こぼした赤ワインの染み抜き方法!応急処置や家庭でのシミの消し方

こぼれる赤ワイン

定期的にワインを楽しむ人が、やってしまいがちなミスとして、赤ワインを洋服にこぼしてしまうというミスがあります。この赤ワインなのですが、一度こぼしてしまうと、なかなか厄介な染みとして衣類に残ってしまいます。

染みといっても、色々な汚れがありますが、その中でも、比較的落としにくい汚れに該当するのが、こちらの赤ワインなのです。そのため、あまりにも範囲が広くなってしまった場合などには、自分で対応するのではなく、クリーニング店などに依頼するのが無難だといえるのではないでしょうか。

素早く染み抜きするのがポイント

赤ワインで、できてしまった染みを落とすためには、素早く染み抜きするということが重要です。赤ワインをこぼしてから時間が経ってしまうと、赤ワインの成分が酸化してしまう可能性があって、こうなってしまうと、ただでさえ落としにくい赤ワインの染みが、より落としにくくなってしまうので、注意が必要です。

基本になってくるのが、水洗いで、素早く水洗いすればするほど、落とせる可能性が高くなります。外出中に赤ワインをこぼしてしまうということもあるかと思いますが、そのような場合は、お手洗いを利用して、まずは水洗いするようにしましょう。本格的な対処は、その後でも大丈夫です。

赤ワインの汚れは、食器用洗剤を利用するのがおすすめで、歯ブラシなどを利用して、食器用洗剤で軽く叩いていくとよいでしょう。この作業で完全に落とすことはできませんので、ある程度、汚れが落ちたら、今度は普通に洗濯をするか、すすぎ洗いをするようにしましょう。

また、このような前処理で除去することができない場合には、漂白をする必要があります。酵素系の漂白剤を利用して、少量を歯ブラシなどを利用して、馴染ませるようにします。また、洗濯機で洗っても問題ないような素材ならば、洗濯機で仕上げを行うと、しっかりと汚れを落とせる可能性は十分にあります。

このようなものが、基本的な赤ワインの染み抜き方法なのですが、これはあくまでも、洗濯ができることが前提になってきます。そのため、洗濯することができない特別な衣類の場合には、クリーニング店のプロに依頼するしかないといえるでしょう。

塩を使って赤ワインの染み抜き

赤ワインの汚れを染み抜きする際には、塩を使う人もいます。これは、こぼしてすぐの赤ワインに該当する方法になっていて、赤ワインをこぼしてしまった箇所に、塩を盛っておきます。

こうすることによって、塩が赤ワインの汚れを吸着してくれるのです。塩である程度の汚れを落とすことができたら、今度は手洗いで、もみ洗いをすることによって、さらに汚れを落とすことができます。

また、塩の除去の方法なのですが、掃除機などを利用することによって、衣類に汚れを残さずに、除去をすることができます。家庭にあるもので簡単にできる染み抜きの方法なので、試してみてはいかがでしょうか。

クエン酸の効果について

赤ワインの染みについては、クエン酸を使うことによってより落とすことができるという情報もあります。クエン酸は、衣類についた、黄ばみや染みを落としてくれる効果が確認されていて、洗濯の際に利用するという人もいるでしょう。

クエン酸を10倍から20倍に希釈して利用するのが普通で、染みが気になる部分を、クエン酸に数十分程度浸すことによって、染みを落としやすくなる可能性があるのです。この後に、中性洗剤を利用して、すすぎをすると、通常よりも、より染みを落とせるかもしれませんので、赤ワインの染みがついてしまったのならば、クエン酸を利用して、染み抜きにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

しかし、クエン酸自体が、衣類に何らかの影響を与えてしまうこともあるので、万全の状態で行うのならば、まずは色落ちがしないかをチェックしておくとよいでしょう。目立たない場所でチェックすることができれば、万が一、色落ちした場合にも、被害を最小限にとどめることができるはずです。

焼酎を利用して染み抜き

赤ワインの染みは、焼酎で落とせる場合もあります。染みの部分に裏から、タオルなどをあてて、焼酎をつけた、布などで軽く叩くようにします。こうすることによって、赤ワインの染みが、裏にあてているタオルなどに移っていきますので、染みを落とせる可能性があります。

これは、早ければ早いほど効果を発揮してくれるので、応急措置として覚えておくとよいでしょう。何度かこれらを繰り返して、赤ワインの汚れが薄くなったら、今度は水で焼酎をふき取るようにしましょう。

しかし、焼酎はアルコール度数が強く、アルコールは衣類を傷めてしまう可能性もあるので、最後にはしっかりとふき取るようにしましょう。また、あくまでも応急措置として利用して、最終的には水でしっかりとすすぎ洗いをするようにしましょう。こうすれば、焼酎が衣類に与えてしまう影響を抑えることができます。