血液の染み抜き方法!家庭でできる服についた血液シミの落とし方

赤い丸

血液の汚れは、突発的についてしまう汚れです。今回は、そんな血液によって発生した、染みについて確認してみます。知らず知らずのうちに怪我をして、血液が衣類に付着していたということは、たまにありますので、対処方法を覚えておくと、洗濯の際に困ることも少なくなるはずです。

血液の染み抜きについて

血液の染み抜きは、中性洗剤を利用するのがおすすめです。歯ブラシなどを利用して、中性洗剤を染み込ませて、浮いてきた血液をできるだけ、洗い流すようにしましょう。このような下処理をした後に、水で洗うようにすると、かなり汚れを落とすことができるでしょう。

軽い血液の汚れならば、このくらいで落ちてしまうのですが、場合によっては漂白をしなければならない場合があります。漂白剤を利用する場合は、汚れが酷い時で、漂白剤を利用する前に、まずは衣類のテストを行っておくとよいでしょう。

衣類によっては、漂白によって、色落ちしてしまうことがありますので、衣類の目立たない場所で、漂白剤の影響のテストをしてみましょう。漂白剤は、酵素系の漂白剤を利用するのがよく、漂白まで行った場合は、かなり汚れを落とせるはずです。

さらに、漂白剤に強い素材で、できた衣類ならば、つけ込み洗いもおすすめで、漂白剤につけ込み、30分から1時間程度放置しておくと、よいです。また、血液の染みは、基本的に、染みになってから時間が経てば経つほど、落ちにくくなる性質を持っているので、これについても注意する必要があるのではないでしょうか。

アンモニア水について

血液の染み抜きには、アンモニア水を併用すれば、より落ちやすくなる可能性があります。上で、紹介した漂白剤を使うレベルの汚れであっても、漂白剤とアンモニア水を上手く組み合わせて利用すれば、かなり落ちやすくなる場合があります。アンモニア水の入手法ですが、薬局などで虫刺され用のものが販売されていますので、それを利用するとよいでしょう。

さらに、オキシドールを使って、染み抜きする方法もあって、オキシドールは漂白剤の代わりとして利用することができます。酵素系の漂白剤がないのならば、オキシドールで代用してみるのもよいでしょう。

応急措置について

血液の染み抜きは、早ければ早いほど、効果を発揮してくれる可能性が高くなります。しかし、外出中に怪我をしてしまって、すぐに洗濯できないということもあるでしょう。このような場合には、応急措置をするのがおすすめで、ティッシュやハンカチを使って、応急措置をすることができます。

血液が付着した場合、まずは水分をしっかりと除去することが大切で、これはティッシュなどを使って、血液の周りの水分を除去していきます。さらに、濡らしたハンカチで、汚れの部分を軽く叩くことによって、ハンカチに血液を移すようなイメージで、処理していきます。

洗濯をすることができない場合であっても、このような応急措置をすることによって、自宅に帰ってからの染み抜きを楽にすることができます。この応急措置をするとしないのとでは、汚れの落ち方が変わってきますので、急な事態に対応するためにも覚えておくとよいのではないでしょうか。

汚れが酷い場合はクリーニング店へ

血液の汚れは、そこまで状態が酷くない場合には、自分で十分に落とせる汚れです。しかし、血液によって汚れてしまった範囲が広かったり、血液が付着してから、かなりの時間が経ってしまっている場合などは、染み抜きの難易度が高まってしまいますので、このような時には素直にクリーニング店に任せるのがよいでしょう。クリーニング店ならば、水洗いが難しいような衣類についても対応してくれます。