ニットやセーターの洗い方!手洗い・洗濯機で毛糸の服を洗う頻度や方法

青いセーター

ニットやセーターを洗って、失敗したことがある人もいるのではないでしょうか。ニットやセーターは、手洗いがいいのか、洗濯機でいいのか、迷っている人もいるはずです。そんな、ニットのセーターについての洗濯方法を考えてみたいと思っていますので、ニットやセーターなどの毛糸の服を洗う際に疑問や不安に感じていることがあるのなら、ぜひ確認してみてください。

ニットやセーターは洗えるのか

ニットやセーターは、手洗いなのか、洗濯機なのかを考える前に、まず、対象のニットやセーターが洗える素材なのかを確認する必要があります。場合によっては、洗濯そのものが厳禁な場合もあるので、ここで対処を誤ってしまうと、せっかくのお気に入りの服が台無しになってしまうかもしれません。

ニットやセーターが洗えるかどうかを確かめるためには、衣類についている洗濯表示を確認してみるとよいでしょう。例えば、ドライクリーニングマークに×がついている場合には、洗濯することはできません。

また、素材によっては洗濯ができない可能性もあって、シルクやレーヨンといったものが使われているなら、洗濯をすることはできません。さらに、アセテートやキュプラといったものが含まれている場合も同様に洗濯ができませんので注意しましょう。

洗濯できることがわかってもすぐにはしない

自分のニットやセーターが洗濯することができるとわかっても、すぐにはしないことをおすすめします。まずは、洗濯の影響がどの程度になるのかを確かめることが重要で、お気に入りの衣類であればあるほど、この作業が重要になってくるでしょう。

これは事前確認の意味もあって、洗濯でどのくらい色落ちするのかを確かめていくのです。洗濯の前に色落ちチェックをすることができれば、万が一、色落ちがあったとしても、被害を限定的に食い止めることができるのです。

色落ちチェックの手順としては、まずタオルと中性洗剤を用意します。そして、衣類の一番目立たないところを使って、洗剤をつけてみます。この際には、普段、洗濯する時よりも、少し濃いめの濃度にすることがポイントになってきます。あくまでもチェックなので、少し強めに使った状態での反応をみることが大切になってきます。

洗剤をつけて、数分程度放置し、用意していたタオルで洗剤をつけた部分を叩いてみてください。このように叩いてみて、タオルに色が移るようならば、色落ちする可能性は大きいといえるでしょう。このくらいで色落ちしてしまう場合は、自分で洗濯するのが難しいニットやセーターだといえますので、クリーニングサービスなどのプロに頼むのが無難だといえるのではないでしょうか。

この洗濯前のチェックはとても重要になってきて、なぜならば、洗濯表示上は水洗いが大丈夫なものであっても、状況によって色落ちしてしまう可能性があるというものです。そのため、水洗いが大丈夫なニットやセーターであっても、一度チェックをしてみることによって、後悔してしまう可能性を少なくすることができます。

ニットやセーターを手洗いで洗う

ニットやセーターなどは、特に洗濯の影響を受けやすい衣類だといえるので、基本的には手洗いで洗うのが無難です。そして、ニットやセーターなどの手洗いの方法は、まずは洗剤選びから始まります。

ニットやセーターの場合は、専用洗剤というものがあって、中性洗剤を利用するのがベストです。中性洗剤の中にも、おしゃれ着用というタイプがあって、これがニットやセーターを手洗いする際の専用洗剤になってきます。

さらに、注意点としては汚れが強い場合には漂白剤を利用することができないという点です。汚れが強かったり、白さを求める場合などに利用されることが多い、塩素系の漂白剤なのですが、こちらの塩素系漂白剤が使えないのがニットやセーターとなっているのです。間違って入れてしまうと、せっかくのお気に入りの服が台無しになってしまう可能性もあるので、十分に注意しましょう。

どうしても、汚れが強い場合には、洗う前に汚れた部分をつまんで、汚れを押し出すような動作で洗っておくと、洗濯の際に汚れが落ちてくれやすいです。これについては、手洗いでも洗濯機で洗う場合でも同様なので、汚れが酷い時の対処法として覚えておくとよいでしょう。

用意する洗濯水は、ぬるま湯がおすすめで、力をあまり入れずに優しく、手洗いしていきます。他にも洗濯物を手洗いすることがあるかと思いますが、そんな時よりも、さらに優しく洗うのが、ニットやセーターを手洗いする時の基本になってきます。

ニットやセーターを洗濯機で洗う

ニットやセーターは、水にも弱いですし、外力にも弱いので、洗濯機を利用して、洗濯する際には細心の注意が必要になってきます。ニットやセーターが弱い外力に摩擦があって、それを防ぐためには洗濯ネットを用意するのがポイントです。

洗濯ネットならば、摩擦によるダメージを防げるだけではなく、色移りなどについても、同時に防いでくれるので、ニットやセーターと、とても相性の良い洗濯用アイテムだといえるでしょう。

ニットやセーターを洗濯機で洗う場合には、ただ洗濯槽に放り込むのではなく、予めたたんでおくのがおすすめです。ニットやセーターを裏返してたたみ、たたみ方は、汚れている部分が表面にくるようにたたみます。こうすることによって、汚れていない部分を守りつつ、汚れている部分をダイレクトに洗浄することができるのです。

洗濯用の洗剤は、手洗いと同様で、おしゃれ着用の中性洗剤を利用するとよいでしょう。ニットやセーターの素材は、温度にも敏感だといえて、冷たい水を利用した場合はダメージが残ってしまうことがあります。

逆に、熱すぎるお湯を利用してもダメージになってしまい、人がぬるま湯だと感じる程度の温度が丁度良いとされています。温度にすると30度くらいからが目安になってきますので、40度を超えないように、水温を設定して洗濯をするようにしましょう。

摩擦などの外力に弱いので、当然、水流は弱めの設定にした方がよく、こうすればダメージを最小限に抑えることができるはずです。柔軟剤については、それぞれの好みで利用しても問題なく、柔軟剤を利用すれば、静電気を防げるというメリットを得ることができます。

ニットやセーターの乾燥方法

せっかく、洗濯をしっかりと行っても、乾燥の仕方を間違ってしまうと、繊維にダメージが残ってしまう可能性もあります。ニットやセーターは、自然乾燥が基本になってきて、洗濯によって少し型崩れしているかと思われますので、本来の状態に整形しながら干すのがポイントになってきます。

変な癖がつくような干し方をしてしまうと、せっかくの衣類が台無しになってしまう可能性もあります。干し方によってセーターやニットの形を崩したくないのならば、ニットやセーター用のネットを利用するとよいでしょう。デリケートな衣類に対しておすすめのネットになっていて、平らな状態で衣類を干すことができるアイテムです。

しかし、家庭によってはこのようなアイテムがない場合もあるでしょう。そのような時には、お風呂のフタを活用するのもおすすめです。お風呂のフタに直接乗せるのではなく、下にバスタオルなどを敷くことによって、よりダメージを少なくすることができます。

また、タオルの下に隙間を作ることによって、乾燥を促すことができます。このように、ニットやセーターなどの毛糸の服は、乾燥にも細心の注意を払う必要があります。

乾燥機の中には、ニットやセーターなどに対応することができる高性能のタイプもありますが、基本的には熱に弱い繊維になりますので、乾燥機の熱によって、大きく縮んでしまうこともあるので注意が必要です。

手洗いのできないニットやセーターについて

ニットやセーターの中には、手洗いすらできないデリケートなものもあります。このようなものは、洗濯表示に手洗い厳禁と書かれているのですが、場合によっては手洗いできる可能性もあります。

その方法とは、通常の手洗いよりも、さらに優しく手洗いする方法で、手洗いによるダメージを最小限に抑えながら、ニットやセーターを手洗いするテクニックになっています。水の温度や洗剤については、手洗いや洗濯機での洗濯と同様です。

まずは、手洗い用の桶に衣類をたたんで浸します。浸した衣類を下から片手で支えるようにしながら、もう一方の手で、上からも支えます。そして、手と一緒に衣類を上下に動かすようにしながら、緩やかな水流のみで汚れを落とすイメージです。

あくまでも、水流を使って洗うだけなので、擦ったり、叩いたりする必要はありません。水流のみでも、洗剤の力があるので、意外に汚れは落ちるもので、手洗い不可能なニットやセーターが少し汚れたくらいならば、この方法で洗濯してみてはいかがでしょうか。

次にすすぎの作業ですが、ここでも優しく作業するのがポイントで、たたんで、軽く押し出すようにして、水分を出していきます。さらに、水に浸してすすいでいくのですが、この際は、汚れを落とす際とまったく一緒で、水流に頼るようにして、優しく、ゆすりながらすすいでいきます。

一回ですすいでしまうのではなく、数回に分けて、すすぐように心がけると、優しくすすぐことができるでしょう。また、すすぎと同じように脱水の際にも優しく絞っていくことが重要になってきます。

このようなものが、手洗いのできないニットやセーターを洗濯する方法になっていますので、少しくらいの汚れならば、この方法でチャレンジしてみるとよいかもしれません。

ニットやセーターの洗濯の疑問について

ニットやセーターは手洗いが基本になってきます。そして、そんなニットやセーターの洗濯について色々な疑問を持っているのではないでしょうか。まず、ニットやセーターは、つけ込み洗いのような手段を取ることも多く、本当につけ込み程度で汚れが落ちるかという疑問があるかもしれません。

そして、つけ込み洗いの洗浄力についてですが、ある程度の汚れならば、このつけ込み洗い程度でもしっかりと汚れを落とすことができます。もちろん、汚れの度合いが強い場合には、つけ込み洗いでは対処することができませんが、日常生活で汚れてしまう程度の軽度なものであれば、正しいつけ込み洗いで十分に汚れを落とすことができるのです。

ニットやセーターの洗濯頻度についても疑問を持っている人は多く、ニットやセーターは、着る度に洗わなければならないのか、と感じてる人もいるでしょう。そして、ニットやセーターの洗濯頻度についてですが、毎回洗わなければならないというわけではありません。

ニットやセーターは、素材の性質上、とても洗濯に弱い衣類だといえるでしょう。そのため、毎回洗うというように、洗濯回数が多くなってくると、どうしてもダメージも大きくなってしまうのです。

このようなことから、ニットやセーターは汚れに応じて洗うというのが正しい回数になってくるのではないでしょうか。汚れているのに洗わない場合は、その汚れがより強固になって、繊維に染み込んでしまう可能性があるのです。

こうなってしまっては、つけ込み洗い程度では、汚れを落とすことができなくなってしまうので、いくら洗濯に弱い衣類だからといっても、汚れたらしっかりと洗うようにしましょう。目安としては、2回程度を目安にして、そのくらい着たら洗うようにすればよいのではないでしょうか。

一番確実なのはプロに依頼する方法

ここまでニットやセーターの洗い方を確認してきましたが、ここまで紹介した情報をみて、かなりデリケートな存在であることがわかったのではないでしょうか。そのため、万全の状態で洗濯をしたいのならば、プロに依頼するのが確実だといえるでしょう。

プロならば、いくつかのアプローチで、難しいニットやセーターのクリーニングをすることができます。例えば、ドライクリーニングの技法について確認してみると、ドライクリーニングの前に、しっかりと商品を検品することによって、クリーニングによってダメージが大きくならないかをチェックしてくれます。

ほつれや破れがある状態で、洗濯をしてしまうと、これが大きくなってしまうことがあるのです。しかし、プロはその点もしっかりと配慮してくれるので、安心して任せることができるはずです。

また、染み抜きについても同時に行ってくれるので、ニットやセーターをクリーニング店に任せる一番のメリットは、酷い汚れでも問題ないという部分です。ドライクリーニングの場合は、洗濯機と違って、回転による圧力を加えても、ダメージが少なくなっています。

また、脱水においてもプロの技術が光って、多少長めに脱水しても、シワの発生を防ぐことができるのです。家庭で脱水する際にはシワに細心の注意を払っていても、シワになってしまう場合がよくあります。

このように、プロのクリーニング店に依頼することができれば、例えニットやセーターであっても、ダメージを最小限に抑えて、汚れを落とす技術が確立されていますので、安心して任せることができます。

軽度な汚れならば、自宅で優しく手洗いすることで落とすことができるのですが、酷い汚れの場合は、落としきれずにそれを放置しておくと、ダメージとして残ってしまう可能性があります。

汚れは、素早く落とした方が対処が簡単になってきますので、ニットやセーターのようなデリケートな衣類の汚れならば、なおさら素早く落とした方がよいといえます。このような点を踏まえて、ニットやセーターの洗濯について考えてみましょう。