カシミヤを自宅で洗濯する方法!洗濯機だとセーター・ニットが縮む?

たくさん並んだセーター

冬になると暖かい素材のお世話になる機会も多いでしょう。セーターやニットは一枚着ただけで、体を暖めてくれる欠かせない存在です。ふんわりと柔らかい毛に包まれているとどこかほっとした気分にもなれるはず。

でもそのニットやセーターもずっと着続けるわけにはいきません。縮みを恐れて洗濯するのに躊躇してしまうかもしれませんが、冬場といえど汗は知らないうちにかいているもの。しかし自宅で洗濯するのは不安。特にカシミヤなど高級な素材に分類されるものは特に洗濯に迷ってしまいますよね。でも大丈夫、正しい方法で行えばご自宅でも洗濯は可能なのです。

冬の定番あったか素材も自宅で洗濯できる?

肌寒い季節になると暖かく身を包んでくれるセーターやニットが恋しくなりますよね。最近はさまざまな素材を使ったお洋服も増えているなど、おしゃれが楽しみになるのも嬉しいもの。でもオシャレに着こなしたあとはそのまま服を放置、というわけにはいきません。

夏に比べると目立って汗をかく機会も少ないため「そんなに汚れていない」と思われがちなのですが、セーターやニットだって知らないうちにホコリがいっぱいついていたり、皮脂や汗がしみ込んでしまっていることも。一度着てしまえば、どうしても汚れは避けられないものです。

ですが普通のシャツなどに比べて、セーター類はなかなか簡単に洗濯しづらいもの。縮みや生地の傷みが気になってしまって、洗濯するのも躊躇してしまうものですよね。いちいちクリーニングに出すわけにもいかないし、とお悩みの方も多いはず。とくにカシミヤなどの高級な素材を使用したものだとより一層扱いに困ってしまうものです。

しかしそんな心配ご無用。実はご自宅でも洗濯することは可能なのです。一般的な洗濯物と一緒に、というのは難しいかもしれませんが、正しい手順を覚えることでご自宅でもふんわり縮むことなくお気に入りのセーターやニットをお洗濯することができます。そのためのコツ、流れについてお話していきたいと思います。難しいテクニックなどはありませんので、ぜひ覚えてみてください。

カシミヤ素材を洗濯する方法

基本的にセーターやニットをご家庭で洗濯することは可能です。もちろん市販のほとんどは、ですのでなかにはデリケートな素材を使っているなどご自身での洗濯に少し迷ってしまうものもあるかもしれません。

一番分かりやすい方法としては、それぞれ洋服に付いているタグ。洗濯表記がしてあるあの部分を確認することがおすすめです。普通のシャツに比べると一度失敗してしまうと縮んで二度と着れなくなる、という失敗もあり得ますので事前にきちんと確認することをおすすめします。

ポリエステルやナイロン、アクリルなどの素材に関してはほぼご自宅で洗濯することが可能です。ですのでほとんどの衣類は、洗濯することが出来るでしょう。最近人気がある素材のカシミヤも、実はご自宅で洗濯することが可能です。それ以外のものに関しては後ほどお話したいと思います。

カシミヤなどセーター類の洗濯方法

カシミヤはやわらかく、体を暖めてくれる効果が高い衣類として近年特に人気があります。高価ではあるものの、実は繊維の凹凸が少ないという理由からご家庭で洗濯するにも適している素材でもありあます。しかし、柔らかく暖め効果のある素材の品質を損ねてしまうことなく洗濯するためには、正しい洗濯方法を覚えておくのがおすすめです。

1.使用するのはオシャレ着用洗剤です

カシミヤに限らずですが、セーター類などお気に入りの衣類を洗濯するために用いるのは一般的な洗濯用洗剤ではありません。衣類にも優しい中性洗剤、いわゆるオシャレ着用洗剤を使用するのが一般的です。セーターなどを洗濯する際は必ずこちらを選ぶようにしましょう。

大きめの洗面器、もしくは洗面台にぬるめのお湯を準備してください。冬場に洗濯する場合は水が冷たすぎると洗濯液も溶けにくくなりますので、30度程度を目安に準備師、指定された量の洗剤としっかり混ぜ合わせましょう。

2.激しい洗い方は一切不要です

しっかり混ぜたら、きちんと畳んだ状態のセーターをゆっくりと洗濯液の中につけていきます。この際に軽く押さえてしっかり液を馴染ませるのですが、これ以外で衣類を押す作業はいりません。押し洗いしてしまうと、取り除くはずの汚れがかえって中に入り込んでしまうため押したり揉み洗いなどを行う必要はないのです。

お湯の中につけてそのまま持ち上げて、この動作を2~30回ほど繰り返すこと。多すぎても少なすぎてもいけません。衣類は長く水に浸かっていると、その分繊維を傷めつけてしまいます。できるだけ手早く、正確に行うことがコツです。

3.すすぎも洗いと同じような手順で

先ほどの洗いの作業が終わったら、今度はまた同じ温度のきれいなぬるま湯を用意します。また同じように、水の中に浸して持ち上げる、これを2~30回繰り返し洗剤と汚れを流していきます。つい慌てて中の汚れを押し出したくなるところですが、ここでも力はいりません。先ほど丁寧に行ってきた作業を無駄にしないためにも、引き続き力を入れずすすぎましょう。

4.脱水はタオルドライで行うこと

洗濯機を使用して脱水したいところですが、生地を傷めないためにもバスタオルを使ったタオルドライがおすすめです。しっかりと脱水できるように、できれば大きめのものを二枚用意しておくと安心です。

先ほどすすぎ終えた洋服を、そのまま搾らずにタオルの上に広げていきます。シワなどができないようきれいな状態に広げましょう。その上からもう一枚のタオルをかけて丁度サンドするようにします。

サンドしたら優しく、端からロールケーキをつくるように巻いていきます。洋服が真ん中でクリームのポジションになるイメージですね。この際も力はいらないので、優しく巻き付けていってください。このままの状態で少し放置し、タオルにセーターの水分を吸い取ってもらいましょう。これで脱水作業は完了となります。

5.日陰でしっかり乾かす

セーターの水分がある程度取れたら、バスタオルを開きます。干す際はハンガーにかけるのではなく平干しがおすすめです。平干しとは、平らな面にセーターや衣類を広げた状態で干す方法のことです。先ほどの食べ物に引き続きますが、干物のイメージで、というと分かりやすいかもしれません。

いつもならハンガーにかけるところですが、ニットなどはどうしても飲み縮みしやすいという特徴を持っています。そのため、ハンガーに吊るしてしまうと水分の重みと重力で下へと伸びてしまう可能性が高いのです。せっかく丁寧に洗ったのに、ここで伸びた仕上がりにしてしまうのはもったいないですよね。ですのでセーターなどは平干しすることをおすすめします。

洗濯機の使用は素材での見極めを

ここまで手洗いについてご紹介してきましたが、同じようにオシャレ着洗い用洗剤を用いてドライコースなどを選択し、洗濯機で洗うことも不可能ではありません。ただしどの素材でもいいのかというと、やはり先ほどもお話したように洗濯表記を確認してから判断するのがおすすめです。どうしても不安だ、確実に洗いたい、という場合は手洗いにすることをおすすめします。

自分でジャッジすることは難しく感じるかもしれませんが、少しでも不安を感じたときは手洗い。手軽に洗濯したいときは洗濯機、ぐらいの気持ちがちょうどいいかもしれません。