1. HOME
  2. 染み抜きの方法ボールペンの染み抜き方法!シャツなどについたペンのシミの落とし方

ボールペンの染み抜き方法!シャツなどについたペンのシミの落とし方

カラフルなボールペン

衣類についてしまう汚れについて考えてみると、ボールペンのインクがついてしまうこともあるのではないでしょうか。こちらのボールペンの染み抜きについても、需要の大きい部分です。

間違えて、衣類にボールペンを走らせてしまったり、子供が落書きしてしまう場合も考えられるでしょう。このような時の対処法について、考えてみますので、今後のために、ぜひ確認してみてください。

ボールペンの種類についても違う

ボールペンの染み抜き方法は、ボールペンの種類によっても異なってきます。多くの人が知っているかと思いますが、ボールペンには、油性ボールペンと、水性のボールペンがあります。油性と水性では、染み抜きの方法が違ってきます。

油性ボールペンで、汚れが限定的ならば、消毒用のエタノールなどを使うのも良い方法です。エタノールと布を用意して、歯ブラシなどを使って、エタノールをつけて、軽く叩いていきましょう。

この時には、布の上に衣類を乗せるようにして、上から下へ、汚れを移していくというようなイメージで染み抜きをしていきます。油性のボールペンでも、簡単な汚れならば、この方法で十分に落とすことができて、インクの処理をした後は、普通に洗濯をするとよいでしょう。

水性のボールペンについて

水性のボールペンでついてしまった染みについては、石鹸や、食器用の洗剤を利用するのがおすすめです。油性の染み抜きと同じような容量で、歯ブラシと布を利用して、汚れを移していきます。さらに、その後に水やぬるま湯を使って洗い流すことができれば、綺麗になってくれるはずです。

汚れの度合いによって、何度が作業を繰り返さなければならない場合もあるので、汚れの度合いを見極めることが重要です。また、水性のボールペンでついた、インクについても最後は普通に洗濯することで、より綺麗にすることができます。

ボールペンによっては落としにくいものも

ボールペンは、油性、水性に関係なく、色々な種類があります。中には、インクの保存性を高めているタイプのボールペンもあって、そのようなインクは特殊なものが使われている可能性が高く、非常に落とすのが困難な場合もあります。

染みが、このようなボールペンによって発生したものならば、素人の判断では状況を悪化させてしまう可能性があるので、プロのクリーニング店に依頼するのがよいでしょう。

また、ボールペンの中には、クリーニング店でも薄くする程度しか落とせないような頑固なタイプのものもあります。このようなことから、インクの汚れについて考えるのならば、普段使っているボールペンのインクは、どのような性質なものなのかを、予め確認しておくことも大切ではないでしょうか。

ボールペンの染み抜きの注意点

ボールペンの染み抜きの方法を確認してきましたが、ボールペンの染み抜きをする際にはいくつかの注意点があります。例えば、ボールペンの染み抜きを行う場合には、洗濯をする前に行うことが重要です。

洗濯をした後では、染みが落としにくくなりますので、染みの処理を行った後に、洗濯をするというのがベストです。また、ボールペンの染みを落とすことができても、色落ちなどがしてしまったは、衣類が台無しになるので、ダメージに弱い衣類の場合は、注意する必要があります。

自分で落とせないと判断した時点で、プロに任せるのが有効なので、無理して染みを落とそうとしないことが大切です。あまりにも範囲が広かったり、汚れが頑固だったりすると、プロの対応範囲になってしまうので、自宅では落としきれないことが多いです。このような注意事項についても、ボールペンの染み抜きをする前に確認しておきたいものです。

© 2018 タククリ All Rights Reserved.