喪服など礼服のクリーニング料金!相場や最適なクリーニング頻度とは

喪服の男女

普段着る機会が多い服に関しては、通常通り洗濯などで繰り返し清潔にして着ることがほとんどです。しかし、滅多に着る機会がない服に関しては頻繁に洗濯することもありませんし、なかには自力で洗濯せずにクリーニングに出した方がいいものもあります。なかでも「礼服」は特に着る頻度が低いことからお洗濯に出すペースもいろいろ悩むところです。

クリーニングやお手入れについて考えてみましょう

普段からクリーニングをよく利用されている方、そうでない方、色んな方がいらっしゃることでしょう。クリーニングに出すメリットとしてあげられるのは、自宅では落としきれない汚れもしっかりと落としてもらえること、特殊な薬液や機械を使うことで見えない汚れや菌まで取り除いてもらえることなど、自分ではケアしきれない手が届きにくいところまでしっかりケアしてもらえるという点です。

自宅で洗うと手間や時間がかかってしまう場合もあることや、お手入れ方法を間違ってしまうとせっかくのお洋服がダメになってしまうこともあるため、専門的な知識をもったお店に任せる方が安心できるという利点もあります。

もちろん一方でデメリットをあげるとするならば、やはり自宅で洗濯するよりもかなり費用がかかってしまうというところ。色んな方々や機械を通している分お金がかかってしまうことは仕方のないことですが、洋服の種類によっては購入する分に見合わない分が請求されてしまうなど割に合わないと感じてしまうこともあります。そのあたりをしっかりと見極めてクリーニングを依頼したいところです。

礼服や喪服の扱い方について

さて、では一般的にどういった服をクリーニング依頼すればいいのか。基本的にはどんな服でも構いませんが、普段着るような服をいちいちクリーニングに出していてはキリがありません。

多くの方が利用されるのは衣替えの際にコートやジャケットを出すという方が多いようです。その他にも季節もののスーツなど、しばらく着る機会が減ってしまうものにクリーニングへ出すというのがよく聞かれるでしょう。

なかでもさらに利用頻度が低いと思われるものが喪服・礼服です。年に一度あるかないか、でもなくてはならない大切な服。一着あたりの料金も数万円程度するものですからご家庭の洗濯で失敗してしまってはもったいないことになってしまいます。しかし一度着ただけだから放置、なんてことをしてしまうと怖いのが「カビ」です。

パッと見た感じは汚れなどが見えないため、一度着たぐらいで洗濯したりクリーニングへ出すなんて面倒。お金ももったいないし、なんて考えてしまう方は多いようです。確かに一度着たぐらいじゃそんなに酷い汚れはつかないでしょう。ところがその「見えないところ」にも人間の皮脂や汗などしっかり汚れがついてしまうこともあるのです。

それが夏場であるなど汗をかく機会が多い時だったらどうでしょう。思った以上に服は水分を含んでしまいます。そして保管する場所が湿度が高く、カビが繁殖しやすい条件をいくつかクリアしていたとしたら。おそらく高確率でカビが生えてしまいます。食べ物だけでなく衣服にカビがはえることはそう珍しいことではないのです。

礼服や喪服のクリーニング、料金相場は?

先ほどもお話したように、礼服や喪服は一般的なスーツなどより少しお値段が高めに設定されているものです。生地もしっかりしているものも多く、きちんとした作りであったりブランドのものになると更にその値段は上がっていきます。だからこそお手入れに失敗してしまうとせっかくの生地も台無しにしてしまいかねません。

喪服や礼服はご自身で洗濯することは不可というわけではありませんが、やはり難しいものであるのは確かなようです。そこでしっかりと洗濯してくれるクリーニングを利用するのがおすすめ。気になるお値段の相場についてお話していきましょう。

多くのお店において、男性用のスーツなど普段お仕事できる機会の多いものに関しては上下合わせて1,000円前後というのが一番多いラインになります。礼服や喪服に関してはここからさらに500円〜1,500円プラスされることが多く、2,000円前後ほどになることが多いようです。

大体基本的な料金から1,000円ほどプラスされると見ていいでしょう。もちろんお店やサービスによって多少の変動はありますが、相場としてはこのあたりの価格が一般的であるというのが大方です。この価格を見ているだけでも自宅で洗濯することの難しさがなんとなく想像できるのではないでしょうか。

喪服や礼服はどれくらいの頻度でクリーニングするべき?

お値段に関しては大体イメージできましたが、ではどれくらいの頻度でクリーニングにだせばいいのでしょうか?結論から言うと着るたびにクリーニングする、というのが一番おすすめです。先ほどもお話しましたように、人間は常に汗をかいたり皮脂というものが存在している以上見えない汚れが服についてしまうものです。

着る頻度が少なければ少ないほど風に当たる機会も少なくなりますので、カビが生えやすい状態を作ってしまいやすいのです。もちろん定期的に干したりお手入れできるのであればそれが一番なのですが、ほとんどの方はついうっかり忘れてしまったり、いざ着ようと思った時にはじめてカビに気づくなんてことが多いのです。

それをできるだけ避けるためにも、着た後はきちんとキレイな状態で保存しておくことがおすすめです。礼服や喪服のクリーニングの場合は、単純なクリーニングだけでなく防カビ加工や防虫加工をほどこしてくれるなど、何かと手間がかかることも多いです。

こういった特別な加工も含んでの金額となること、保管に最適な状態にしてもらえることを考えれば使うたびにクリーニングに出すというのは決して高い買い物ではないと言えます。

カビが生えてしまってそれを取り除くというのは、いざというときに慌ただしく難しいです。普段からきちんと保管しておくこと、本当に必要なときにすぐ着られるようにしておくことを考えると毎回の頻度でクリーニングに出すのはベストでしょう。

常に清潔な状態を保つことが大切です

喪服や礼服は定期的なお手入れという意味では、普段あまり必要のないものです。ですが、大事な場面で使用することがほとんどであるため、どんな時でも良い状態にしておくことが最低限要求される服でもあります。

高級なものだけに限らず安くで購入したものに関しても、普段からできるだけ清潔な状態を保てるよう定期的にチェックしておくことは大切です。クリーニング店によってはさまざまな加工をオプションとしてつけてくれるところもありますので、そういったところもチェックしてみながらお店探しに役立ててみてはいかがでしょうか。

大体クリーニングの日数としては数日、もしくは一週間程度かかるといわれています。すぐに必要になるということはあまりないかもしれませんが、できれば落ち着いた時を見計らって出しておくことをおすすめします。

いざ必要な時に用意できなくなってしまうのも困りものですので、常に備えておく気持ちを決して忘れないようにしましょう。クリーニングに出す際はどれぐらいかかるのか、料金や仕上がりについてなどもきちんと確認しておいてから出すことで安心できます。他のお店とも比較しながら一番良い状態を保つ工夫をしていきましょう。