押し入れのカビを取り除く方法は?湿気が多い家の注意点や予防方法

押し入れのカビは、一度できてしまうと厄介です。住まいの価値を下げる原因にもなってしまうため、しっかりと予防したいところではないでしょうか。また、一度できてしまった押し入れのカビを取り除く方法についても紹介していきます。

押し入れにカビが発生してしまったら

押し入れにカビが発生してしまった場合には、まず押し入れのものを取り出します。そして、押し入れ全体の掃除をすることから始めます。さらにカビが増殖してしまわないために、カビの原因になる押し入れ内の汚れをしっかりと掃除することが大切です。

また、押し入れに湿気がこもっている状態では、カビが発生しやすくなってしまいますので、しっかりと湿気を取り除いた後に掃除をするのがポイントです。

カビを除去する

押し入れのカビを除去するためには、漂白剤を利用するのがおすすめです。しかし、強力な塩素系漂白剤を利用してしまうと、カビだけではなく、押し入れの壁までダメージを与えてしまいますので、よほど酷い場合の除き、避けるのが無難だといえるでしょう。

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤に比べて、汚れの落ちは悪くなりますが、壁を保護しながら掃除をすることができますので、壁へのダメージを防ぐことができます。そのため、まずは酸素系漂白剤を利用して、掃除をするのが無難だといえるのではないでしょうか。

また、漂白剤は、身体への刺激が強いので、手袋やマスクなどを利用するのがおすすめです。酸素系漂白剤を利用する場合には、カビにしっかりと効果を発揮させるために、粉石鹸と水などを混ぜて、カビが発生した場所に酸素系漂白剤の成分がしっかりと固定されるようにします。

この状態を作り、汚れに応じた時間を放置しておきます。酸素系漂白剤の場合は、ある程度の時間であれば、放置しておいても問題ありませんので、汚れが酷い場合には、長時間放置してみてはいかがでしょうか。

カビを除去することができたら、最後はアルコールスプレーを利用して、再びカビが生えないような処理をします。酸素系漂白剤を利用する場合は、このような手順でカビを掃除することができます。

カビを防止する

押し入れのカビは、掃除するというよりかは、予防する方が大切です。カビの予防方法を組み合わせて実施することができれば、大変なカビ掃除を防ぐことができるでしょう。まず、カビの原因は湿気でもあります。そのため、定期的に湿気を逃がしてあげることが非常に重要です。

これを行うだけでも、かなり効果は違いますので、積極的に湿気を逃がしてあげてください。湿気を逃がす方法は色々あって、まずは風通しをよくすることです。風通しがよければ、湿気が溜まりにくいので、その分だけカビが生えにくくなるでしょう。また、換気をしっかりとしても風の通り道がなければ、湿気は逃げてくれないので、押し入れに入れるものを調整するのも大切です。

押し入れに収納する時には、しっかりと風の通り道を意識して入れるようにしましょう。また、荷物の下の部分は、どうしても空気の通り道になりにくいので、すのこなどを利用して、下にも空気が通るようにしてあげる方法もあります。さらに、定期的に押し入れ掃除をすることも大切です。押し入れ掃除を怠っていると、押し入れにほこりが溜まってきます。

このほこりが、カビの原因になったりすることもありますので、これらのほこりを定期的に除去することが大切なのです。また、衣類を直接押し入れに入れている場合には、どうしてもほこりが発生しやすくなってしまいます。このような場合には、ケースなどに入れることによって、ほこりの発生を抑えることができます。

最後は、湿気を除去するためのアイテムを利用する方法もあります。市販されているものを利用してもよいですし、重曹を利用した湿気取りを自作してみるのもよいでしょう。重曹を瓶に入れて、押し入れに置いておくだけで、湿気だけではなく、臭いなどについても除去してくれますので、積極的にやってみるとよいでしょう。

また、カビはできるだけ早期に発見して対応したいものです。早期に発見することができれば、アルコールスプレーなどでも対応することができますので、面倒な掃除をする必要がありません。定期的にカビが生えていないか点検する癖をつければ、カビの予防にも繋がっていくでしょう。

DIYでカビを除去

少し大がかりになってしまいますが、DIYでカビを除去することもできます。この方法は、普通の掃除では取り除くことが難しくなってしまったカビにおすすめです。まずは、木材に付着してしまったカビについては、ヤスリで削ってしまう方法もあります。サンドペーパーなどを利用して、カビの部分を擦っていけば、カビの部分だけを落とすことができるはずです。

さらに、壁紙を張り替えるという方法もあります。壁紙の場合、塩素系漂白剤などを利用してしまうと、色が落ちてしまう可能性が高いので、塩素系を利用するなら、壁紙を取り替えた方がよいです。部分的に補修すると、継ぎ目が気になってしまいますが、押し入れの中なのでそれほど目立ちません。

部分的に補修するくらいなら、壁紙の張替えは予想以上に簡単なので、市販されている補修用アイテムなどを利用しながら、チャレンジしてみるとよいでしょう。

このようなものが押し入れに発生してしまったカビを取り除く方法になっています。カビは一度生えてしまうと、掃除が大がかりになってしまいがちなので、できることなら予防で対策したいものです。また、カビが生えてしまった場合にも、できるだけ早く対処することによって、それほど大がかりな掃除をする必要がなくなります。

カビの予防は、湿気をしっかりと取り除くことが最重要で、それに加えて、カビのエサになってしまうほこりなどを定期的に掃除することが大切です。簡単に手に入る重曹を利用して、湿気を取り除く方法もありますので、色々と工夫してカビを生えないような環境を作ってみましょう。

押し入れにカビが生えてしまうと、住まいの価値まで下がってしまう可能性がありますので、定期的に点検してメンテナンスしていきたいところではないでしょうか。