうか。正月の大掃除に1回や半年に1回レンジフードの掃除をするというような家庭は、かなり汚れがこびりついてしまっている可能性が高いです。

キッチンペーパーを使って油をふき取るだけでも効果的なので、洗い物などの最中に汚れが気になったら、軽くふき取るなんて癖をつけるのもよいかもしれません。