油汚れの洗濯方法は?洋服についた油染みをキレイに落とすには

手洗い

油汚れというのは、日常生活の中で、避けられない汚れだといえるでしょう。料理を作っている際についてしまうこともありますし、食べている時につくこともあります。また、何らかの作業をやっている時につくこともあり、色々な場面で不意についてしまうことがあるのです。

洋服についた油染みを落とす

洋服についてしまった油染みを落とす方法は、台所用洗剤を利用する方法があります。台所用洗剤というのは、油汚れを落とすのに特化した洗剤だといえるでしょう。特に、食品の油汚れなどについては、しっかりと落とすことができますので、衣類に油染みがついてしまったら、できるだけ早く対策をするようにしてください。

台所用洗剤を利用して、油染みを落とすなら、洗濯の前のひと手間として利用するのがおすすめです。洗濯の前に、油染みが気になる場所に、台所用洗剤を塗り込むことによって、綺麗にすることができます。後は、普通に洗濯をするだけなので、とても手軽な方法だといえるでしょう。

作業着などについてしまった油染み

油染みといっても、その程度は、衣類によって様々です。場合によっては作業着などに油染みがついてしまうこともあるでしょう。作業着の油染みは、機械用のオイルなどがついてしまうこともありますので、より厄介だといえるでしょう。

作業着が丈夫なら、熱湯を使った洗濯方法もあります。80度くらいのお湯に洗濯洗剤を溶かして、つけ置き洗いをするというものです。これは、丈夫な衣類だからこそ可能な洗濯方法で、ある程度ダメージを受けてもよい衣類なども該当するでしょう。

また、料理などによって付着してしまう油染みとは違い、頑固なことが多いので、完全に取ろうと思わないことも大切になっています。熱湯で、つけ置き洗いをして、その後に普通に洗濯をすることにより、汚れをある程度、落とすことができます。

クレンジングオイルで油染みを取る

化粧品を利用することによっても油染みを解消することができます。クレンジングオイルを利用するのが一般的で、シミ抜きの中でも油染みに効果的な方法です。クレンジングオイルを利用する際には、洗濯前に利用するのがよいでしょう。

シミの部分に直接クレンジングオイルを使って、歯ブラシなどを利用して、叩きます。軽く叩きシミをタオルなどに移すイメージでやっていきます。クレンジングオイルによって、油染みが浮いていますので、ある程度叩いたら、ぬるま湯を利用して、もむように洗っていきます。

クレンジングオイルは、油汚れにしっかりと反応してくれますので、軽い程度の汚れなら落とすことができるでしょう。後は、普通に洗濯するだけで綺麗にすることができますので、洗濯機で仕上げます。

油染みはできるだけ早く対処する

油染みを落とす際に重要になってくるのが、できるだけ早く対応するというものです。基本的には洗濯前にシミの部分を処理して、普通に洗濯をするという手順になります。

素早く対応すればするだけ、油染みを簡単に落とすことができますので、洗濯かごに放置しておくのではなく、手早く処理をするとよいでしょう。子供は、油染みが残った状態で、洗濯かごに洗濯物を放り込んでしまうことがありますので、定期的にチェックして、できるだけ早く対応したいものです。

洗濯はお湯でする

油汚れは、少し温度の高いお湯で洗濯した方が落としやすくなります。あまり温度を高くしてしまうと衣類へのダメージが心配なので、40~50度くらいが目安になってくるでしょう。

また、同時に酸素系の漂白剤を利用するという方法もあります。酸素系の漂白剤は、40度くらいのお湯で利用することによって、より洗浄力を発揮してくれるので、お湯で洗濯する方法と相性がよいといえるでしょう。また、洗剤を利用する場合には、弱アルカリ性の洗剤が油汚れとは相性がよくなっています。

弱アルカリ性の洗剤は、一般家庭でついてしまう油染みに対しては、大体効果がありますので、油汚れを洗濯するように用意しておくのがよいでしょう。最近は、おしゃれ着用の中性洗剤を利用する家庭が増えたので、それとは別に弱アルカリ性洗剤を用意しておくと、色々と使い分けられて便利です。

このようなものが洋服についてしまった油染みを落とすための方法になっています。弱アルカリ性の洗剤を利用する方法もありますが、クレンジングオイルなど、家庭にあるアイテムを利用して手軽に落とすこともできます。

また、台所用洗剤を利用することでも油染みを解消することができますので、積極的に取り組んでみてください。油汚れは、お湯を利用したりと、特定の状況で落としやすくなりますので、油染み用の洗濯方法を覚えることも重要になってくるでしょう。

油染みは、普通に生活しているだけでもついてしまう汚れになっていますので、汚れがついてしまった時に素早く対処するための予備知識が重要になってくるのではないでしょうか。