ポリエステル衣類の正しい洗濯方法!臭いや縮みを防ぐ洗い方のコツ

洗濯物を持つ男性

ポリエステルの衣類は、普段利用している衣類にも多く使われています。とても扱いやすい衣類だといわれているので、ポリエステルの性質について確認しておくと、洗濯をする際に役立ってくれるはずです。

ポリエステルの特徴について

ポリエステル衣類の洗濯方法を確認する前に、ポリエステルの持っている特徴を確認しておくとよいです。ポリエステルは、非常に強度の強い素材として知られており、熱や摩擦にもとても強いです。

さらに、濡れても強度が変化しない性質を持っているので、基本的に洗濯の際にそれほど神経質になる必要がありません。また、乾燥についてもメリットがあって、ポリエステルは乾きやすいという性質を持っているのです。

他にも、虫食いの可能性を少なく、洗剤等に含まれている薬剤にも反応しにくい性質を持っています。このようにポリエステルの持っている性質を確認してみると、家庭の洗濯においても、非常に扱いやすい素材だと、いうことがわかるのではないでしょうか。

ポリエステル衣類の洗濯のための下処理

ポリエステル衣類の汚れをしっかりと落としたいのならば、下処理をしてみるとよいでしょう。ポリエステル衣類は、水や外力からの強度が非常に強いので、洗濯機にそのまま放り込んでも問題はありません。しかし、事前に下処理をすることによって、より綺麗な状態で洗濯を終えられるはずです。

まずは、洗濯機に入れる前に、目立った汚れがないかを確認してみるとよいでしょう。例えば、衣類にシミがある場合には、食器用洗剤を染み込ませておくという下処理もありです。その染みが油性の汚れである場合には、かなり効果を発揮してくれる方法なので、覚えておくとよいでしょう。

また、食器用洗剤を使うのが気になるというのならば、専用の固形石鹸を利用する方法もあります。これは洗濯用の固形石鹸になりますので、それを購入して、洗濯機に入れる前に、処理しておくとよいでしょう。

また、汚れが酷い場合などには、洗濯洗剤に加えて、漂白剤を利用する選択肢もあって、漂白剤を利用することによって、白さを追求することができるでしょう。

ポリエステル衣類はまとめて洗った方が効果が高い

ポリエステル衣類は、とても丈夫な素材なので、その特性をしっかりと活かしたいものです。ある程度の外力ならば変形することもありませんので、適量を守りつつ、ポリエステル衣類をまとめ洗いした方が洗濯効果をしっかりと得られます。

なぜならば、衣類が濡れることによって、重さが増し、その重さで汚れを落とせる可能性があるからです。逆に、少なすぎる場合には、この重量による効果を得ることができませんので、上手く汚れが落ちない可能性があります。

汚れが落ちない場合は、臭いの元にもなってしまうので注意しましょう。逆に、量が多すぎると、洗濯機の能力を超えてしまうことによって、汚れが十分に落ちない可能性があります。

ポリエステルを洗濯する際の注意点

ポリエステル衣類を洗濯する場合には注意点があって、いくら素材が丈夫だからといっても、この注意点を守らなければ、台無しにしてしまうこともあります。注意点のひとつとしては、汚れが酷いものと一緒に洗わないということになっています。

ポリエステルは、洗濯槽に汚れが浮遊していると、それを取り込んでしまう可能性があるのです。こうなってしまうと、洗濯をしたつもりが、逆に汚れてしまうということも考えられるので注意しましょう。このことからも、ポリエステル衣類をまとめて洗う際には、お互いの汚れ度合に注意する必要があって、一緒に洗うと重量による効果を得られやすいからこそ、汚れ度合はしっかりと確認しておきたいところです。

さらに、洗濯槽の汚れを取り込んでしまう可能性を高くするのが、長時間の洗濯です。長時間洗濯することによって、衣類の汚れもより水の中に増えていくので、それがポリエステルに付着してしまうのです。特に、それほど汚れていない場合には、長時間の洗濯が逆効果になることも多いので、汚れの度合いによって、洗濯時間をしっかりと見極めるということも重要になってきます。

さらに、ポリエステルには毛玉ができやすいという特徴もあって、こちらの特徴については、洗濯の際の摩擦に注意する必要があります。ポリエステルは、元々摩擦に強い素材なので、ついつい摩擦について疎かになってしまいやすいですが、それが原因で毛玉になってしまうこともあるので注意が必要です。毛玉については、洗濯ネットなどを利用することによって、防ぐことができるので、上手く活用してみるとよいでしょう。

ポリエステル衣類の乾燥について

ポリエステルは、水による変化がしにくい繊維になっているので、乾燥の手間が非常に少ないです。そのままでも、シワになりにくいのですが、洗濯後の干す際に、軽く叩くなどして、シワを伸ばしてあげる作業をすれば、より乾燥時の手間を省くことができます。

ワイシャツなどでも、アイロンがけなしで、かなり良い状態まで仕上がりますし、アイロンが必要場合も、サッとかけてあげるだけで、綺麗な状態に仕上がります。このようにポリエステルの持っている特性を有効活用して、洗濯後の手間を省くということも重要になってくるのではないでしょうか。

ポリエステル衣類は上手く使えばかなり長持ち

ポリエステル衣類は、かなりたくさんあるので、中にはお気に入りというものもあるのではないでしょうか。そして、今回はポリエステルの特徴を把握した上で、洗濯方法を確認してきました。

これらの方法を把握して、上手に洗濯することができれば、かなり長持ちするのがポリエステル衣類のメリットでもあるので、お気に入りの衣類の状態を、できるだけ長く保持するためにも、洗濯の際には注意してみるとよいでしょう。

また、ポリエステルは基本的に洗濯機を利用しての洗濯で問題ありませんが、衣類によってはポリエステルであっても、洗濯機では洗えないものもあるので、事前にマークを確認するなどしておきましょう。このような衣類の場合には、手洗いをしたり、クリーニング店を利用したりすることで対処が可能になります。