洗濯機の掃除方法!洗濯槽の洗い方や洗うコツを知ってお手入れしよう

洗濯機

毎日お洗濯の際に頑張ってくれる洗濯機。家族の汚れた衣類をきれいにするために、一生懸命まわり続けています。しかし服をきれいにするために頑張る洗濯機も、毎日使っていれば汚れが溜まっていくもの。

それは衣類に付着した汚れだけでなく、きれいにするための洗剤がカスとなってこびりついたり、カビが付着することで汚れとして蓄積されていきます。そんな汚れたままの洗濯機で洗えばどうでしょうか?十分に汚れが取れないだけでなく、かえってきれいな衣類を汚してしまうことも。そうならないためにも「洗濯槽のお掃除」がおすすめです。

こまめにやりたい洗濯槽のお掃除とは?

普段、洗濯の際は洗濯機を使用される方がほとんどです。必要な洗剤や柔軟剤をセットすれば、あとは自動ですべて済ませてくれる便利なアイテム。しかし毎日使っていくうちに汚れはたまっていきます。黒いカスのようなものがタオルや衣類についたことがある、という経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

洗濯槽はこまめに掃除するのがおすすめ

毎日洗濯要洗剤を使うことで、どうしても石けんや水のアカが付着してしまうものです。他にも洗濯機のフタを閉めっぱなしにしていたり、洗濯槽のなかにいつまでも洗濯物を起きっぱなしにしていたりすると、それが原因でカビが発生してしまうこともあります。そういったちょっとした汚れが積み重なっていくことで洗濯槽は汚れていきます。

黒いカスはいわゆるカビの一種。せっかく洗濯したものなのに、カビの汚れがついているなんて洗った気がしなくなるもの。できればこのカビを発生させないこと、こまめに洗濯槽の汚れを取り除くことを習慣にするのがおすすめなのです。そこで、洗濯槽のお掃除について考えてみましょう。

洗濯槽のお掃除は素人でもできるの?

洗濯槽のなかはそれほど複雑な構造ではできていないものの、電化製品であるためむやみになかを掃除したりしていいものか迷ってしまうかもしれません。もちろん分解したりすることはおすすめできませんが、あくまでも洗濯槽を掃除するだけなら全く問題ありません。素人だって大丈夫、身近なものをつかってきれいな洗濯槽にしていきましょう。

洗濯槽を洗浄するためにはさまざまなアイテムを活用することができますが、基本的な流れとしては使用する洗浄剤が違っても同じようなものになります。まずはどういう方法で行うものなのか、その流れを掴むことからはじめてみましょう。

洗濯槽を掃除するための方法

それでは洗濯槽を掃除するための手順についてご紹介していきたいと思います。掃除には少々時間がかかってしまうため、休日など時間に余裕がある時がおすすめです。それでは簡単にですが、流れをご説明していきましょう。

1.まずは洗濯槽のなかを何もない状態に

一番最初にやるべきことは洗濯槽の中身を何もない状態にすることです。ゴミ取りネットもすべて外し、もちろん洗濯物もなにもない状態にしてください。水も今は入っていなくて大丈夫。空っぽの状態からスタートです。そして、その間にお湯をわかしておくようにしましょう。

洗濯槽の掃除にはこのお湯が欠かせません。普通に洗濯するのであればお湯では衣類を傷めてしまいますが、洗濯槽のお掃除の場合はこびりついた石けん類などを落としやすくするためにもお湯がベスト。熱湯ではなく4~50度の温度を目安にするといいでしょう。お湯はたくさん必要になりますので、多めに準備してください。

2.お湯と洗濯槽専用クリーナーを入れる

先ほど用意したお湯を洗濯槽の満水の位置まで入れてください。ですのでたっぷり用意する必要があるのです。お湯が注ぎ終わったら、酸素系の洗濯槽クリーナーを洗濯槽のなかに入れます。

最近はこのクリーナーもさまざまな種類があるのですが、汚れを落とすためにおすすめなのがこの「酸素系」です。石けんカスやカビをしっかり取り除いてくれますので、ぜひ用意しておきましょう。

量に関してもあくまで目安としては500グラム?1キロ程度が一般的です。しかし商品によって違いますので、購入の際ご家庭の洗濯機に合わせてチェックするようにしてみてください。多ければ多いほど汚れが取れるわけではありませんし、少ないともちろんその効力は弱まってしまいます。ちょうどいい量を使うようにしましょう。

3.洗濯機を回したあとはしばらく放置する

クリーナーを入れ終わったらあとは洗濯機のスイッチを押して洗っていきます。標準コースのように排水の必要は今のところまだ必要ありませんので、洗いのみを行いましょう。5?10分ほどまわすようにしてください。そしてそのあとは、このまま放置するだけ。たったこれだけ?と思われるかもしれませんが、この放置している間に見えなかった汚れが浮かび上がってくるのです。

最低でも2?3時間は放置しておくのがおすすめですが、理想は一晩放置して汚れをしっかり浮かび上がらせるのがベスト。ですので、もし可能であれば前日のうちにここまでの過程を済ませておくといいかもしれません。

4.ゴミを取り除く

ここまで行うとおそらく説明しなくても見ればお分かりの通り、黒いカスのようなゴミがたくさん浮かんでいるはずです。衣類に付いていたあの黒いカスはこれと同じもの。カビやさまざまな汚れなど、普段どこに隠れていたのかというほど浮かび上がってくるかと思います。

もちろんご家庭の使用頻度や使い方によってその差はあると思いますが、かなり大量にゴミのようなものが浮かんでくることが多いようです。それを残さず取り除きましょう。ゴミをすくうネットのようなものをあらかじめ準備しておくと便利です。最近は100均などでも販売されていますので、そちらをぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

この際かなり手間がかかると思いますが、このカスを残したままにすると排水の際に詰まりの原因となってしまうことがあります。そうならないためにも根気づよく、しっかりと取り除いてください。

ちなみにこのカスは一度現れたらそれで終わりではありません。洗濯機を回す、からゴミをすくう、までの一連の流れをもう一度行うようにしましょう。おそらく二度目もゴミが出てくるはずです。しっかりすくいましょう。

5.脱水作業

ほとんどゴミを取り終えたら、ごみ取りネットをセットして脱水まで行いましょう。またごみ取りネットに見えないカスがつくかもしれませんが、これも必要な作業。排水まで終えたら一度洗濯槽をチェックしてみてください。底やごみ取りネットに汚れが付着していたら取り除くこと。これで一応一通りの流れが終了と成ります。

あとは洗いから脱水まで、一通りのコースを行い、ゴミが見えなくなるまで繰り返すこと。しばらくはまだ気になるかもしれませんが、頑張ってください。特に気にならなくなったらそこで終了となります。やってみるとわかるのですが、長い時間がかかります。適度な休憩を入れながら行うようにしましょう。

季節が変わるごとに行うのがおすすめです

こまめな洗濯槽のお掃除、大体3~4ヶ月を目安に行うといいのではないでしょうか。季節が移り変わるのに合わせて行うと忘れにくくていいかもしれません。他にもクリーナー以外に重曹を使ったお掃除方法もありますので、色んなお掃除を行ってみるのもいいかもしれません。とにかくコツは「根気よく行うこと」時間はかかりますが、しっかりとキレイにし、清潔な洗濯槽を目指しましょう。