洗濯で泥汚れをキレイに落とす方法!洗剤の選び方や洗うコツ

泥で汚れた服

泥汚れは、しっかりとした方法を利用すれば、簡単に落とすことができる汚れです。しかし、方法を誤ってしまうと、かなり落としにくい汚れになってしまう可能性があるので、事前に泥汚れの落とし方を確認しておくことが重要になります。

泥汚れの性質について知る

泥汚れを綺麗に洗濯したいと思っているのならば、泥汚れの性質について確認する必要があるでしょう。洗剤や洗濯方法というのは、汚れの性質にあわせて行うことによって、初めて大きな効果を発揮してくれます。しかし、性質に合致したい手段を選んでしまうと、なかなか落とせないことが多いのです。

そして、注意したいのが泥汚れは、通常の汚れとは少し性質が異なるという点です。汚れには大きくわけると2つの種類があって、ひとつが水溶性の汚れになっています。これは、汗などを代表とする汚れです。さらに、もうひとつが油溶性の汚れになっていて、これは皮脂や油汚れなども該当するでしょう。

そして、泥汚れというのは、こちらの水溶性にも油溶性にも該当しない汚れになっていて、洗剤や水に反応しないのです。そのため、いくら強力な洗剤を使っても、汚れが綺麗にならない可能性があるので注意しましょう。

洗濯機を利用事よりも下処理が大切

泥汚れを綺麗に落としたいと思っているのならば、下処理が重要になってきます。おすすめなのが、洗濯ブラシを利用して、できるだけ泥や汚れを予め落としてしまう方法です。泥は、水分を含んでいると、なかなかブラシでも落とせませんが、泥が乾燥した状態ならば、ブラシで予想以上に簡単に落ちてしまいます。

この作業を行うことによって、かなり泥を落とせるかと思いますので、それから本格的に洗濯機で洗うのが基本になってきます。ある程度、泥を落としてから洗濯しないと、洗濯機での洗濯が逆効果になってしまう可能性もあって、それが洗濯物に泥が入り込んでしまうからです。

洗濯機なら泥汚れ用洗剤を使う

ちょっとした泥のついた衣類ならば、事前に下処理をすることによって、比較的簡単に汚れを落とすことができます。しかし、子供が着ているユニフォームなどは、かなり広範囲に汚れた状態なので、ブラシなどによる下処理を行っても、なかなか汚れが落ちないことも珍しくはありません。

そのような時に、おすすめなのが、泥汚れ用の洗剤です。泥汚れ用洗剤は、通常の洗剤では溶かしたり、浮かしたりすることができない、泥汚れを落とすことができる専用の洗剤になっています。

泥汚れをどんどん溶かすことができるので、洗濯に必要な労力がかなり軽減されることでしょう。特に、野球などを習っている小さなお子さんがいる場合には、ユニフォームの洗濯は、避けられない行為なので、泥汚れ用洗剤を常備しておくとよいでしょう。

洗濯機での洗い方

泥汚れを洗濯機で洗う場合には、上で紹介した下処理を試した後に洗濯をするとよいです。また、液体洗剤を予め、泥のついた部分に染み込ませておくと、洗浄効果をより高くすることができる可能性があります。泥汚れ用洗剤で下処理をしない場合などには、液体洗剤を使って、下処理をしておくとよいでしょう。

液体洗剤を洗濯物につける際には、水で濡らさないことが重要になってきて、あくまでも洗剤のみでの下処理とします。水で濡らしてしまうと、洗浄料が落ちてしまう可能性があって、泥汚れが落ちにくくなってしまいます。

泥汚れのついた洗濯物をその他の洗濯物と一緒に洗ってよいか、という部分なのですが、これは問題ありません。また、少し水温の高い水を利用すると、汚れが落ちやすくなるので、光熱費などと相談しながら、汚れが酷い時には、水温を高くしてみるのもよいかもしれません。

さらに、洗濯機の底は、洗濯機の構造上、洗浄力の発揮される部分となっているので、泥汚れのついた洗濯物は、一番最初に入れて、底付近で洗濯されるように工夫するとよいです。洗濯機で泥汚れを洗う場合には、このような部分に注意することによって、より綺麗に泥汚れを落とすことができるはずです。

コインランドリーを利用する方法も

泥汚れが酷い場合には、コインランドリーを利用する方法もあります。コインランドリーには、靴洗い用の専用器機が設置されているところもあって、シューズウォッシャーなどと呼ばれるものです。

シューズウォッシャーを利用すれば、靴についた泥汚れを綺麗に落とせる可能性が高まり、自宅で予め下処理することによって、さらに洗浄効果を高めることができます。普段なかなかコインランドリーを利用しないというような人であっても、靴の汚れが酷いなら、思い切って利用してみるのもよいかもしれません。

自宅で一から汚れを落とすよりは、各段に労力を減らすことができますので、時間の節約にもなるでしょう。泥汚れの性質を把握して、洗濯するものの種類を確認しながら、洗濯することが泥汚れを落とすためには重要になります。