服の洗濯表示マークって?衣類など洗濯物の取扱い絵表示の意味一覧

品質表示マーク

洗濯をする際、必ずチェックしたいのが洗濯表示マークです。この洗濯表示マークは衣服を洗う際、適切な温度や洗い方を教えてくれる大事な情報でもあります。実はこのマーク、2016年12月から新しい表記のものへと変更されるようになり、今までとはまた少し違った表記になっています。まだまだ見慣れないマークのためよくわからない、基本的にはどういう指示があるの?という方に少しだけ詳しくお話していきたいと思います。

洗濯表示をチェックする習慣を付けましょう

普段何気なく着ている服のタグ。じっくりまじまじと眺めたことがある方もいれば、あまり気にせずそのままなんとなく洗濯している方など色んな方がいらっしゃるでしょう。とても何気ないマークなのですが、実はこれを間違えてしまうことでせっかくのお洋服が台無しになってしまうことがあります。

ほとんどの場合は買い替えればいいや、で済みますが、ちょっと大事なお洋服や思い入れがあるというものの場合、それだけでは済まされないこともあるでしょう。普段から洗濯表示をチェックしてから洗濯する、という習慣を身につけることは大切なことです。

子どもの頃、学校の授業のなかで洗濯表示のマークをお勉強された方がほとんどのため、大体はどういうマークでどういう意味があるというのは理解している方も多いかもしれません。しかし今となっては正確に把握できていない、という方も少なくありません。

それよりも、実は2016年12月よりこの洗濯表示のマークが新しい表記へ変更されることが決まり随時移行されています。ですから今まで見慣れた洗濯表示マークではないものが表記されていることもあるなど、あらためて正しい意味を理解するチャンスが到来したと言ってもいいでしょう。

基本的には従来のものと似たものも多いので、それほど混乱するということはありません。まずはそのマークの一覧について少しだけ詳しくお話していきましょう。

洗濯表示マークの意味を知りましょう

洗濯表示マークが今までのものから変更されるようになった経緯は、ファッションのグローバル化が理由と言われています。国内外の表示を統一化することによって、多くの方が見やすく衣服を取り扱いやすくすることが目的のひとつになっています。

今までは22種類だけでしたが、新しい基準になってからは41種類と倍近くの数字になりました。より細かく表示されるようになったことで、情報量も多くなっているのが特長です。

基本的には難しく考える必要はなく「ベースとなる5つの基本記号」そして「付加記号」を組み合わせたもので構成されています。まずはその「ベースとなる5つの基本記号」を覚えていきましょう。

「ベースとなる5つの基本記号」

タグにはまず5つの記号が並んでいます。それを左端から順に解説していきましょう。

家庭における洗濯の仕方

洗濯マーク
バケツに水が注いだようなこのマークは、家庭における洗濯の際の指示を表すものとなっています。どういった温度や強さで洗えばいいのか、という付加記号がついています。例えば30であれば、家庭洗濯における洗濯液の上弦温度は30度であることがわかります。

さらにその下に何本かのラインがつくこともあります。これも付加記号で、線が増えるほどその作用が弱くなるということ。2本のラインが入っているものは非常に弱いものですので、扱いには注意しましょう。何も入っていない場合は通常の強さという認識で構いません。

漂白の仕方

漂白マーク
続いて三角のマーク、こちらは漂白に関しての指示です。汚れが強いものや気になる時に漂白剤を使います。塩素系のもの、および酸素系漂白剤がありますがそれらが使用できない素材のものもなかにはあります。

この場合は三角のマークに「×」がついているので、その場合は漂白剤は使用禁止となります。うっかり色落ちしてしまった、というケースはこの漂白が使用禁止の場合が多いですので、事前に必ずチェックするようにしましょう。

乾燥の仕方

乾燥マーク
次は四角のマーク、これは乾燥の方法についての指示になります。洗濯をしたらお日様をいっぱいに浴びさせて乾かす、といきたいところですがなかには直射日光が不可のものもあります。その場合は日陰のつり干しにすること、と指示されていますのでそれに従いましょう。

日にあててしまうことで色あせてしまったり生地をダメにしてしまうことがありますので、必ずその指示に従ってください。その服によって適切な干し方がある、ということを覚えておいてください。

アイロンのかけ方

アイロンマーク
4つめはアイロンのかけ方についての指示です。アイロンのマークが表記されているのですぐに連想できるでしょう。以前は高・中・低と表記されていましたが、新しいものは点で表記されるようになりました。「・」は一番低い温度、「・・」は中の温度、「・・・」は一番高温となっています。

先ほどの洗濯の仕方についてはラインで表記されていましたが、こちらは点で表記されるようになっています。どちらがどちらの温度であるか、ということを頭に入れておけばそれほど混乱しないでしょう。ぜひ覚えておいてください。

クリーニングの種類

クリーニングマーク
最後の5つ目は、クリーニングの種類についての指示になります。記号としては「○」こちらはご家庭の洗濯というよりも、クリーニングに出す際の表記となります。アルファベットが「○」のなかに表記されているのですが、例えばこのなかに「F」という付加記号がついていた場合は石油系用剤によるドライクリーニングが可能であるという印になります。

他にも「W」という表記がありますが、こちらはウェットクリーニングという、クリーニング店の特殊な技術で行うものになります。一般的なご家庭での洗濯では使われませんので、参考程度に覚えておくのがいいでしょう。

以上のようにこの5つで構成されています。ひとつずつお話してきたなかでもご紹介したように、数字や線、点などでそれぞれの付加記号を組み合わせてその洗濯における最適な指示となっています。この他にもたくさんありますが、まずはこれだけを覚えておけばなんとかなりますので是非洗濯の際は一度確認してみてください。

洗濯表表示の「F」や「P」のマークの意味は?家で洗える?

2018.10.25

以前より分かりやすくなったもの、間違えやすいもの

基本的には分かりやすさを重視されているものですが、従来のものに慣れてしまっているとつい間違えてしまいがちなこともあります。たとえば漂白について、塩素系漂白剤は禁止の場合でも漂白剤の使用が可能なこともあります。

酸素系漂白剤との違いがあるため、漂白の選択肢が広がったということを思うと、とても便利になったのではないでしょうか。また、表記については以前は「推奨」でしたが新しいものは「上限」です。それを超えないようにすること、その範囲のなかで洗濯することが大切になります。

逆に間違えやすい、勘違いしやすい表記もあります。クリーニングの表記はあくまでもそのやり方でもいいよ、というものであるため家庭で洗濯することができるものもあります。

ですのでまずはそれを見極められるようにたくさんの表記を見比べ、何が適切であることを知ることからはじめてみましょう。最初はなかなか慣れないかもしれませんが、段々とやりやすさも感じられるようになりますのでしばらくはゆっくりチェックしながら洗濯してみましょう。

洗濯表示を正しく覚えればあなたも洗濯マスター

ここまでお話してきたなかでは、基本的に今までよりも洗濯の仕方が難しくなるというわけではない、ということがお分かりのはずです。今までとは少しだけ設定の仕方が違うだけで、大きな変化があるわけではありません。ただ、温度の設定の仕方について上限や推奨というわずかな違いがありますので少しだけ細かな認識を改める必要があります。

細かい情報については消費者庁のホームページをみると分かりやすく表記されています。覚えられないうちはリンクしておくなど、すぐに確認できるようにしておくといいかもしれません。印刷してみやすいところに貼っておくのもいいでしょう。

長い間従来の表示に慣れていたこともありますが、洗濯していくうちに覚えられますのでそれほど神経質になる必要はありません。クリーニングを利用されるなど、洗濯はさまざまな方法を選ぶことができます。しかし圧倒的に利用する機会が多いのは、ご家庭での洗濯です。

ちょっとしたミスでせっかくの服が台無しになってしまった、なんてご経験は誰にでもあることでしょう。ですが、正しい表記を知ることでそういったミスを回避することが出来るようになります。しっかりとチェックして洗濯マスターを目指してみましょう。