正しい全自動洗濯機の使い方・回し方!洗濯のやり方のポイントを紹介

洗濯機を使う女性

洗濯をする際、何となく洗濯機を回しているという方も多いのではないでしょうか。確かに最近の洗濯機はあれこれ考えなくとも、色んな機能がついているなどとても優秀なものばかりです。しかしきちんと洗濯することで汚れはきちんと落ちやすくなります。是非全自動洗濯機の使い方をマスターしましょう。

まずは仕分けすることが第一です

洗濯機にそのまま全部洗濯するものを放り込んではい、スイッチスタート。そんなふうに洗濯を始めてしまう方、意外と少なくありません。確かにスタートボタンを押せば勝手に洗濯し始めてくれますが、もしそこに入っているものが色落ちしやすいものであったり、汚れが酷いものであった場合どうでしょうか。

お気に入りの服まで色移りしてしまったり、そんなに汚れがひどくないものも汚れてしまったりとせっかくの洗濯が台無しになってしまうこともあります。そこで、正しい洗濯を行うためにはまず「きちんと仕分けること」を一番はじめに行いましょう。

まずチェックするのはそれぞれの衣類の情報です。タグのなかに洗濯表記のマークがそれぞれ書いてありますが、なかには色落ちしやすいなどの情報が書かれていることもあります。そういったものはまず分けておくこと。

次にドロがついていたり汚れが強いものも避けておきます。これらは同じ洗濯槽のなかに入れるのではなく、まず個別に洗っておくことをおすすめします。

色落ちしやすいものも数回洗っていれば大丈夫

色落ちしやすいものに関しては、だんだん洗濯するごとに落ちにくくなるなど気にならないようになってきます。ですのでその場合は次回から一緒に洗濯機に入れてしまってもいいでしょう。

また、汚れがひどいものの場合は一旦汚れを落としたら、そのあとは洗濯機に入れてしまっても構いません。大切なのは下準備もなくそのまま一緒に洗ってしまわないことです。

洗濯物の量は7〜8割をイメージして

ついつい洗濯物を溜め込んでしまった、と洗濯槽に入るだけ詰め込んで、なんて洗濯は実は大間違い。大体洗濯槽のなかに目安として7〜8割程度の量を入れるようにしましょう。

ぎゅうぎゅう詰めにしてしまうとその分洗濯槽のなかで洗濯物が動けなくなってしまい、汚れが落ちにくくなってしまいます。洗剤もうまく溶け合わないなどいいことなし。もし多くなってしまいそうな場合は、二回に分けるようにしましょう。

また、ドラム型の洗濯機の場合はかえって少なすぎても汚れが落ちにくくなることもあります。この場合も7割を目安にすることがおすすめとなりますので、基本的に洗濯物は7〜8割と覚えておくといいでしょう。

洗剤の入れ過ぎには注意です

こちらも多くの方が誤解しがちなのですが、たくさん洗剤や柔軟剤を入れた方が汚れも落ちるしいいにおいもするし、と決められた量よりも多めに入れる方は後を絶ちません。確かにイメージとしては少なすぎるよりは多めの方がいいかな、と思われるかもしれませんが、実は逆効果。

洗剤がうまく溶け合わないことでかえって汚れが落ちにくくなったり、柔軟剤の場合はシミをつくってしまうこともあるのです。キレイにするためにたくさん入れたはずが本末転倒では意味がありません。指定された量をきちんと守りましょう。

基本的なことをまずは覚えて

洗濯の表記マークなどさまざまなものがあるためなかなか覚えられないという方も多いかもしれません。しかし、難しいことを覚えようとしなくてもいいのです。

まずは洗濯物の容量、洗剤の分量など、基本的なことからできるようになればいいのです。慣れるとサッと洗濯機をまわせるようになりますのでまずは習うより慣れろの精神で。毎日清潔な服に袖を通せるよう頑張ってみましょう。

家事代行比較