ポリエステルのシワを簡単に取るには?伸ばし方や予防方法

ポリエステル

ポリエステルは、多くの衣類に使われている素材です。しかし、ポリエステルの衣類を使っているとシワになってしまうことがあります。ポリエステルは、シワになりにくい素材なのですが、全くシワにならないというわけではなく、ポリエステルのシワを伸ばす方法を把握しておくことによって、スムーズに元の状態に戻せるはずです。

ポリエステルのシワを伸ばす

ポリエステルのシワを伸ばす方法は、いくつかあります。ひとつが、一般的なアイロンがけです。アイロンがけをすることができれば、簡単にシワを伸ばせますので、ぜひチャレンジしてみてください。しかし、ポリエステルにアイロンをかける際には、熱に弱いという部分を知っておく必要があります。

温度が高い状態でアイロンをかけてしまうと、ポリエステルがダメージを受けてしまう可能性がありますので、十分に注意するようにしましょう。ポリエステルにアイロンをかける際には、温度を中程度にするのがおすすめで、中程度にして、さらにあて布をすれば、熱によるダメージを最小限におさえつつ綺麗な状態にすることができるでしょう。

また、アイロンをかける際には、なるべく手早くかけるようにしましょう。中程度の温度であっても、長時間、アイロンをかけてしまうと、それだけダメージが蓄積されてしまいます。

濡らすだけでもシワは伸びる

ポリエステルのシワは、ある程度、しっかりとついてしまっているなら、アイロンを利用するのがおすすめです。しかし、軽度のシワであれば、濡らすだけでもシワを伸ばすことができます。ハンガーにかけた状態で、霧吹きなどで少し濡らすことによって、少しずつ、シワが伸びていきます。

この方法は、シワが伸びるまでにある程度の時間が必要になってきますので、何日か使わないような衣類の場合には、少し濡らしてシワを伸ばしてみるのもよいでしょう。

ただし、しっかりと衣類にあわせたハンガーを用意する必要があって、ハンガーの形が悪ければ、変な癖がついてしまう可能性があります。こちらの方法は、時間はかかってしまいますが、霧吹きなどで少し濡らす程度なので、簡単にシワを伸ばすことができる方法です。

洗濯をするだけでもシワは伸びる

ポリエステルは、元々、シワになりにくい衣類だといえます。そのため、しっかりとした洗濯方法をしておけば、シワになることは少ないです。正しい洗濯方法を把握することも、ポリエステルのシワの予防には必要になってくるのではないでしょうか。また、ある程度のシワは、洗濯でリセットすることができますので、意識的に洗濯をしてみるのもよいでしょう。

まず、ポリエステルのシワを伸ばすためには、柔軟剤を利用した方がよいです。柔軟剤には、ポリエステルをやわらかくする効果がありますので、それだけでシワになりにくいです。また、脱水の時間を工夫する方法もあります。あまりに脱水時間が長くなってしまうと、どうしてもシワになってしまいますので、手早く脱水してシワになるのを防ぐことも重要です。

ポイントは、半分乾いた状態で、干した時に半分乾いていることによって、水分の重みでシワを伸ばす効果が発生します。脱水による強い圧力をかけて、シワにしてしまうよりは、半分乾いた状態で取り出してしまう方が、色々な面でメリットが大きいので、実践してみるとよいでしょう。さらに、ポリエステルをシワにしたくないなら、乾燥させる時にも一工夫しましょう。

干す時に軽くたたいてシワを伸ばすことによって、ポリエステルのシワが伸びてくれます。ポリエステルは、熱には弱いですが、基本的には丈夫な素材になっていますので、多少、叩いたり、引っ張ったりして伸ばしても、問題ありません。

このようにポリエステルは、洗濯を少し工夫することによって、シワになりにくい状態を保つことができるので、積極的に取り組んでみるとよいでしょう。

ポリエステルは手間のかからない衣類

ポリエステルのシワ取りを通じて、わかることは、ポリエステルが手間がかからない衣類であるということです。ポリエステルは、普通に洗濯をすることによって、シワが伸びるようになっていますので、繰り返し使うのには向いています。逆にシワになってしまうということは、何か使い方が間違っている可能性がありますので、普段の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

シワになるような着用をしていたり、ハンガーへのかけ方が悪くてシワになることもあるでしょう。また、脱水が長すぎてもシワになることはありますので、洗濯方法を見直してみるのもよいかもしれません。ポリエステルの衣類は、洗濯でシワを取るのがおすすめで、元々、シワになりにくい素材なので、定期的な洗濯の際にシワを取ることができれば、非常に効率的です。

洗濯する際のコツも、ちょっとしたポイントを把握するだけなので、ポリエステルの衣類をよく着用する方は、ぜひ洗濯方法を今一度確認してみてはいかがでしょうか。