ドレスのクリーニング料金はどれくらい?日数や手入れの仕方をチェック

ドレス

ドレスなど華やかな装いは見ているだけで心が晴れやかになるなど、まわりに与える印象はとても良いものです。その華やかなドレスもちょっとした汚れが見えてしまったらどうでしょうか?せっかくのきれいな装いもちょっと魅力が半減してしまうような気がしませんか?せっかくのキレイなドレスもちゃんとお手入れしなければ台無し。そこでドレスのクリーニングについて少し考えてみましょう。

ドレスのお手入れはどんなことを意識すればいい?

結婚式やちょっとしたパーティーなど、普段なかなか着る機会が少ないドレス。最近は高価なものだけでなく、比較的手頃な値段で手に入れられる機会も増えてくるなど、華やかだけれども派手すぎない気軽に身につけられるものも多くなりました。

しかしドレスに使用されているフリルやビーズなど、装飾に気をつけて洗濯しなければ生地が台無しになってしまうこと。柔らかい素材でできているなど、お手入れ方法が難しいものも多いため、実は自宅で洗濯するのが大変なものも少なくありません。

せっかく手に入れたドレスが色落ちしてしまったり変形してしまったら、残念な気持ちになってしまいますよね?そうならないためにはやっぱり正しいお手入れでドレスの汚れを取り除くのが一番です。

結論から言うと、家庭での洗濯はあまりおすすめできないでしょう。もちろんなかにはきちんとした方法で行っていれば、しっかりお洗濯できるものもあります。ですがそういったことに詳しくない、不安である、という場合はクリーニング店へ持っていってお願いするのがおすすめです。

しかし一般的なイメージとして「ドレスってそんなに着ることもないし、一度着たぐらいじゃ汚れがつかない」と思っている方も多いのではないでしょうか?確かに、数時間しか着ていなかったり冷暖房設備が整っているなど極端に汗をかいたりすることもないからそんなに汚れるイメージがないと思うのも普通です。

まあ、次に着た時にでも洗濯してもらえればいいか、と思っている方はちょっと待ってください。それはあくまでも目に見えている範囲での話。人間は常に汗をかいていますし、皮脂もあります。空気中に漂うホコリは決してきれいなものではありません。繊維にしみ込んだ汚れはやがて時間がたつことで、黄ばみや汚れの原因となってしまうのです。

とくにドレスの場合は白っぽい色合いのものも多いため、時間が経ってしまうとその汚れが更に目立ちやすくなります。ドレスに限らず白いシャツが「襟元が黄ばんでしまってる」というのを目にしたことがある方も多いでしょう。

それはこういったことが理由になっています。感覚として汗をかいている感じがなかったとしても、人間は常に何かを分泌している生き物です。一度着たら必ずクリーニングすること、これを忘れないでください。

ドレスのクリーニングは費用・日数、どれくらいかかるもの?

さて、いざドレスをクリーニングに出すとなると気になるのがお値段のことです。あくまでも一般的な相場の話としてですが、大体最低でも1,000円ほどはかかると見ていいでしょう。

ドレスの素材の種類や汚れ具合、さまざまなオプションによって価格の変動があるためなかにはブランド品で一番良い加工でお願いするというものの場合、一万円近くかかってしまうということもあります。

ヘタをすれば服を買うのと同じぐらいかかることもありますので、その場合は色々とお店を調べてみて予算に合うところを探してみるのも手です。高いから必ず望んでいる加工をしてくれるとは限りませんので、どういった内容であるかを事前にチェックしておくことをおすすめします。

また、ドレスの場合は普通のクリーニングより少し時間がかかってしまうことも多いためおよそ一週間程度はクリーニングに時間を要すると見ておく方が安心です。なかなかないことかもしれませんが、短い頻度でパーティーなどへ出席するなど、すぐさま必要になるという場合は着終わった後すぐにクリーニングに出すなど迅速に行動することがおすすめです。

基本的にはそんなに短い間隔で着用する機会は少ないと思いますので、大体はそれぐらいかかるということを頭の片隅に置いておくといいでしょう。使用するまでの期間というよりも、できるだけ服の素材に汚れをしみ込ませないようにすること。こちらを意識する方がおすすめです。

普段から風通しをよくするなど工夫を

クリーニングに関しては基本的にお店にお任せするだけですが、そのあとのお手入れもできるだけ意識してみてください。クリーニングから戻ってきたらそれで終わり、とタンスやクローゼットにしまい込んで満足してしまってはいけません。定期的に服を取り出して風通しをよくしてあげるなど、湿気がこもらないようにしておくことも忘れないでください。

よく誤解されている方がいるのですが、クリーニングからかえってきた時はビニールの袋などに覆われていることが多いはず。そしてこのままの状態で保管している方も少なくありません。しかしあくまでもこれは、お店においておく時にホコリがかからないようにしているだけなので、保管する時には全く不向きなのです。

通気性が悪いため、このなかに熱がこもってしまうともちろんカビが生えやすくなってしまう、またシワができやすくなってしまうなどかえって生地を悪化させてしまうことにも繋がりかねません。こ

れを防ぐためにはクローゼットなどに保存できる専用のカバーを購入してかけておくようにしましょう。最近は色んな種類のものが販売されていますが、通気性を重視したものですとより安心できます。クリーニングから返却されたらまずはビニールを取り除くこと、これを忘れないでください。

ドレスをいつでも素敵な状態にしておくためには、クリーニングだけでなくご自身の心がけも大切です。難しい手間をやろうとするのではなく、ちょっとした心がけだけでも長くきれいに着ることは出来ます。

華やかな日に美しい装いを、せっかくの一日を楽しく過ごすためにもドレスはいつも美しい状態を維持するようにしてください。最低でも一ヶ月に一度、クローゼットから出してみませんか?