赤ちゃんの洗濯物を分けるのはいつまで?新生児用の洗剤や洗い方は?

赤ちゃんの服

赤ちゃんの肌は、大人の肌と比べて、かなりデリケートになっているので、色々と気になってしまう部分があるのではないでしょうか。そして、お母さんとしては、赤ちゃんが毎日着るものがとっても気になるはずです。そんな、赤ちゃんの着るものの洗濯方法について今回は考えてみたいと思っています。

赤ちゃんと大人の衣類を分けるかは考え方次第

万全の状態を整えたいのならば、赤ちゃんと大人の洗濯物は分けた方がよいかもしれません。しかし、絶対に赤ちゃんのものと、大人の衣類を一緒に洗ってはいけないということではなく、これについては考え方次第だといえるのではないでしょうか。

赤ちゃんの洗濯物を分けるという考え方は、赤ちゃんの肌が、何らかの物質によってダメージを受けてしまうのではないかというもので、敏感な赤ちゃんの場合は、炎症や湿疹を発生させてしまう可能性もあるのです。

もちろん、赤ちゃんによっては、大人の洗濯物と一緒に洗っても問題ないこともあります。さらに、赤ちゃんと大人の洗濯物を分ける場合ですが、ここで気になるのが、いつまで分ければよいのかという部分です。

いずれは、一緒に洗濯することになるかと思いますので、このタイミングが気になるという人は多いでしょう。しかし、こちらについても明確な答えがなく、赤ちゃんの身体に、それなりに抵抗力がついてくるまでといえるでしょう。これについても個人差があるといえて、お母さんが赤ちゃんの成長度合いを確認しつつ、タイミングを見計らっていくしかないです。

一緒に洗っている場合もこんな時は分けた方が良い

普段は、赤ちゃんの着ているものも、自分が着ているものも一緒に洗っているかもしれません。しかし、状況によっては個別に洗った方がよい時もあって、例えば、大人の着ている服の汚れが酷い時です。このような時は、その分だけ赤ちゃんの肌に影響を与えてしまうような物質が付着している可能性が高まるからです。

さらに、逆に購入したばかりの大人ものを洗う時にも分けた方がよく、新品の服には何らかの物質が付着している可能性が高いです。このような時には、少し慎重に考える必要があって、普段は大丈夫でも、衣類の影響を赤ちゃんが受けてしまうかもしれません。

洗剤について

赤ちゃんの衣類を分けて洗う場合は、洗剤について気になるのではないでしょうか。洗剤の中には、通常のものとは別に、赤ちゃん用の洗剤も存在していて、このような商品を利用することができれば、赤ちゃんの肌に影響を与える可能性はより少なくなるといえるのではないでしょうか。

大人用の衣類を洗うための洗剤には、蛍光漂白剤というものが入っていることが多いです。こちらの蛍光漂白剤は、化学物質ということができて、これが赤ちゃんの肌に影響を与えてしまう可能性もあるのです。

赤ちゃんの肌は、大人よりもデリケートなので、特に化学物質という部分については細心の注意を払う必要があるのではないでしょうか。赤ちゃん用の洗剤については、蛍光漂白剤をはじめ、敏感な肌に影響を与えてしまうような化学物質は、極力抑えられているので、安心して利用することができるのです。

また、赤ちゃんの肌のデリケートさを考えれば、洗い上がりは柔らかいものほどよいのではないでしょうか。洗い上がりに衣類が固くなってしまうようなことがあると、それが肌とこすれてしまい、それがきっかけで肌に何らかのダメージが残ってしまうかもしれません。

赤ちゃんのうんちについて

赤ちゃんが衣類を汚してしまう原因として多いのがうんちです。ある程度、成長するまで、何度もうんちの汚れを洗濯することになるでしょう。こちらのうんちについても、普通の洗濯方法と比べて、少し工夫する必要があります。

赤ちゃんのうんちは、大人のものとは違っていて、水分が多くなっています。そのため、汚れを落とすのが難しい場合もあって、そのような時には、つけおき洗いを利用するとよいです。ベビー用の洗剤を水に溶かして、少しつけおき洗いをした後に、その他の洗濯物とまとめて洗うようにするとよいでしょう。

さらに、時には、何らかの症状でお腹をこわしてしまっている場合もあるでしょう。そのような時には、細菌、ウイルスなどに注意する必要があって、漂白剤などを利用して、しっかりと消毒してあげることが大切です。

今後のことを考えると、処分した方が良い場合もありますので、状況に応じて考えてみるとよいでしょう。このように、赤ちゃんのことを考えて、洗濯物を大人と分けた方が良い場合もありますし、逆に大人のことを考えて、赤ちゃんのものと分けた方がよいこともあるのです。

このようなものが赤ちゃんの衣類の洗濯方法とその注意点となっていますので、これから赤ちゃんを家庭で育てることになるならば、しっかりと洗濯物についての知識も把握しておきましょう。予想外のことで、トラブルになってしまうのが赤ちゃんです。