スーツを自宅で洗濯する方法!洗い方や注意点、頻度などのポイント

スーツ姿

毎日着ていくスーツも、目立ちにくいですが汗やホコリや汚れなどがついていくと、知らぬうちに汚れがひどくなっていくこともあります。こまめにクリーニングに出して清潔に保っていこうとは思うものの、毎回クリーニングに出していては出費もかさんでしまいます。

そこで自宅で洗濯する方法についてお教えしたいと思います。正しい方法を知れば、難しくありませんので是非試してみてください。

スーツの洗濯はまずご家庭でチェックしてみましょう

ご自宅でスーツを洗濯することができる、と聞けばこれはありがたい!と思われる方も多いのではないでしょうか。普通の服とは違い、いつものように洗濯槽に放り込んで洗濯するということが難しいものですから、ついついクリーニングにお願いしているという方も多いでしょう。

なかにはスーツを自宅で洗濯することができないと思い込んでいる方もいるなど、意外と覚悟家庭でスーツを洗濯できるということをご存じない方も少なくありません。

もちろん、いつもと同じように洗濯槽に放り込んで終わり、というわけにはいきませんが、もしそのスーツがご自宅で洗濯しても問題ないという場合は今日からでもすぐに洗うことが出来ます。いちいちクリーニングに出していると出費もバカにならないもの。ぜひクリーニングの方法を覚えていきましょう。

まずはチェックしてみてください

まず洗濯を始める前にチェックしていただきたいのがスーツについている洗濯表記のタグです。ここを見ると様々な表記がされているのですが、まずは洗濯できるものかどうかを見極めることが最初にやるべきことです。

一般的なスーツに多いポリエステル素材の場合は手洗いでも洗うことが出来ますので、それほど心配しすぎることはありませんが、例えばウールやシルクといった高級素材が含まれている場合は縮みやシミの原因を作ってしまうことがありますので、ご自宅での洗濯は避けた方が無難です。あくまでも洗濯をすることが可能であるという範囲にとどめておくようにしましょう。

色落ちのチェックも大切です

洗濯できるようなのでではいざ洗濯機へ、の前に少しテストしてみましょう。洋服というものには染料が使われているため、洗濯することで場合によっては色落ちしてしまうものもあります。

一般的な服であれば多少の色落ちは問題ありませんが、スーツとなるとムラになってしまったりとても不格好な状態になってしまうこともあります。そうなってしまうとせっかくのスーツもだめになりますので、まずは色落ちしないかどうかをチェックしてみましょう。

チェック方法は簡単です。洗剤をまずは用意します。この際使用する洗剤は液体のものですとわかりやすいので、できればそちらで。原液のままの状態で、スーツの見えにくい部分に少量つけてみましょう。

見えにくい部分はどこでも構いませんが、例えば二の腕の裏側あたりなどがおすすめです。そのままの状態で5分ほど放置したのち、ティッシュを軽く丸めて上から軽く叩いていきます。その際色がティッシュに移る場合は色落ちしているということですので洗濯するには不向きということです。

無理に洗濯するとヘタをすれば二度と着れなくなってしまう可能性もありますので注意しましょう。色がとくにつかなかった場合はそのまま洗濯することができるので、ご自宅でチャレンジしてみましょう。

ウォッシャブルスーツはまさにおすすめ

最近販売されているスーツのなかには、ウォッシャブルスーツというものもあります。こちらはその名の通り洗濯することが出来るスーツのこと。ご自宅でも気軽に洗濯することができるので人気があります。

一応タグをチェックして選択方法を確認する必要はありますが、ご自宅での洗濯に一番向いているものですので、あらかじめ自宅で洗う予定がある方はこういったものを購入してみると便利です。

スーツは手洗いもしくは洗濯機

さて、様々なチェックをクリアしたスーツを実際に洗ってみましょう。スーツの洗い方についてですが、洗濯機にそのまま放り込んでしまえるものとそうでないもの、洗い方については二種類あります。

それぞれのメリットとしては、洗濯機の場合は余計な手間をかけることなく一気に洗濯できること。いちいち手で洗わずにいつものように洗濯することが出来るという点です。

手洗いの場合は細かな汚れも落としやすく、優しく洗うことで生地を傷めにくいというものがあげられます。できるだけ長く使っていきたいと思うのであれば、やはり手洗いがおすすめです。

どちらが自分にとってベストなのか

いずれの場合もメリットはありますので、どちらがより良いかはその人次第というところです。確実に安心して洗いたいのであればやはり手洗いが一番ですし、忙しくてそんな暇もないという場合は洗濯機にかけてしまうのも手です。

それぞれのライフスタイルなどもありますので一長一短、次からはそれぞれの洗濯方法についてお話していきますのでご自身のやりやすい方法を選んでみてください。

手間をかける必要なし。洗濯機でスーツを洗う方法

何よりも手間が惜しいという方、さっとスーツを洗ってしまいたい方におすすめなのが洗濯機でスーツを洗うという方法です。やはり手洗いに比べると型くずれであったり、繊維の摩耗などが心配されるところですが、それほど高価なスーツを持っているわけではない、もうかなり着古しているのでそこまでお金をかけたくないという方がよく選ばれるようです。できるだけきれいな状態のまま洗濯する方法をお教えしたいと思います。

汚れにピンポイントで原液をつけるのがポイント

先ほどご紹介した色落ちしないかどうかのチェック、こちらが終わっていることが前提でお話していきたいと思います。そのチェックが終わった後、まずやるべきことは洗剤を汚れに直接塗布していくというものです。

明るい場所で見てみると意外と汗染みや食べ物などでついたシミなど、汚れが目立つと思います。その箇所に洗剤をつけていくことから始めましょう。汚れにはピンポイントでアプローチするのが鉄則。この際は決してこすりすぎないように、軽く生地に馴染ませる程度に優しく汚れと混ぜ合わせるイメージでたらしていくといいでしょう。

必ず洗濯ネットに入れることをお忘れなく

汚れへ洗剤の塗布が終わったら、次はスーツを畳んで洗濯ネットに入れていきます。大体三つ折りぐらいに畳むといいでしょう。きっちりと畳む必要はありませんが、できるだけシワを伸ばしておくと安心です。

先ほど汚れをみつけた部分、こちらをできるだけ表側にしておくことを忘れないでください。内側にしてしまうと汚れが落ちにくくなりますので、かならず表にしましょう。

洗濯ネットが小さなものしかないという場合はスーツが入る程度のサイズを用意してください。最近は100均などにもちょうどいいサイズが販売されていますので、そちらを購入しておくといいでしょう。今後も使えますので買っておいて損はありません。

できるだけ優しいコースを選びましょう

スーツを洗濯機のなかに入れたら、一箇所に集中しないように全体に洗剤を回しいれます。メーカーによってコースの名前はそれぞれですが、できるだけ優しく洗ってくれるコースを選ぶようにしましょう。

よくある表記ですとドライコースや手洗いコースなどがおすすめです。最近のものですと自宅でクリーニングコースのようなものもありますので、そちらもおすすめです。

洗い終わった後はまずさっとアイロンを

洗い終わった後はすみやかに洗濯機から取り出し、すぐにしわをのばしてハンガーにかけていきます。軽く叩いてできるだけシワを増やさないようにしておくことがポイントです。

しばらく室内で干した後、まだ少し湿ったぐらいの状態でアイロンをかけていくようにしましょう。完璧に乾いてしまうと出来てしまったシワが伸びにくくなってしまいます。アイロンのかけ方にもいくつかコツがあるなど、ただむやみに押し当てるだけでなく正しいやり方がありますのでそちらも参考にしてみてください。あとは完璧に乾けば完成です。

上手に洗濯すれば、洗濯機でもきれいに仕上げることが出来ます。ポイントは素早くさっと洗濯槽から取り出し干していく、その後アイロンでシワを伸ばすというスピーディーなお手入れです。ついつい忘れて放置、なんてことをしてしまうとシワシワになってしまうので注意です。

やっぱりおすすめ、手洗いでスーツを洗う方法

やはりスーツを自宅で洗うとなれば、基本的には手洗いがおすすめです。手で確実に洗うことで洗濯機を使うよりも失敗が少なく、また生地も傷めにくいです。よっぽど余裕がないという時をのぞいて、できるだけスーツは正しく手洗いしていきましょう。

まず汚れが強い部分はポイント洗い

こちらは洗濯機で洗うときと同じなのですが、部分的に汚れている部分はあらかじめ落としておくことがおすすめです。部分汚れ用の洗剤を使ってもいいですし、ベンジンなどを使うとより効果的に落とすことが出来ます。いずれの場合もこすりすぎると生地を傷めてしまいますので程々の力加減をお忘れなく。あらかじめ汚れが取れたら手で優しく洗っていきましょう。

手洗いの際はできるだけ丁寧に畳む

手洗いの際一番注意したいのが「はじめにキレイに畳んでおくこと」です。自宅でスーツを洗う際に一番怖いのは型くずれ。これをふせぐためにはスーツのジャケットの場合、ボタンを外した状態で二つ折りにします。縦に半分折るイメージです。

スラックスの場合は折り目のとおりに両足をそろえ、お店に売っているような状態で三つ折りにします。先ほど汚れを取り除いた部分は表側にしておくと汚れが落ちやすくなります。

洗面器か洗面台を使って洗う

洗う際は大きめの洗面器、もしくは洗面台を使って洗っていきます。お水を張ってそのなかに中性洗剤を溶かしていきます。できればオシャレ着洗いなど生地を傷めにくい洗剤を使うこと。

そのため普段のものとはちがう、中性洗剤がおすすめです。ボトルにホームクリーニング用と書かれているのでわかりやすいかと思います。ぜひお店でチェックしてみてください。洗剤を溶かしたらそのなかに先ほど畳んだスーツを入れ、優しい力で押し洗いしていきます。

何十回も押し洗いしないこと

ついつい力一杯洗ってしまいそうになるところですが、押し洗いは数回程度で十分です。たくさん洗ってしまうと、その分型くずれしてしまう可能性が高くなりますので、数回押し洗いののちはさっと形を整え15分ほどそのままの状態で置いておきます。15分経ったら今度はスーツをひっくり返してまた15分ほどつけ置きします。これだけで洗う作業は十分なのです。

すすぎ過ぎには注意です

最後にきちんとすすいでいきましょう。先ほどの水はすて、蛇口から出てくるお水を使ってまた数回押し洗いしてください。この際は必ず水を使うこと。お湯は生地を傷めてしまうことがありますので出来るだけ使わないようにしましょう。洗剤が落ちたら完成。すぐに干してシワを作らないようにしてください。

アイロンをかける手順は同じです

先ほど洗濯機で洗う方法の際にご紹介したように、アイロンをかける手順は同じです。少し湿った状態でかけることでシワもしっかり伸びてくれますので、スーツを洗濯する際は軽く触って確認しながらさっとお手入れしていきましょう。よりきれいな状態に仕上げるためには、スピーディーさが要求される。これはホームクリーニングにおける最重要事項なのです。

自宅でのスーツのお手入れは簡単です

以上が自宅でスーツの洗濯方法となります。一度覚えてしまえば難しいものはありませんので、まずはチャレンジしてみることをおすすめします。特殊な素材を使っているもの、汚れが自力では落とせないものに関してはクリーニングに出すことがおすすめですが、それ以外であればおよそ自力で洗うことは可能です。自宅にある洗剤を使って洗うことが出来ますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

普段からスーツを着る頻度や、汚れがついたらすぐに落とすようにするなど、工夫してみることでスーツの汚れは抑えることができます。毎日の地道なケアが大切になりますので、お気に入りのスーツを長く着ていくためにもぜひそういったところを意識してみてください。