コーヒーの染み抜き方法!コーヒーのシミの応急処置と落とし方

コーヒー

コーヒーは、色々な場面で飲むことになるので、つい誤ってコーヒーをこぼしてしまった、という場面に直面することもあるでしょう。この際に気になるのが、衣類に付着したコーヒーのシミについてです。

ちょっと、強くテーブルに置いてしまうだけでも、飛び跳ねて、シミになってしまうこともあるので、対処方法や応急処置について確認しておきたいところです。外出先でも、応急処置ができれば、ずいぶん楽になります。

基本的なコーヒーのシミ抜き

まずは、基本的なコーヒーのシミ抜きの方法について確認してみます。コーヒーのシミは、水溶性のシミに該当するので、油性のシミに比べると、それほど厄介な汚れではありません。付着してから時間が経っていない場合には、水洗いだけで簡単に落ちてしまうこともあるほどです。

水洗いだけでも落ちる可能性はありますが、ある程度、広範囲にコーヒーをこぼしてしまった場合などには、中性洗剤を利用して、対処するのがおすすめです。衣類の強度にあわせて、直接塗ったり、薄めて利用したりと調整すると、色落ちの可能性が少なくなります。

中性洗剤をつけて、手でもみほぐすように洗うと、案外あっさりと落ちてしまうことが多いです。すすぎについても、何度か繰り返すことによって、さらに薄くすることができるでしょう。

また、さらに強い汚れについては、漂白剤を利用する方法もあって、酸素系の漂白剤を選びます。デリケートな衣類の場合は、漂白剤による洗浄が向かない場合があるので、この場合はクリーニングなどを利用することになるでしょう。

また、コーヒーのシミは、時間さえ経っていなければ、それほど厄介な汚れではありません。しかし、時間が経過すると、水洗いや洗剤では落とせなくなってしまうので、できるだけ素早く処理するように心がけてください。

コーヒーのシミの応急処置

コーヒーのシミは、食器用の中性洗剤などを利用することによって、対応することができます。しかし、外出先でコーヒーをこぼしてしまった場合には、洗剤は持っていないはずです。

このような時には、応急処置だけでも、しておきたいもので、なぜならば、コーヒーのシミは時間の経過と共に、落ちにくい汚れとして変化していくからです。そのため、汚れが付着した初期段階で、しっかりと応急処置をしておけば、問題なく対応することができます。

コーヒーの汚れは水溶性であるので、お手洗いなどの洗面台の水を利用すれば、水洗いで応急処理ができます。全体を洗う必要はなく、シミが付着した部分で十分なので、水洗いである程度、シミを落としてしまうとよいでしょう。カフェなどでコーヒーをこぼしてしまった場合には、すぐにこのような対応ができるかと思いますので、今後のために覚えておくとよいです。

また、場合によっては、水洗いすらできないこともあるかもしれません。そんな時には、ティッシュやハンカチを使って、応急処置をするという方法もあります。ティッシュやハンカチをあてて、つまんでとるようなイメージで、シミをとってみましょう。すべて、完全に取り去ることはできませんが、それでも応急処置をしないよりはマシなはずです。

混ざりもののあるコーヒー

上で紹介したコーヒーのシミ抜きの方法は、あくまでもブラックコーヒーに砂糖などを入れたものです。しかし、これがミルク系の混ざりものがしたコーヒーになってくると、まったく状況が異なってきて、コーヒーよりも落としにくくなってしまいます。

ミルク系の混ざりものがある場合には、なるべく早く、酵素入りの洗剤で洗浄する必要があって、こうなってくると外出先での対応は難しくなってしまいます。コーヒーのシミ抜きをする場合には、コーヒーの種類にも注意しましょう。