ダウンジャケットを自宅で洗濯!洗い方や洗濯機の失敗からの復活方法

ダウンジャケット

寒い冬になると大活躍してくれるダウンジャケット。ふわふわとボリュームのあるジャケットは、内側をしっかりと暖めてくれる冬には欠かせないアイテムの一つです。しかし季節が終わったら次の冬まで一旦サヨナラ。きちんと保管しておかなければいけない、けれどそのままタンスにしまうわけにもいきません。

なぜなら冬の間、ホコリやあらゆる汚れが染み付いてしまっているダウンジャケット。その汚れを一年間また眠らせてしまうなんて想像しただけでも恐ろしいものです。また次に着る時には清潔に洗ったダウンジャケットに気持ちよく袖を通したいもの。それならばご自宅で洗濯する方法を試してみてはいかがでしょうか?

ダウンジャケットは自宅で洗濯できる?

冬になると男女問わず大活躍するアウターがダウンジャケットです。ダウンジャケットの良さはなんといっても軽くて、暖かいという点。寒い冬でも体をしっかりと暖めてくれるのが大きな特長で、毎年老若男女問わず人気があります。

しかし、冬の間に風を受けたり汗をかいたりでダウンジャケットも意外と汚れた溜まっていることをご存知でしょうか?夏に比べると汗の量は少ないかもしれませんが、知らないうちに襟首を中心にしっかり汚れはついてしまっています。

クリーニングに出して、というのももちろんいいのですが、できればお金もクリーニングへ出しにいく手間も省きたい。そのように思ったことはありませんか?実はそれを解決する方法があるんです。

実はダウンジャケットはご自宅でも洗濯することが可能だ、ということをご存知でしょうか。一見扱いが難しそうに見えるアウターですが、実は自宅で洗濯することができるので、ぜひその方法を覚えてください。

また、洗濯に失敗してしまった!という時にも安心の、失敗からの復活方法についてもご紹介していきたいと思います。ぜひ衣替えの際に参考にしてみてください。

やっぱりダウンジャケットはクリーニングに出したいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

ダウンコートを着た女の子

ダウンのクリーニング料金相場は?頻度やかかる日数、価格を知ろう

2018年12月9日

ダウンジャケットの洗濯方法

ダウンジャケットは洗濯可能、といいましたが全てのものがそうであるとは限りません。それをチェックするためには洗濯表示マークを確認することが大切。まずはお洗濯を始める前に、お手持ちのダウンジャケットのタグを見てください。

洗濯機マークがついているもの、手洗いOKの表記がされていれば基本的にご自宅での洗濯が可能です。しかしなかには水洗いすることが不可、という場合もあります。その場合はクリーニングに出すことをおすすめします。そのチェックが通ったものから洗濯を始めましょう。

1.汚れがひどい部分は、あらかじめ取り除く

生地全体の汚れではなく、部分的に汚れが目立つ部分はあらかじめ取り除くのがおすすめです。汚れの取り方はまずはその部分を水で湿らせてから、スポンジなど柔らかいものに、原液のままの中性洗剤をつけ、ポンポンと軽く叩き落としていきます。すべてを取りきれなくても、あまり強い力を込めすぎないようにしましょう。

2.浴槽など広い場所にぬるま湯を用意する

ダウンジャケットなどは水を含むとかなりかさばりますので、広い場所で洗濯するのがおすすめ。広い場所が確保できない場合は、浴槽を洗い桶がわりに使うといいでしょう。30度程度のぬるま湯を張り、そのなかに指定された量の中性洗剤を溶かしていきます。中性洗剤とはいわゆるオシャレ着洗い用洗剤のことです。普段使用している洗濯洗剤はおすすめしません。

しっかり液が混ざり合ったら、そのなかへジャケットをゆっくりと押しながら水を含ませていきます。

3.力加減は優しく「押し洗い」で

汚れを取り除くためについ力を入れてしまいたくなるところですが、ダウンジャケットは洗剤な衣類です。決して力を入れず、優しく押し洗いしていきましょう。部分的な汚れに関しては、先ほど汚れを落としてあるので大丈夫。こすり合わせたり、激しくもむようなことはしないでください。

次第に汚れがお湯に出てくるかと思いますが、そのまま放置するとまたダウンの中に汚れが吸収されてしまいます。ですので、一旦ダウンを取り出してまた洗剤とぬるま湯を混ぜ合わせるところへ戻り押し洗いしていきましょう。酷い汚れでなければ、これで洗いは完了です。

4.一旦脱水してから二度すすぐ

ここまで終わったら一旦脱水します。時間は30秒ほどで大丈夫。その後すすぎへ移ります。すすぎは必ずきれいな水で、洗剤がしっかりと落ちるように2回ほどすすぐようにしましょう。ここで丁寧にすすいでおくことで仕上がりがきれいになります。

すすぎが終わったらもう一度最終的な脱水を行います。30秒~1分程度を目安に行ってください。基本的に脱水は生地を傷めやすい行為ですので、手早くサッと済ませることをおすすめします。

5.形をサッと整えてから陰干しで

洗濯が終わったらすぐに干しましょう。まず大まかな水分が抜けるまではサッと形を整え、平干しがおすすめです。表面や裏面と時々返してみるといいかもしれません。大体乾いてきたらハンガーで干しても大丈夫。あまり強くたたいたりせず、軽くポンポンとなかの毛が偏らないように直してあげてください。干す際は直射日光に当てず陰干しにすること。日が当たらないよう注意してください。

洗濯に失敗した!という場合

せっかくダウンジャケットを洗濯できたと思ったら、ボリュームがない貧相な仕上がりになってしまった。これではショックですよね。こうなってしまう理由はほぼ、なかの羽毛がボリュームダウンしてしまったことが原因ですので、まずは力を入れすぎないよう全体を揉み解していきましょう。空気を送るようなイメージで、ダウンジャケットを振ってみたり空気を取り入れるように揉んでみてください。

その後、低温の乾燥機でしっかりと乾燥させること。これで戻る場合がほとんどです。つい焦ってしまいがちですが、落ち着いて対処することで元に戻りやすくなっていますので、まずは試してみてください。

一見洗濯が難しそうなダウンジャケットも、手順さえ覚えてしまえば誰でも簡単に洗濯することができます。次に衣替えを行う際は、クリーニングではなくご自身でありがとうの意味も込めて洗ってみてはいかがでしょうか?もっとダウンジャケットが暖かくなるはずですよ。