洗濯機の手洗いコースと手洗いの違いは?ドライコースでも平気?

洗濯機のボタン

洗濯物の中には、手洗いしなければならないものもあります。そこで、気になってしまうのが、手洗いコースと、実際に手を行う手洗いは、どう違うのかという部分です。手洗いOKなら、洗濯機の手洗いコースでも良いと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな手洗いコースと、手洗いの違いについて確認してみますので、ご覧になってみてください。

デリケートな洗濯物に使うのは同じ

手洗いというのは、洗濯機で普通に洗濯することができないようなデリケートな衣類に使います。そして、洗濯機の手洗いコースも、そんなデリケートな洗濯物用に搭載されているシステムです。手洗いコースは、ドライコースとも呼ばれるのですが、普通のコースに比べると、優しく洗濯物を洗うことができるコースです。

具体的には、弱い水流を使うことによって、優しく洗うことができますし、さらに脱水時間も短く設定してくれます。脱水は、予想以上に洗濯物へのダメージが強い工程なので、この部分を自動で気配りしてくれるのは嬉しいところです。

また、手洗いコースというのは、どのような衣類に対応しているのかといえば、それはおしゃれ着などの衣類が該当するといえるでしょう。そのため、おしゃれ着用洗剤や洗濯ネットなどもセットで必要と考えておくのが無難でしょう。

クリーニングのドライクリーニングとの違い

手洗いコースは、ドライコースなどと呼ばれることもあるのですが、手洗いコースもドライコースも同じものと捉えて問題ありません。そこで、気になってくるのが、ドライという言葉が共通の、クリーニング店で行われている、ドライクリーニングです。

こちらのドライクリーニングとドライコースが同じ洗濯方法かといえば、また詳細は異なってくるので、クリーニング店のドライクリーニングと混同しないようにしましょう。ドライコースでは洗濯できないもので、ドライクリーニングなら対応可能な衣類はたくさんあります。

手洗いコースと手洗いの違い

洗濯方法にもよるのですが、より優しく衣類を洗濯することができるのが、手洗いと捉えて問題ないでしょう。手洗いコースは、いくら手洗いに準じた優しい洗濯だといっても、機械を使って、外力加えることには違いがありません。

手洗いの場合は、自分で確認しながら、丁寧に優しく洗っていくことができるので、洗濯の仕方さえ間違わなければ、手洗いコースよりも優しく洗うことができるのではないでしょうか。このようなことから、手洗いコースは、通常の洗濯コースでは洗うことができないデリケートな衣類、手洗いは、さらに繊細なケアが必要な衣類と使い分けていけばよいです。

このように使い分けることができれば、安心して洗濯することができるはずです。また、手洗いコースで洗えそうだけど、微妙だというようなものは、無難に手洗いで優しく洗うのがよいでしょう。手洗いコースを利用すると、少なからず摩擦が発生するので、摩擦によって衣類にダメージが残ってしまうかもしれません。

また、水洗いそのものがダメな衣類もあるので、そのような衣類については、そもそも手洗いもできないことになります。洗濯表示をしっかりと確認して、まずは、どのような洗濯方法に対応している衣類なのかを確認することが大切になってくるはずです。

また、手洗いコースを使って優しく洗濯することができても、干し方を間違っては台無しにしてしまうこともあるので、手洗いコースを利用するなら、下処理や干し方、保存方法までを確認して、行った方がよいです。手洗いコースが洗濯物をダメにしたのではなく、実際には干し方や保存方法が悪いため、衣類を傷めてしまうというケースは予想以上に多いのです。