羽毛布団の洗濯方法!自宅やコインランドリーで洗う手順・注意点

羽毛布団

毎日気持ちよく眠るためにはかかせないお布団。とくに羽毛布団は軽くてあたたかい、多くの方に愛される寝具の一つです。しかし毎日人間は眠っている間に汗をかきます。つまりその分汚れもどんどんついてしまうということ。できるだけこまめに洗いたいけれどどうやって洗えばいいの?そんな方々へ自宅やコインランドリーでの洗濯方法をお教えします。

羽毛布団は自宅やコインランドリーで洗濯できる?

毎日使い羽毛布団、見えないだけで実は汚れがたくさんついているってご存知ですか?人間は毎日眠っているだけで汗をかきます。それは決して夏だけの話ではありません。あの寒い冬であっても、人間は大量の汗をかいているものなのです。ですから羽毛布団には汚れがしみこみやすいもの。かといって、しょっちゅう羽毛布団を洗うことはデリケートな素材である以上あまりおすすめできることではありません。

ですので「最低限の範囲」でこまめに洗濯するのがおすすめ。いちいちクリーニング店へ出して、というのもありですが、費用や手間などを考えるとちょっと躊躇してしまう方も少なくないのでは?そこでご自宅で洗濯する方法、コインランドリーで洗濯する方法についてご紹介していきたいと思います。

羽毛布団を自宅で洗濯する方法とは?

自宅で羽毛布団を洗うことが可能か不可能か、という話でいくと「可能」です。ただ先ほどもお話したようにデリケートな素材であることは確かですので、毎日のように洗濯するなどあまりこまめな洗濯はおすすめできません。

クリーニング店に出すことに比べてのメリットとしては、まず費用がかなり抑えられるという点、いちいちお店まで持っていく手間が省けるということ、というものがあげられるでしょう。確実に自分が洗うことが出来る、という安心感もあります。そこで自宅での洗濯方法について手順をご紹介していきましょう。

まずは洗濯表記を確認することから

一応は自宅で洗うことが出来る、とはいうものの、まずチェックすべきことは洗濯表示です。衣類にもついているあのタグのことですが、洗濯できるかどうかをきちんと書くんすること。撥水加工が施されているかどうかが決め手となりますので、もしこれが不可であった場合は洗濯することができません。

クリーニング店にお願いすることをおすすめします。特殊な生地を使っている場合など、物によってはご家庭でどうこうすることが難しいものもあります。すべての羽毛布団が洗えるわけではないということをあらかじめ理解しておきましょう。

洗濯槽の容量の確認も必要です

また、洗濯槽に入るかどうかも確認していきましょう。洗濯槽にも大きさがありますので、もし小さなものであったばあいは布団が入りきらない場合があります。無理矢理詰め込んでも洗濯機がまわらないなんてことになると洗濯することは不可能となりますので、確認しましょう。

入ることが確認できたら布団を軽く折り畳んでいきます。おすすめの折り方としてはまず布団を縦の状態にし、縦に三つ折り、端からロールケーキのようにくるくると巻き上げていきます。この状態にすることでコンパクトにまとめられますので、ぜひやってみてください。

折り畳む際のコツとしては布団のなかの空気を抜いていくことです。できるだけ小さくすることで洗濯槽に入りやすくなります。畳み終わったら洗濯ネットに必ず入れてください。この際使うネットは布団が入る大きめのものを選ぶこと。

最近は様々なサイズのネットが売っていますので、一番大きいものを選ぶと安心です。洗濯機のなかで摩擦などによって生地が傷むことを防ぐためにも必ずネットを使う必要があります。これだけだから必要ないだろう、ではなく必ず使ってください。

洗剤はオシャレ着洗いのものがおすすめ

羽毛布団はご存知のようにデリケートな素材でできています。そのため使う洗剤もデリケートな衣類に適したものを選ぶのがおすすめです。オシャレ着洗い用の洗剤ですと、優しく洗い上げてくれますのでそちらを選ぶのがおすすめです。

もちろん一般的な洗剤がだめというわけではありませんし、どうしてもないという場合はそちらでも構いません。しかしできればデリケートな衣類も洗えるものを用意しておくことが、生地を傷めないためにもおすすめです。お気に入りのものであればなおさらですので、こういった手間は惜しまないこと。ぜひスーパーなどで購入してきてください。

コースは布団洗いコースがあればそちらで

洗濯機に入れたらあとはコース選択です。あるところとないところとありますが、もしあれば「ふとん洗いコース」を洗濯してください。その名前からも分かる通り、布団を洗うために適したコースとなっていますのできちんと洗うためにはこちらがおすすめです。

また、もし布団にシミなど強い汚れがある場合は事前に落としておくことをおすすめします。その際は部分洗い用の洗剤を使うなど、手洗いするのが確実です。洗濯機はおおまかな汚れを落とすことに適していますが、細かな汚れを落とすためには人の手が一番。コース選択の前にそちらもチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

脱水後はしっかりと乾かしていきましょう

コースの最後、脱水が終わったらそのままの状態にしておかずすぐに洗濯機から取り出して布団を軽く整えていきましょう。羽毛が偏ると布団も型くずれを起こしてしまいます。持ち方は布団の四隅を持ち、軽くでいいので上下に振っていきます。これだけでも均等になりやすいので、このひと手間を必ず忘れないようにしましょう。

干す場所は直射日光があたるところではなく日陰を選ぶこと。風通しが良いところでしっかり乾かしていきます。つり干しで乾かすのがおすすめ。ある程度乾いてきたら裏返すようにするなど、全体がまんべんなく乾くようにしてください。

生地によっては乾くのに少し時間がかかりますので、ある程度余裕を持って洗うようにしましょう。できるだけ天気が良い日を選ぶことで乾きやすさも変わってきます。洗濯する日を見極めることも大切ですね。

ひととおり洗濯が終わった後のお手入れ

以上の工程を経てしっかりと布団が乾燥し終えたら、再度羽毛に偏りが生まれないように手できちんとほぐしてあげることが大切です。軽くならすようにしてあげることで、中の羽毛が落ち着いていきます。

もし布団乾燥器がある場合は一時間ほど使えば、よりふっくらと仕上げることが出来ますのでそちらを使うことをおすすめします。すべてが終われば洗い立ての心地よいお布団になりますので、少し手間と時間はかかりますが頑張ってお手入れしていきましょう。

また、お布団を洗う時期に決まりというものはありませんができれば春夏など暖かい季節におこなうことがおすすめです。というのも、羽毛などは内部が見えにくいため、乾いているかどうかを確かめる術が「手」しかありません。

表面はサラッとしていても、なかが乾ききっていないということもあり、その場合は水分が残ることでカビの原因を作ってしまうこともあります。清潔にするために洗濯したはずなのに、カビができてしまうのは本末転倒。いやな臭いのモトになることもありますので、乾燥し終わったと思ってももう一声乾燥させることがおすすめです。

できれば春夏のよく晴れた天気のいい日を選ぶようにすること。洗濯槽のサイズによってはお風呂場で浴槽を使った手洗いもおすすめですので、臨機応変な対応を行っていくようにしましょう。何度も申しているように羽毛布団はデリケートな素材で出来ています。だからこそ少し慎重に取り扱うことが大切なのです。

キレイなお布団で気持ちよく眠りましょう

以上が羽毛布団を洗うための方法となりますが、いかがでしょうか?意外と自宅でも難しい手間が必要なく洗っていくことが出来るので、早速洗ってみたくなったという方も多いはずです。羽毛布団のように一見自分では洗えないと思うものも、きちんと正しい手順を踏めば洗うことが出来るのです。

清潔なお布団を維持することで、アレルギーの症状が治まったというデータもあります。寝具はなかなか丸洗いする機会がないものですので、せめて布団を清潔な状態で維持できるようにつとめてみてはいかがでしょうか。

洗濯機や手洗いなど、それぞれに合った方法を見極めることも大切です。間違った方法で洗うことで、せっかくの生地をだめにしてしまうこともあります。ただ洗える!と先走ってしまうのではなくきちんとリスクも考慮すること。まずなによりも洗濯表示のマークをかならずチェックするクセをつけるようにしてください。これは布団に限らず、衣類にも言えることです。