柔軟剤が香る正しい洗濯のやり方!洗濯機に入れるタイミングや場所は?

タオルを抱きしめる女性

柔軟剤を利用している人の中には、お気に入りの柔軟剤があるという人もいるのではないでしょうか。せっかく、お気に入りの柔軟剤を利用するなら、洗濯後は、できるだけ柔軟剤の香りを楽しみたいものです。

お気に入りの柔軟剤は、香りの部分の好みであることが大きいので、洗濯後に香りを楽しめなければ、残念な気持ちになってしまうかもしれません。今回は、このように柔軟剤の香りを洗濯後にできるだけ長く楽しむためのコツについて紹介していきます。

洗濯前の事前準備

柔軟剤の効果を最大限に発揮させるためには、洗濯前の事前準備が大切になります。まず確認したいのが、いつも利用している柔軟剤は、適量が守られているか、という部分です。柔軟剤がもったいないからといって、量を減らしたりしてしまっている場合には、柔軟剤の香りが長続きしません。

また、あまりにも量が少ないと、柔軟剤の香り自体が発生しない可能性もあるので、十分に注意しましょう。逆に、柔軟剤の香りが強くしたいからといって、多すぎるのもいけません。柔軟剤の量が多くなり過ぎると、柔軟剤によるシミが発生して、衣類を台無しにしてしまう可能性があるのです。

さらに、柔軟剤の効果を持続させるためには、洗濯物の量についても注意する必要があります。洗濯物の量が多すぎると、柔軟剤の効果が行き渡らないので、注意しましょう。このように、洗濯を始める前に、すでに失敗している可能性もあって、これではいくら良い柔軟剤を利用しても、香りがよくなるわけがありません。

さらに、柔軟剤の役割は、汚れを落とすことではないので、洗濯洗剤についても気を配る必要があります。洗濯物の汚れを落とす主役は、あくまでも洗濯洗剤になるので、汚れをしっかりと落とせる洗濯洗剤をチョイスしましょう。

可能性として考えられるのが、洗濯物の汚れが十分に落ちていないので、洗濯後に雑菌が繁殖して、余計な臭いがついてしまうという点です。これでは、せっかく柔軟剤が良い香りであっても、嫌な臭いに香りが邪魔されて、柔軟剤の効果を感じられません。このようなパターンで、柔軟剤の香りを台無しにしてしまっている場合は、予想以上に多いので十分に注意しましょう。

洗濯機の使い方

事前準備について確認したら、次に実際の洗濯機の使い方について考えてみましょう。柔軟剤の香りを最大限に引き出したいのならば、ただ洗濯機に放り込んでいるだけではいけません。まず注意する必要があるのが、洗濯機の脱水設定です。

通常の脱水設定だと、柔軟剤の香りを引き出すには長すぎることを知っておく必要があります。脱水時間が長くなればなるほど、柔軟剤の香りは少なくなっていく傾向があって、これは柔軟剤の香りの元が、脱水によって吹き飛ばされてしまうからです。

柔軟剤の成分を衣類にしっかりととどめておく脱水時間の目安として、3分程度から5分程度というものがあります。最初に、この時間を目安にして、脱水設定を見直してみましょう。

ただし、あまりにも脱水時間が短くなりすぎると、脱水の意味をなさない可能性があって、衣類が濡れた状態が長くなってしまいます。衣類が濡れた状態が長くなると、雑菌が繁殖したり、洗濯物にダメージが残ってしまう可能性もあるので、その点には注意したいところです。

また、最近は乾燥機までついた洗濯機をお持ちの家庭も多いかと思います。しかし、乾燥までやってしまうと、柔軟剤の香りは、引き出しにくくなってしまうので、乾燥機ではなく自然乾燥を利用するようにしましょう。

洗濯物の干し方

柔軟剤の香りを引き出すためには、洗濯後の乾燥についても注意する必要があります。基本は、自然乾燥になって、外で干すよりも、部屋で干すのがおすすめです。柔軟剤の香り成分というのは、予想以上にデリケートになっていて、日光に当ててしまうと、香り成分が飛んでしまう可能性があります。

そのため、香り成分を適度に衣類に残すためには、部屋干しがベストとされているのです。また、洗濯機を利用する際には、脱水時間を短めに設定するのがコツなのですが、短すぎると乾燥に時間がかかってしまうのでいけません。

このように厳密に脱水時間を設定する理由には、部屋干しを利用するからという理由もあって、日光を利用せずに、部屋で長時間乾燥させてしまうと、より雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、どうしても部屋に洗濯物を干すスペースがないというのならば、外で陰干しをするようにしましょう。陰干しをすることによって、直接日光に当ててしまうよりかは、柔軟剤の香り成分を残すことができます。しかし、長時間外干しをしてしまうと、結局香り成分が飛んでしまいますので、少し早めに取り入れるように工夫してください。

柔軟剤の入れ方

最近の洗濯機は、ほとんどが柔軟剤投入口がついていて、自動で柔軟剤が入るようになっています。そのため、柔軟剤投入口があるのに、洗濯洗剤などと一緒に、柔軟剤を入れてしまわないようにしましょう。

全自動洗濯機の場合は、柔軟剤は脱水の直前で入ることになっていて、もし柔軟剤の投入口のないタイプの洗濯機を利用しているのならば、このタイミングを覚えておくとよいでしょう。

意外な盲点の鼻

柔軟剤の香りが感じられない人の意外な盲点があります。それが、人体の鼻の存在であって、臭いや香りというのは、同じようなものを何度も嗅いでいると、慣れてしまうようになっています。そのため、お気に入りの柔軟剤だからといって、いつも同じような香りのものを使っていると、すでに鼻が臭いに慣れてしまっている可能性があるのです。

このため、おすすめとしては、お気に入りの柔軟剤をいくつか用意して、ローテーションで利用しているのがよいのではないでしょうか。ローテーションを組むことによって、それぞれの香りをしっかりと楽しむことができるかもしれません。

このようなものが柔軟剤の香りを最大限に楽しむためのコツとなっているので、自分が普段行っている洗濯とよく確認してみるとよいでしょう。ちょっとした部分に気を配ることによって、ずいぶん香りを楽しむことができるようになるはずです。