帽子やキャップの洗濯方法は?自宅でできる型崩れしない洗い方

帽子

帽子やキャップなどを洗濯する際にも、しっかりと気を使わなければ、せっかくのファッションアイテムが台無しになってしまうことがあります。今回は、帽子やキャップなどの洗濯方法について確認してみますので、日頃から帽子やキャップなどを多用する人は、ぜひ確認してみてください。

キャップは手洗いがおすすめ

キャップは、洗濯機で洗ってしまうと傷んでしまう場合があります。そのため、基本的には手洗いが良いと考えておくとよいでしょう。キャップの洗濯に利用する洗剤は、中性洗剤がおすすめで、おしゃれ着用の洗剤をチョイスすれば、中性洗剤であることが多いです。

お湯の温度は、ぬるま湯程度で、30度くらいが目安になってくるでしょう。おしゃれ着などを洗う際に利用する、押し洗いが基本になってきて、押して、力を緩めるを繰り返して、汚れを優しく落としていきます。あまり強い力で押してしまうと、キャップなどの場合は、型崩れを起こしてしまうこともあるので、あくまでも優しく洗うことを心がけてください。

また、帽子というのは、髪の毛や頭皮と接触する部分なので、予想以上に皮脂が付着している可能性があります。そのため、歯ブラシなどを利用して、隙間に付着した、皮脂を落としてやるとよいです。内側の部分には、汚れが溜まっていることが多いので、重点的に対策するようにしましょう。

このような感じで、汚れを落としたら、今度は押し洗いを利用して、すすぎをするようにしましょう。すすぎを何度か押し洗いで繰り返すことによって、汚れと洗剤を洗い流すことができます。キャップなどは、あまりにも強く押してしまうと、型崩れを起こしてしまうので、あまり強く脱水はできません。

そのため、タオルなどを利用して、水分をふき取る方法がおすすめです。キャップは形が非常に重要になってくるので、型崩れしないような干し方をする必要があります。おすすめなのが、適度な大きさをした調理用のざるを利用する方法です。

大きさによってはかなりフィットして、水はけ、通気性も良いので、素早く乾燥させることができるはずです。帽子に装飾品などがついている場合には、事前に外すのがよく、装飾品が生地にダメージを与えてしまうことも考えられます。

帽子のお手入れ

帽子を洗濯する方法について学んだら、今度は帽子のメンテナンスの方法についても確認しておきたいところです。帽子というのは、比較的デリケートなものなので、洗濯の回数を減らすことができれば、長持ちさせることができます。

そのために重要なのが、なるべく汚れがつかないようにする定期的なメンテナンスです。メンテナンスの考え方には色々あって、例えば、着用方法について考えるのもよいです。

整髪料をつけた後から、帽子をかぶってしまうと、帽子を傷めてしまう可能性があって、場合によっては整髪料の成分で、変色してしまうこともあるのです。そのため、帽子を着用するのならば、整髪料は避けるなどの注意は必要になってくるはずです。

また、素材によっては、ブラッシングなどもおすすめで、ブラッシングで隙間などに入り込んだ、汚れを落としてあげれば、汚れが蓄積されていくのを防ぐことができます。

また、麦わら帽子などの、洗うことができないタイプの帽子については、水気の少ないタオルなどで軽く汚れをふき取る程度にとどめておくのが大切です。

このように帽子にはたくさんの種類があって、それぞれの特性にあわせて洗濯やメンテナンスをしなければならないので、帽子の洗濯方法は、予想以上に奥が深いといえるでしょう。帽子は、上手く洗濯することができれば、長く使っていけるものなので、洗濯でダメージを蓄積してしまわないように注意したいところです。