ジーンズの正しいお手入れ方法!ジーパンの洗い方や洗濯の頻度は?

ジーンズ

男女問わず、また年代も幅広く愛用される衣類のひとつといえばジーンズです。カジュアルな印象だけでなく、最近はおしゃれなものも増えてきているなどジーンズのイメージというのは年々変化してきています。

そんな気軽に着られるジーンズですが正しいお手入れについてあまり知らないという方も多いはず。洗濯してもいいのか悪いのか、そこも含めて少しジーンズのお話をしていきましょう。

ジーンズを頻繁に洗うのはおすすめできない?

多くの年代、男女が気軽に着ることが出来るアイテムの一つといえばジーンズです。ジーンズは動きやすさもそうですが、色んなシーンでも使いやすいことから多くの愛用者がいます。値段も高いものからお手頃なものまで、さまざまなものがありますのが意外と知られていないのが「洗濯のこと」です。

多くのジーンズ愛好家やメーカーによっては「ジーンズは洗濯する必要はない」なんて話をしています。確かに洗濯することによって色が落ちてしまう、型くずれてしてしまうなど少なからず生地が傷んでしまうという懸念があるでしょう。

それも確かに分かるのですが、洗濯しないまま履き続けているとだんだんシワができてきたり、見た目もフニャッとしただらしない印象になってきます。とくに夏場は汗をかくことも多いので、衛生面でも不安があります。

ですので全く洗わないというのはあまりおすすめできません。それではおすすめの洗濯頻度はどれぐらいか、というとこれも明確に決まりがあるわけでもありません。ご自身の無理のない範囲で洗うのがいいのではないでしょうか。一週間に一度や二週間に一度、と月に数回洗うイメージでいいと思われます。

ジーンズの洗濯方法は?

さて、実際にジーンズを洗ってみるとなるとどういった手順で進めていけばいいのでしょうか。まず気をつけなければならないことは「色落ちする=他の衣類に色移りしやすい」ということです。ですからジーンズを洗濯する際は他のものと洗わないのが安心でしょう。

ジーンズだけまとめて洗濯するというのもおすすめです。だんだん履き慣れたり洗濯していくうちに色落ちしにくくなりますので、そうなってからですと一緒に洗濯しても大丈夫な場合があります。もちろん確実ではありませんし、ご自身の見極めが必要となりますので不安な場合は別が安心でしょう。

まずは洗濯表示をチェック

どの衣類においても言えることですが、まずは洗濯表示マークをチェックすることから。一般的なジーンズは水洗いすることができるのですが、なかにはドライクリーニング推奨というものもありますので、その場合は必ずそれを守ってください。ご自宅で洗濯することができなければ、クリーニング店にお願いするようにしてください。

ジーンズは必ず裏返してから洗濯機へ

ジーンズを洗濯する際は、そのまま洗うよりも裏返すほうがおすすめです。それによって表面の傷みを防ぎやすくなりますし、もし表面に汚れがついている場合はあらかじめ手洗いやブラシなどを使って落としておくことがおすすめです。そうすることであとは洗濯機で汚れを落としやすくなりますので、ぜひやってみてください。

また、洗濯ネットを活用することもぜひ。洗濯ネットを使うことのメリットは型くずれを防げるということです。最近は色んな形の洗濯ネットがありますので、ジーンズにあったタイプのものもみつかるでしょう。

ジーンズや衣類を洗濯する際何よりも怖いのが型くずれです。お気に入りの服をできるだけ良い状態で維持するためにも、必ず洗濯ネットを使ってください。その準備がおわったら洗濯機へ投入です。

ジーンズ専用の洗剤もおすすめです

一般的な漂白剤などを使用していない洗剤を使うのがおすすめですが、最近はジーンズ専用の洗剤というものも販売されています。その名前からも分かる通り、ジーンズに適した洗剤となっていますので洗い上がりが安心できます。

もちろんわざわざそちらを購入しなければならないというわけではありませんので、ご自宅で使用されているものでも構いません。あまり気張りすぎずに丁寧に準備できていればそれでじゅうぶんなのです。

心配な場合は手洗いで洗いながら

洗濯機はやっぱり生地の傷みが心配。そんな場合は水に洗剤を溶かし、洗面器のなかで手洗いしていくこともおすすめです。手洗いのメリットは確実に自分の手で洗えること、生地の傷みが心配になりにくいという点です。この場合も裏返して洗ってもいいですし、そのまま汚れの気になる部分を重点的に洗っていくといいでしょう。

洗い終えた後は日陰でしっかりと乾燥させ、生乾きにさせないことです。生乾きはいやなニオイのもととなりますので、それを防ぐためにもしっかりと乾かしていきましょう。洗っていくたびに色の変化が感じられるのもまたジーンズの楽しさでもあります。それぞれの魅力を大切にしながら、清潔なジーンズを履いておしゃれを楽しんでいきましょう。