カーテンの洗濯方法!自宅でできるカビや汚れをキレイに落とす洗い方

窓とカーテン

カーテンの汚れは、あまり目立ちませんが、実は結構汚れているのがカーテンです。カーテンについた、ほこりやダニなどが、家族に悪影響を及ぼすこともあるので注意しましょう。今回は、そんなカーテンの洗濯方法について確認していきたいと思います。カーテンを清潔に保つことができれば、家の空気が綺麗になります。

カーテン洗濯の準備

まずは、カーテンを洗濯する前に、準備をしておきましょう。カーテンを外して、そのまま洗濯槽に放り込んでしまうのはいけません。必ずフックを外して、生地が傷まないよう対策します。また、カーテンの洗濯コースですが、カーテンは基本的にデリケートであることが多いので、手洗いコースやドライコースを利用するのが無難でしょう。

さらに、生地によっては洗濯物や手洗いが不可能なタイプもあるので、しっかりと洗濯表示を確認しておいてください。デリケートな衣類用のコースを使うので、洗濯洗剤は、おしゃれ着用のものを使うとよいです。

注意が必要な点として、カーテンというのは、紫外線にさらされていることが多いという点です。元々は丈夫な生地であっても、紫外線の影響によって、劣化してしまう場合があります。生地が劣化してしまうと、少しの洗濯でボロボロになってしまうこともあるので、生地の強度が弱っていないか、一度確認してみるとよいでしょう。生地が弱っていると、少し力で裂けたりする場合もあります。

カーテンを洗濯機で洗う

カーテンを洗濯機で洗うなら、洗濯ネットを利用するのが無難です。折りたたんだ状態で洗濯ネットに入れるのが基本で、折りたたんでも、しっかりと洗浄はされます。カーテンの汚れ酷い場合には、洗濯洗剤を薄めた、水の中に、浸けておくのも効果的です。その後は、上で紹介したように手洗いコースやドライコースを使って洗濯していきます。また、脱水の時間は短めに設定することによって、カーテンの傷みを軽減することができます。

乾燥について

カーテンの乾燥は、簡単です。ある程度、脱水したものを元の位置に戻すだけでOKです。カーテンレールにつけて干すことによって、シワがしっかりと伸びてくれるので、元の綺麗な状態に戻ってくれます。

逆に、乾燥機などを使ってしまうと、カーテンにダメージが残ってしまう可能性があります。カーテンレールにそのまま戻すだけなので、場所をとるということはありません。素直に、カーテンレールで干すようにしましょう。

洗えないタイプのカーテンは

自宅で洗うことができるカーテンならば、定期的にメンテナンスをすることができます。しかし、中には洗えないタイプのカーテンも存在して、そのようなカーテンを利用している場合には、消臭スプレーや除菌スプレーを使ったメンテナンスしかできません。カーテンが汚れていると、家の中の空気まで汚れることになってしまうので、ある程度の汚れになってきたら、思い切ってクリーニングしてもらうのもよいかもしれません。

カーテンにカビがついてしまったら

カーテンの汚れが酷い場合には、カビてしまっていることもあります。このような場合は、洗濯前に下処理をするのがおすすめで、カビをタオルなどを使って事前に落としておきます。タオルに熱湯を染み込ませて、拭きとれば、意外に簡単にとれることもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、エタノールと歯ブラシを使って、とんとんと軽めに叩けば、カビが落ちやすくなる場合もあります。ある程度、繊維の強いカーテンならば、洗剤だけではなく、漂白剤を利用するのもおすすめで、これにより根こそぎカビを退治することができます。このようにカーテンの状態に応じて、洗濯方法を変えてやることが大切です。