トイレブラシのおすすめな選び方は?種類や清潔にするコツ

トイレブラシ

トイレを掃除する時には、トイレブラシは必需品だといえるでしょう。トイレブラシは、トイレ掃除にあわせて、相性の良いものを選ぶことで、掃除の効率が高まったり、より清潔にできたりするので、しっかりと選びたいところではないでしょうか。今回は、トイレブラシの選び方について紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

トイレブラシのタイプ

トイレブラシには、2つのタイプがあることをご存知でしょうか。トイレブラシは、ブラシタイプとスポンジタイプの2種類があって、ブラシタイプは、洗浄力が高くなっています。ブラシに力が入りやすいので、その分だけ頑固な汚れであってもごしごしと磨き落とすことができます。また、ブラシタイプは内部に水を貯め込みにくいので、衛生的だともいえます。

ブラシタイプなら、利用した後にすぐに乾いて、清潔を保つことができるでしょう。次にスポンジタイプは、便器を優しく洗うことができます。ブラシタイプのほどの洗浄力はありませんが、便器を傷つけることがありませんので、安心して掃除をすることができます。

また、スポンジタイプは、水を吸着してしまうので、しっかりと水切りしなければ、乾燥せずに不衛生です。使った後の手入れをよりしっかりと行いたいのがスポンジタイプだといえるでしょう。

トイレブラシの選び方

トイレブラシを選ぶのならば、いくつかのポイントにそって選びたいところです。まず、掃除の頻度が重要なポイントになってきます。掃除の頻度が多い場合は、汚れがこびりつきやすいので、ブラシタイプのような洗浄力の強いブラシが必要になってきます。

逆に掃除の頻度が多い場合には、スポンジタイプでも難なく汚れを落とすことができるので、掃除をしやすいスポンジタイプの方がおすすめです。

また、スポンジタイプとブラシタイプを比べると、ブラシタイプの方が耐久力があります。頻繁に買い替えたくない場合には、ブラシタイプをチョイスするのがよいでしょう。また、使い捨て感覚で利用したいのならば、スポンジタイプを利用する方法もあります。さらに、トイレの形状にあわせてブラシを選ぶというのも重要なポイントになってきます。

また、トイレのどこを重点的に掃除したいかによっても異なってくるでしょう。トイレのフチを重点的に掃除をしたいなら、先端がとがったものがおすすめだといえるでしょう。逆にトイレをまんべんなく効率的に掃除をしたいなら丸型のブラシを利用するのがおすすめです。しかし、丸型のブラシだとフチの掃除が難しくなってくるので、2種類用意しておくのが綺麗にするポイントです。

大きいブラシは小回りが利かないですが、その分だけ効率的に掃除をできます。小さいブラシは、この逆で、小回りが利く分、掃除する範囲は狭くなります。このようなものもブラシ選びのポイントになってきますので、一度、家庭のトイレの形を思い浮かべて、購入を検討してみるのがよいでしょう。

このようなものがトイレブラシの選び方になっています。トイレブラシをしっかりと選ぶことができれば、掃除を効率的に行うことができるようになりますので、積極的に選んでいきたいところでしょう。また、市販されている商品の中には、丸型ととがったタイプのブラシが合わさったものもあり、このようなものを利用すれば、より効率的に掃除をすることができます。

掃除を終わった後の衛生面もブラシ選びでは重要になってきますので、その点についても踏まえてみてください。せっかくトレイが綺麗になったのに、ブラシに雑菌が繁殖してしまうと、掃除の意味がなくなってしまいますので、トイレだけではなく、ブラシも清潔に保っておきたいところでしょう。