アクリル素材の洗濯方法!セーター・ニットの伸び縮みや毛玉に注意

洗濯物を持つ女性

アクリル素材は、とても一般的な素材になりましたので、アクリル素材の洗濯方法を把握しておくと、日常生活にかなり役立ってくれるのではないでしょうか。洗濯方法を誤ってしまうと、せっかくのオシャレなアイテムが台無しになってしまうこともあるので、注意しておきたいところです。

アクリル素材は汚れやすい

アクリル素材の洗濯方法を確認するのならば、この素材の特徴についてしっかりと確認しておきたいものです。アクリル素材というのは、その他の素材と比べても、汚れやすい性質を持っています。

その理由が、静電気を発生させてしまいやすいという性質を持っているからで、これによって静電気が空気中の汚れを引き寄せてしまうのです。頻繁に汚れるので、洗濯の回数が多くなり、このため洗濯の仕方を間違ってしまうと、その他のアイテムに比べて、傷みが目立つ可能性があるのです。

このようなアクリル素材の特徴についても、しっかりと把握した上で、洗濯方法について考えて活きましょう。

アクリル素材の洗い方について

アクリル素材というのは、汚れやすく、とてもデリケートな特徴を持っています。洗濯機を使って洗ってしまうと、毛玉になりやすいという性質を持っていて、万全を期すならば手洗いが良いといえるでしょう。

時間がしっかりとあるなら、手洗いで丁寧かつ優しく汚れを落とすことによって、毛玉を防ぎ、衣類の傷みを最小限に抑えることができるはずです。また、どうしても時間がないというのならば、洗濯機を利用する方法もあって、その場合は洗濯ネットを有効活用するのがおすすめです。

デリケートな素材なので、洗剤にも注意する必要があって、アクリル素材を洗濯する時の洗剤は、中性洗剤をチョイスするとよいでしょう。中性洗剤なら、より優しく洗い上げることができるはずです。

手洗いする場合には、温度にも気を配ってあげるとよく、お風呂でいうところの、ぬるま湯がベストになっています。40度より少し下というのが目安になってきて、40度を超えないように注意しましょう。

押し洗いでサッと仕上げるのがポイントで、あまりにも入念に洗ってしまうと、アクリル素材の場合は、傷んでしまう可能性があります。脱水の際も同様で、せっかく優しく洗っても、脱水の際に乱暴に扱ってしまっては意味がないので注意しましょう。

アクリル素材の乾燥

アクリル素材が使われた衣類はデリケートなので、乾燥についても注意してあげる必要があります。アクリル素材の弱点としては、伸びやすいという性質で、誤った干し方をしてしまった場合に、衣類が伸びてしまうことがよくあります。

通常、洗濯物を干す際にはハンガーを利用することが多いかと思いますが、普通のハンガーにそのままかけてしまうと、服自体の重量によって、生地が伸びてしまう可能性があります。そのため、平干しをすることができるネットがおすすめで、こうすれば、服の重量によって伸びてしまうということを防げます。

また、日光についても注意する必要があって、直射日光を当てながら、乾かさないように注意しましょう。アクリル素材の乾燥については、陰干しというのが基本になってきますので、こちらもアクリル素材の洗濯方法の基礎知識として覚えておきたいものです。

このようなものがアクリル素材を洗濯する際の方法と、注意点になっていますので、これらをよく確認した上で、アクリル素材と上手に付き合ってみてはいかがでしょうか。

アクリル素材には、オシャレのワンポイントになるようなアイテムが多いです。そのため、見た目というのは重要になってきて、アクリル素材の洗濯方法を誤ってしまうと、その見た目が台無しになってしまうこともあるのです。