ネクタイを自宅で洗濯する方法!シルクのネクタイを家庭で洗う注意点

様々なネクタイ

サラリーマンを象徴するアイテムのひとつとして思い浮かぶものと言えば「ネクタイ」です。多くのサラリーマンにとってネクタイは必須アイテムといっても過言ではないでしょう。その形は色や柄などを含め、さまざまなものがあります。その方の個性をいちばん表しやすいもの。

しかしそんなネクタイですが、毎日使っているとどうしても汚れてしまいがちです。色によっては汚れが目立たないため、あまり汚れている実感がないかもしれませんが、外の空気にさらされたり食事の飛び跳ねたものが知らないうちにシミになっていたりと、意外と汚れもたまっているもの。そこで、ネクタイを自宅で洗濯する方法についてお話していきたいと思います。

常に清潔なネクタイを身につけよう

サラリーマンにとって欠かせないアイテムのネクタイは、人によって持っている本数もさまざま。気分やその日の都合で色んなネクタイをつけ替えることができるなど、みんな同じようなスーツを着込んでいる男性にとってはちょっとしたオシャレを楽しめる場所かもしれません。しかしそのネクタイが汚れていたらどうでしょうか?せっかくビシッときめたはずが、なんだか締まらない。それではとても残念ですよね。

ワイシャツなどに比べると、ネクタイは基本的に色や柄がついているため汚れが目立ちにくいという特徴があります。もちろんものによっては、色が薄めのものであったり柄が控えめなものだと、色の褪せ具合や汚れが目立ちやすいものもあるでしょう。しかしほとんどの方はシャツの汚れには気を配っても、ネクタイの汚れには気を配らないものです。

ネクタイはこまめに洗濯するのがおすすめ

また指でさわったり、外の空気にもよく触れるためどうしても汚れがつきやすいもの。食事の際の飛び跳ねた汁などが知らないうちにシミになっていることも珍しくありません。また、汗がしみ込んでしまうと黄ばみの原因にもなってしまいますので出来るだけこまめに洗濯するのがおすすめです。

ただ、ネクタイをいちいちクリーニングに出して、となるとちょっと面倒だなと感じませんか?スーツやワイシャツのついでに、とは思うもののいちいち手間に感じてしまう方も少なくありません。それならご自宅で洗濯してみてはいかがでしょうか。実はネクタイもご自宅で洗濯することは可能です。正しい方法で行えばネクタイの生地を傷めませんので、まずは手順を覚えていきましょう。

ネクタイの正しい洗濯方法

それではネクタイをご自宅で洗濯する方法についてご紹介していきたいと思います。基本的にお手頃な価格で購入されたネクタイに関しては、洗濯機で何本かまとめて洗濯しても問題ないのがほとんどのようです。ただシルクなど特別な素材のものは、不安があれば手洗いにする方が安心。まずは一般的なネクタイの洗濯方法についてご紹介していきましょう。

一般的なネクタイの洗濯方法について

ここからご紹介するのは普段からお使いのネクタイ、シルクなどの特殊な素材を使っていないものに関しての洗濯方法です。一連の流れを覚えていってください。

1.必ず洗濯ネットを使用すること

まず準備するのは真っすぐな状態で入れられる長方形や正方形タイプの洗濯ネットです。そのまま洗濯機に入れてしまうと、間違いなく型くずれの原因と成りますので、必ず洗濯ネットは準備してください。ネットに入れる際もそのまま適当に放り込むのではなく、ネクタイを結んだ際にちょうど表に見える部分が一番上にくるように、三等分ぐらいに折り畳むイメージでたたんでください。

ネットの大きさにもよりますが、目安としては2?3本を並べていれるぐらいがベスト。同じようにたたんだものを、横に並べて袋を閉じましょう。型くずれをより防ぐために、両端を紐で結ぶことが出来るタイプのネットもありますので、そちらを使用してもいいかもしれません。

2.洗剤はオシャレ着洗い用の洗剤を使うこと

ネットに入れたネクタイをそのままの状態で丁寧に洗濯機に入れ、洗剤を投入しましょう。普通の洗濯用洗剤ではなく、大事なお洋服などを洗う際に使用するオシャレ着洗い用の洗剤を使うようにしてください。ネクタイは思った以上にデリケートなものですので、これは必ず守ること。キレイに仕上げるためにも必ず守ってください。

洗濯機のコースに関してはドライコースを活用するなど、できるだけ優しく洗濯してくれるものを選んでください。とにかく生地を傷めないことが最優先ですので、すべての工程をソフトに行ってくれるものを選ぶこと。メーカーによってはコースの名前は少し違うかもしれませんが、確認の上選択してください。

3.洗濯が終わったらすぐに取り出し陰干し

洗濯の終了を知らせる音が鳴ったら、できるだけすぐに洗濯機から取り出し、ハンガーへそれぞれ干していきましょう。シワは多少気になるかもしれませんが今の段階ではそれほど必死になって伸ばさなくても大丈夫です。気になる方は軽くポンポンと両手で挟み込むようにして伸ばす程度で。のちほど伸ばしていくのであまり気にしないことです。

ネクタイを干す際は直射日光に当てるのではなく、必ず陰干しにすることを忘れないでください。お日様の強い光を浴びることで休息に生地が乾いてしまい、傷みの原因となる場合があります。ですので陰干しで干すことが条件になります。ですので、夜のうちに洗って干しておくのも一つの手かもしれませんね。

4.アイロンがけでしっかりとしわを伸ばす

ネクタイが乾いたら、次はアイロンがけです。この段階ではまだしわのついたネクタイのままですので、アイロンでしっかりと伸ばしていきましょう。アイロンはそのまま直接あてていくのではなく、必ず当て布を用意すること。この当て布をしないとこれも生地の傷みの原因となることがありますので注意が必要です。また、アイロンをかける際は裏側からかけるようにしましょう。細かい部分は少しだけ小刻みに、丁寧に行うのを意識してください。

裏側が終わったら続いては表側へ。こちらも先ほどの裏側と同じ要領で行うようにしましょう。力を入れすぎる必要はありません。スチームアイロンでしっかりと熱を当てることでシワを伸ばしきることが出来ます。温度はもちろん事前に生地が大丈夫かチェックしてからですが、高温のほうがよくシワが伸びますのでおすすめです。

5.熱を冷ましたらキレイにかけておくこと

アイロンの熱が冷めたら、きちんと折り目がつかないようにネクタイをかける場所へ保管しておきましょう。これで清潔かつ、見た目もパリッと美しいアイロンの完成です。基本的に一般的な洗濯方法とあまり変わりはありませんので、難しく考える必要はありません。洗濯ネットや干し方、当て布といったちょっとした小技をきちんと取り入れていくことがキレイな仕上がりへ結びついていきます。

シルクなど特別な素材で出来たネクタイの洗濯方法

続いては一般的なものではなく、シルクなどの素材で出来たネクタイの洗濯方法についてです。先ほどは洗濯機を使った方法でしたが、こちらは手洗いでの洗濯方法になります。普段使いのネクタイももし心配であれば、こちらの洗い方で行うのもおすすめです。

1.まずは生地をしっかりチェック

シルクなどの繊細な生地はとにかく傷みだけは避けたいものです。洗濯によって傷んでしまうのももちろんですが、それ以前にすでに小さなほつれがあるなど多少の傷みが起きている可能性があります。その部分に関しては、手洗いの際出来るだけソフトに行うようにすることが大切です。

また、汚れがひどい部分もよく覚えておきましょう。力を入れて洗うことはおすすめできませんが、重点的に汚れを落とす必要がありますので、その部分も合わせてチェックしておいてください。

2.手洗いの際使用するのはオシャレ着用洗剤

手洗いの際に使用するのは普通の洗濯洗剤ではだめです。これも洗濯機を使った洗い方と同じですが、かならず中性洗剤、いわゆるオシャレ着用洗剤を使用するようにしましょう。大きめの洗面器、もしくは洗面台に水を張り、洗剤の指定されている量を入れてしっかりと混ぜ合わせます。先にネクタイを入れないこと。必ず洗剤を溶かして混ざり合った状態で使用するようにしましょう。

3.生地は優しく揺らすようにして洗う

ネクタイは三等分ほどの大きさに折りたたみ、普段表側に来る部分を一番上にします。ゆっくりと液体のなかにしずませながら、ここから洗濯開始です。いきなり揉み洗いといきたいところですが、そのような作業は必要ありません。揉んだりたたいたりこすったり、という動作は一切不要。むしろそうすることで生地を傷めてしまいますので、絶対にやらないようにしてください。

洗濯方法としては物足りなく感じるかもしれませんが、ネクタイを優しく揺らすように。しゃぶしゃぶのようにお湯にくぐらせるイメージで、水のなかで汚れを振り落としていく程度で十分です。2~30回程度その作業を行ったら自ら素早く取り出しましょう。シルクなどはあまり長時間水につけておくと生地をダメにしてしまいかねません。手早く作業は済ませる、が鉄則です。

汚れを落とした水は流してしまい、きれいな水ととりかえます。すすぎを行い、洗濯液と汚れを流していきますがこの際も同じように力は入れずに。2?3度ほど繰り返し、水がキレイになったら次は脱水作業へ入ります。

4.脱水はタオルを使って優しく

とにかくこの選択方法は優しく行うことがメインになりますので、洗濯機の脱水機能は使用しません。使うのはバスタオルのような大きめのタオルです。ネクタイを先ほど洗った状態のままキープし、上から軽く力を加えて水分をタオルへ吸わせていきます。ギュッと手早く行いたくなるかもしれませんが、ここでも力は必要ありません。かならず軽い力加減で行ってください。

少しずつネクタイを置く場所をずらしながら、濡れていない面でタオルドライを何度か繰り返し水分を取り除いていきます。水気が出なくなるまで何度か繰り返していきましょう。もう水が出なくなったら脱水完了です。

5.陰干しでしっかり表裏を乾かす

洗濯機を使ったときと同じように、干す際は必ず陰干しで行ってください。直射日光は禁物です。乾いたと判断できる目安は、表だけでなく裏面やネクタイの中心部など中まで湿った感じがないかどうか、になります。見た目が乾いたように見えてもまだ十分ではない、ということがありますので必ず確認しましょう。

季節や環境にもよりますが、およそ一日干しておけば乾くと思われます。翌日にアイロンがけなどを行うぐらいの心づもりで洗濯するといいかもしれません。

6.仕上げはアイロンでしっかりキレイに

最終的な仕上げはアイロンで。こちらも先ほどご紹介したアイロンがけのやり方と同じになります。必ず当て布すること、薄手のハンカチで十分です。アイロンを押し当ててシワを伸ばすのではなく、スチームの力を使って伸ばしていくようにしましょう。洗濯からアイロンに至るまで、とにかく力を入れないことがコツです。

裏面から表まで、細かいところまでアイロンをかけ終わったら仕上がりとなります。熱を冷ましてきれいな状態で保管しておきましょう。

どうしても不安、難しい場合はクリーニングへ

いかがでしょうか、ご自宅でネクタイを洗う方法もそれほど難しくはありません。いくつかのポイントにさえ気をつけておけば、ご自身でも気軽にお洗濯することが可能です。しかし自分で洗うのはどうしても難しいし何より不安、その場合はクリーニングをお願いするのも手です。

クリーニングについてはネクタイのクリーニングの記事を参考にしてみてください。

お店ならドライクリーニングで

クリーニング店にお願いするメリットとしては、ドライクリーニングで仕上げてもらえるということが挙げられます。ネクタイの裏についている洗濯表示を確認してみて、ドライクリーニングのみという表記がある場合はできるだけご自宅で洗うのは避けた方が無難かもしれません。そのネクタイがお気に入りなど思い入れがあるものなら余計にです。

また、ネクタイの中では特殊なものもあり、ちりめんの柄であったり特別な刺繍が施してあるなど特別なものの場合はご自宅で洗うのが不安になってしまうかもしれません。専門家やプロにお願いすることで、落ちにくい汚れも取り除いてくれるなど仕上がりは手洗いよりも満足したものになるでしょう。自分では難しい、と感じたらお店へ持って行ってみてください。

ネクタイを購入する際はあらかじめチェックも必要

ネクタイは個性を表すものでもありますので、みんなと同じようデザインは避けたい!と思うかもしれません。しかし特別な加工であればあるほど、洗う際に手間がかかったり普通の洗濯では洗うことができない場合もあります。そうなってしまうと、きれいな状態を長く保つことも難しくなるかもしれません。

そういったことを避けるためには、デザインだけで選ぶのではなく購入の際に「洗濯表示」をチェックすることをおすすめします。どういった扱いをすればいいのか、その衣類の情報がそのなかにすべて詰まっていますので、ネクタイだけでなく衣類などを選ぶ際はその表記も事前に確認してから、それを納得した上で購入することをおすすめします。

お気に入りのネクタイを長く使うためには

ここまでご自宅でネクタイを洗濯する方法をお伝えしてきましたが、誰でも気軽に今日から洗濯することは可能です。その際は必ず手間を惜しまないこと、洗濯ネットや当て布といった必要となるものはきちんと準備してから行うことがきれいなネクタイに仕上げるためのコツになります。お気に入りのものをより長く美しく使っていくためにはちょっとしたことに気をつける、これも洗濯する以外に大事なことです。

例えば汚れがついたその時に気づいた、その時にそのまま放置しておくのではなくある程度汚れを落としておくこと。汚してしまったその週のお休みのタイミングで洗うようにすることで、シミがつくのを防いだり汚れが沈着しないようにすることができます。気づいたら早めに洗濯するようにする。この習慣を身につけるだけでもかなり変わってきます。

高級なネクタイであっても安いネクタイであっても、使っている以上は皮脂やホコリなどあらゆる汚れがついてしまうのは仕方のないことです。ですから大切なのは気づいた汚れはすぐに落とすようにすること、2~3ヶ月に一度は洗うようにする、など自分でルールを決めて洗濯するなどちょっとした工夫が必要になります。面倒くさがらず、大事なものをいつまでもいい状態で使えるように少しだけ気をつけてみてください。

洗濯する際は力を入れすぎないこと、洗濯機が使えるものかどうか、使えない場合や不安なときは必ず手洗いにすること。大切なポイントを押さえて、ぜひご自身で洗濯してみてください。